セルフボイコットの5つの兆候

2019年11月15日
セルフボイコットとは何でしょうか?珍しい用語ですが、多くの場合、無意識のうちに目標に到達することを自分自身で妨げていることを指します。

あなたがセルフボイコットしているという主なサインは、やろうとしたことをほとんど達成できていないという事実です。多くの場合、自分で障害物を設定し、最終的に前進できないようになります。

状況によっては、セルフボイコットをしていて自分でも理解していることもあります。しかし、今回ご紹介するものは、それとはまた異なるものです。気づかないうちに自分の利益に反して行動してしまうというタイプのものです。それは一見、完全に合理的なように思えるのです。

行動を起こした後、その行動の多くを正当化します。本当の動機をより聞こえがいい動機、つまり行動の結果からとる動機で隠す傾向があります。

セルフボイコットの主な兆候は、あなたが取るすべてのステップで、目標からさらに離れていくことです。理由を自問しますが、説得力のある十分な理由を考え出すことはできません。設定した目標に到達するのを妨げる「何か」が常に存在していると感じます。

人々は異なる理由でセルフボイコットします。 1つは、成功への恐怖、または成功に値しないと考えるためです。また、設定した目標を実際に特定できず、無意識に目標を達成できない言い訳を探すケースもあります。

「あなたができると思えばできるし、できないと思えばできない。答えはどちらも正しいのだ。」

―ヘンリー・フォード―

セルフボイコット

セルフボイコットの兆候

1.すべて自分でやりたい

多くの人は、自分のやりたいように特定のタスクを他人が実行できるとは考えていません。タスクを他人にほとんど任せません。自分以外の人を信用しないので、実際には自分に属さない責任、つまり簡単に任せたり共有できる責任まで負ってしまうのです。

アフリカのことわざに次のようなものがあります。「自分一人だったら、もっと速く進むことができるでしょう。しかし、助けを求めれば、もっと遠くまで進むことができるでしょう。」おそらくあなたは正しいです。あなたほどそのタスクを完璧にこなせる人はいないかもしれません。ただし、他人にチャンスを与えない場合、将来それができるようになる機会を与えることもできず、結果目標にたどり着くことが難しくなるかもしれません。

ご存知でしたか?:
目標達成するために役立つ自己分析ツール

2.常に自分が正しいと思う

これは、その人物や作品についてポジティブな部分を見つけることが不可能なときに起こります。彼らの視点に同意することが不可能だと感じる時も同様です。根底には、自分が常に正しいという考えが存在します。そう感じる限り、あなたの中では常にあなたが正しいのです。

他人の視点から見るために、これらの頑固な考えを変える必要があります。自分で事前に決めた基準ですべてを判断すると、明らかに他人を正しいとは思わないでしょう。そのような態度は、他の視点からの貴重な助けを奪ってしまいます。 1つの視点からしか物事を見ることができないため、進捗が妨げられてしまいます。

3.多くのタスクを未完成のままにする

なぜ多くのプロジェクトを未完成のままにしているのか、常に言い訳を見つけます。物事を諦める傾向があることを合理化し正当化することは難しくありません。意見の相違や嫌な気持ちを避けたいので、やめることが最も簡単なことである場合が多いでしょう。

すべてを中途半端のままにする傾向は、最終的にあなたの目標に影響を与えます。特定の目標を達成していないだけでなく、保留中の作業や未完成の作業がすべて自分の中での基準となるからです。したがって、将来、他のプロジェクトでも同じようにすぐ途中で諦める癖がつくでしょう。

こちらもご参考に:
目標達成のために

4.成果を受け入れず、評価しない

成功する権利も成功者になる権利もないと感じているかもしれません。そして、不思議なことに、その感情は、本来成功に導いていたものを逆転させる力さえあります。自分の成果を解釈する独自の方法で、目標達成から遠のいてしまいます。何かを達成しても、それを大して重要でないものとし、そうすることでモチベーションを失ってしまいます。

それほど価値がなく、有用でないものしか達成できないと感じるようになります。そのタスクに価値があれば、自分にはできなかったと感じてしまうのです。それは悪循環になります。あなたは攻撃者であり、犠牲者でもあります。そのような行動は、神経の衝動を増進させるだけです。

セルフボイコット

5.被害者になる

自分自身を最小限に抑え、犠牲にすることによって成長を妨げます。能力やリソースがないのに、どうやって目標を達成できるのか?とネガティブに考え、欠点や制限の後ろに隠れてコンフォートゾーンから離れることを拒否してしまいます。

被害者とは、何もしないことを正当化するためのいい口実です。 犠牲になったと感じる人は、動機ではなく言い訳を探します。 これらは意識的ではありません。完全に無意識の行動です。 安心感など、副次的なメリットが得られることもあるため、そのような行動をとり続けます。

重要なことは、セルフボイコットのサインを自分で認識することです。そうすることで、望むものを達成できない理由についての手がかりが得られるかもしれません。 セルフボイコットの行動パターンを認識することは、より充実した人生の出発点となるでしょう。

  • Stamateas, B. (2008). Autoboicot. Cuando el tóxico es uno mismo. Barcelona: Grupo Editorial Planeta.