繊細さ:最も上品な種類の知性

· 2018年3月29日

私の繊細さは私という人間を表に晒します。誰かの前で涙を流すことがあったら、私は脆く感じます。あなたをハグして、あなたに拒まれたら、自分が小さな存在だと感じます。あなたにキスしに行って、あなたに避けられてしまったら、自分の感情なんて見せるべきでなかったと思ってしまいます。

しかし、別の人間や動物、あるいは音楽、または絵画や彫刻の美しさに対する繊細さは弱さの証ではありません。それは、私達一人一人にある知性の証なのです。だからこそ、私達は自分の気持ちを見せたり、自分がどういう人間であるかということに対して恥ずかしがる必要なんて一つもないのです。

「記憶力がある人にとって覚えることは容易い。心がある人にとって忘れることは辛い。」

―ガブリエル・ガルシア・マルケス

非常に繊細な人達

人によっては、周りのことに多大な繊細さをもって反応します。彼らは、起こる事全てを理解できる器があり、注意深く観察し、時には他人の気持ちを自分が引き受けてしまうこともあります。ハイリー・センシティブ・パーソン(HSP、非常に感受性豊かで繊細な人)には次のような明確な特徴があります。

批判に対して繊細

HSPの人を批判することは、彼らを傷つけることがあります。なぜなら、彼らは否定的な意見に容易く影響され、そのことで非常に落ち込んでしまったりするからです。しかし、だからと言って、他人に知的なコメントや意見をもって彼らを建設的な形で批判することを止めさせる必要はありません。

白いドレスの女性

環境や場所に対して繊細

繊細な人はいかなる環境においても匂い、色、音、など些細で細やかなことに気づきます。とても騒がしい音や人がたくさんいる場所は彼らの気に障り、不快に感じさせたりします。

一方で、彼らは大変デリケートです。彼らの観察能力は、特に、場所や、平穏さ、控えめの音などが持つ美しさを堪能できる力を持っています。

独りの時間を楽しむ

HSPの人は一人でいて、自分の存在を深く考え、自身に疑問を問いかけ、人生における些細なことを観察する時間を楽しむ必要があります。

情熱を傾ける物事に携わる

HSPの人が何かに情熱的になると、彼らの携わる程度はとても深くなり、この情熱を周りの人に伝播させる傾向があります。情熱は伝播性があるのです。こうしたことが起こると、他人に前向きな気持ちを伝播させ、人生の一瞬一瞬を楽しんだりします。

他人を助ける

HSPの人は共感的である傾向にあります。自分と他人を重ね、他人の立場に立って考える事を学びます。他人を助け、自分の周りの人がどうなっているのかを気にかける傾向にあります。

想像力が豊か

繊細な人は景色や、芸術作品、誰かの美しさなどに見入ってぼんやりとしたりする傾向があります。想像力が豊かで、自分の思考に流されてしまう傾向があり、それが理由で時に孤独が必要となります。そうすることで、自分の夢や考えを精一杯感じることができるようにです。

繊細さと知性

赤い口紅の女性の顔

美しさや人、場所、環境に対する繊細さは知的な人に共通した特性です。ある研究では、天才的な大人はその優れた審美的能力のために高度の繊細さを示すことが分かっています。

人間として、私達は他人の苦しみに対して繊細でなければいけません。繊細さなくして、私達は問題に直面し、解決策を見つけることはできないのです。私達は毎日の問題に頭をいっぱいにさせてしまいがちですが、自分に対する時間を見つけ、奥底にある自分自身や、他人とつながることができることも重要です。

繊細さは知性の表現であり、世界を見て楽しむ一つの方法です。だからこそ、私達は肌の穴という穴に繊細さをしみ込ませる必要があるのです。繊細さのために、気持ちがあるために、私達は微笑み、泣くようでならなければいけないのです。

「知性の真正なる証は知識ではない。想像力だ。」

―アルベルト・アインシュタイン