摂食障害に影響する要因とは

· 2019年1月21日

多くの人が摂食障害を患っています。女性の方が多いですが、男性もこの問題に苦しむことがあります。この病気に苦しむ人は、たくさんの健康問題に悩まされることが知られています。

摂食障害は、精神的、社会的レベルで影響があります。個人的な人間関係に影響があり、感情的な不快感が生まれます。摂食障害は患者の命を脅かすため、この病気の発症に関連するものにはどのような要因があるかを理解して、それに対処していかなくてはいけません。治すよりも防ぐ方が簡単だということを覚えておきましょう!

「自分の体を心地よく感じて、自分の体が好きで変えたくない、と言える人になりたい。」
-エマ・ワトソン-

 

体のイメージと摂食障害の関係

体のイメージと摂食障害に関する、2つの概念があります。不満とわい曲です。自分の体を過小評価、または過大評価すること、わい曲された認識を行うことによって、非現実的な体重認識に至ります。

これによって、体のイメージに不満を生み出し、食べ物で制御しようとし始めるネガティブな一連の感情を生み出します。非現実的な美しさの基準を満たすための食事の悪循環にはまり込みます。

メジャー

体重に関して心配するのは、10代や若者にはよくあることです。しかし、極端に激しさを増してくると、体重を減らすために自暴自棄な措置を取り始めます。

ボディマス指数もリスク要因です。肥満と分類される高いBMI (ボディマス指数)に思春期で到達した人は、摂食障害の発症率が高まります。

「あなたは不完全で、永遠にどうしようもなく欠点がある。だからこそ美しい。」

-エイミー・ブルーム-

摂食障害における社会の役割

体のイメージの不満とわい曲がはびこっていて、それらが自分が所属している社会によって作り出されたものである場合もあることを忘れてはいけません。細いことが望ましいとされてきました。さらに、細いことが若さ、名声、高い自尊心、優雅さなどの価値観と関連付けられています。簡単に言えば、許容の基本的な条件として売り出されているのです。

肥満であることは、だらしなさ、意思の弱さ、汚さなどを関連付けられています。これによって、「奇跡」のダイエットに乗り出して、短い間に体重を落とそうとする人が出てきます。しかし、制御を失って、異常な食事制限に出てしまうことになるかもしれません。ショウガ
これは、若い女性や10代に大きな影響を及ぼします。なぜでしょうか?細くいるという欲求は、これらのグループにおいて文化的に強調されているからです。さらに、細さと関連付けられた価値を達成するために、減量しなくてはいけないと感じます。

こういった人の仲の良い友達も影響します。肉体的な見た目やダイエットを重要視する家族環境にいることもリスク要因です。また、友達が摂食障害を患っていると、「感染」してしまうことがあります。

「わたしの体は完璧ではない。最高の状態ではないけど、これが自分で好き。」
-ジョアンナ・クルーパ-

摂食障害に影響する要因はたくさんあります。これらを心にとどめておくことで、若者に自尊心と体のイメージや体重以上の自己実現の重要さを伝えることができます。あなたも変化を起こしていきましょう!

イメージ:Jairo Alzate, Jennifer Burk and Dominik Martin

de Zwaan, M. (2001). Binge eating disorder and obesity. International Journal of Obesity. https://doi.org/10.1038/sj.ijo.0801699

Smink, F. R. E., Van Hoeken, D., & Hoek, H. W. (2012). Epidemiology of eating disorders: Incidence, prevalence and mortality rates. Current Psychiatry Reports. https://doi.org/10.1007/s11920-012-0282-y

The Alliance for Eating Disorders Awareness. (2016). Eating Disorder Statistics. The Alliance for Eating Disorders Awareness. https://doi.org/http://dx.doi.org/10.1038/nrgastro.2011.113