身体意識は、自分の感情を理解するのに役立つ

· 2018年7月5日

私たちの社会は、私たちの考え方や合理的な自己を重要視します。私たちの体と気持ちはしばしば後回しにされます。幸運なことに近年では、人々は感情的な知性のような概念によりオープンです。それにもかかわらず、多くの人々は依然として日常的に身体意識を実践していません。

もし私たちの体が感情を直接反映していたら?身体は感情を構築する上で重要な役割を果たします。その役割を理解することは、私たちの身体意識を高め、感情的な緊張を軽減するのに役立ちます。

感情は身体意識にどのように影響するか

体と感情は密接に関係しています。どちらか片方が話せば、もう片方が答えるようなものです。多くの科学的研究は、痛みと身体に対する感情の影響を示しています。両者は互いに常にコミュニケーションを取っています。実際、研究は、肉体的な痛みと感情的な痛みが、脳内の同じ領域を活性化させることを示しています。

たとえば、職場でのイライラやストレスを管理していないと、顎の緊張や筋肉のけいれんが起こることがあります。これらは言葉に出ない感情です。それらはあなたの体の中に留まり、あなたがそれらを放棄するのを待っています。それらは自分自身を表明することができないので、何らかの形で自分自身を表現しようとします。しばしば、その表現方法は緊張または肉体的な不快感に表れます。

頭痛に悩む女性

実際に、あなたの体はあなたが感じているものを識別するのに役立つ地図です。あなたも、パートナーに何かを隠しているときに、喉に塊があるように感じたことがあるかもしれません。あるいは試験前の腹痛などです。これらは身体的な信号であり、あなたの感情を表現しています。

体を観察する – 感情的なメッセージ

感情を無視すると、それは痛みや肉体的苦痛に形を変えます。私たちの体は私たちに何を伝えようとしているのでしょう?頭痛、呼吸困難、疲労、または胃痛など…これらの症状に馴染みがありますか?私たちはそれらを無視しようとしますが、身体的な症状は依然として存在します。それらを無視しようとすればするほど、症状はより強くなります。

私たちはしばしば、痛みや症状を薬で覆い隠そうとします。薬は一時的な救済を提供しますが、その問題を解決するものではありません。私たちは開いた傷口に絆創膏を貼っています。私たちがそれらを適切に表現しなければ、私たちの感情はまだそこにあるでしょう。私たちの体が伝えている感情的なメッセージに耳を傾ける方がいいと思いませんか?

1日15時間働く男を想像してみてください。彼は毎朝、首の筋肉痙攣で目を覚まします。その痛みにもかかわらず、彼は痛み止めを飲み、働き続けます。彼の体は彼に、職場での負荷を軽くし、休息するように言っているのです。彼は身体意識を聞く必要があります。あなたの肉体的な痛みに注意を払うと、あなたの体に必要なものが見えます。あなたの感情を管理する方法を学ぶならば、物理的なレベルでも、より良い気分になれます。

堅実な忠実さであなたの体をケアしてください。魂はこの目だけを通して見なければならず、もしそれが薄暗ければ、全世界が曇っているということです。

-Johann Wolfgan Goethe-

感情は身体の物理的感覚に関連している

それらが生み出す4つの基本的な感情と肉体的感覚を詳しく見てみましょう。またあなたの感情を管理する方法についても説明し、辛い肉体的苦痛にならないようにしていきましょう。

恐れ

この感情は、起こりうる危険を警告します。また、予期した脅威から自分たちを守るのにも役立ちます。物理的なレベルでは、恐怖は胃の痛み、体の緊張、心拍数の速さ、発汗、胸が締め付けられる、下痢、食欲の変化、不眠症などとして表れます。これらの症状は恐怖に限定されるものではありませんが、それに付随することがあります。時にはこの感情が私たちをかなり制限します。

腹痛を抱える女性

これらの症状がある場合は、自分で確認してみてください。それは恐怖ですか?それともあなたが感じている他の感情ですか?恐怖を管理するには、それを回避しようとするのではなく、それをそのまま扱うことが最善です。例えば、あなたがプレゼンしなければならない場合、恐怖を減らし、あなたの身体意識を促進するために、呼吸法とリラクゼーション・テクニックを実践しなければなりません。

怒り

怒りは私たちに行動を促します。それは、不正が行われたと感じるときに私たちの権利を守るのに役立ちます。怒りの最も一般的な身体的症状は、身体の緊張、急速な呼吸、顎の緊張、体温の上昇、頭痛などです。

これらの肉体的感覚は、フラストレーションを示すことがあります。あなたは積極的にあなたの怒りを管理することを学ぶべきです。私たちはしばしば怒りを抑えてしまうので、それに適切に対処することを学ぶことが重要です。たとえば、パートナーからあなたが脱ぎ散らかした服を片付けていないと言われてイライラしたとします。怒鳴る代わりに何も言わず、自分の気分が落ち着くのを待ってから、気分を説明するようにしてください。

喜び

喜びは私たちが他の人との絆を作るのを助けます。それは私たちが他の人と幸せを分かち合い共有することを可能にしてくれます。喜びの身体的な症状は、私たち皆が認識するものです。笑顔、胸がワクワクする、笑い、明るさの感覚などです。この感情を感じるのに苦労し、それを特定する方法がわからない人がいます。

人生の喜びを楽しむことを自分自身に許可することは、私たちの体と心にとって健全です。例えば、あなたが難しい時期にあったとしても、ビーチで過ごしたり、好きな映画を観たりして一日を楽しむことは可能です。

悲しみ

この感情は、喪失と悲しみに直面するのに役立ちます。それは私たちを引き寄せ、過去と、物事がどのようになったかを私たちに反映させます。物理的なレベルでは、涙、泣き、胸の圧迫感、息切れ、食欲不振などによって表現されています。

涙を流す女性

あなたの悲しみをちゃんと表現していないと、身体が重すぎて動かせなくなる可能性があります。あなたが愛する人の死後に泣いたり、痛みを分かち合ったりしなければ、あなたの悲しみは肉体的な痛みにつながります。

体は賢明で、必要なものを知っている

感情を健全な方法で管理すると、あなたの身体が送るメッセージを聞くことができます。あなたの身体的な症状に関連する感情を認識し、それを管理して耐え難いほどの肉体的痛みにならないようにしましょう。あなたの身体から伝えられる隠されたメッセージを解釈することを学ぶならば、あなた自身をよりよく知るのを助けることができることを忘れないでください。そのメッセージを理解することができば、必要なもの(安静、注意、運動など)を身体に与えることができます。

必要なことは、あなたの肉体的側面に目を向けることだけです。そうすれば、それはあなたの人生の重要な部分になります。あなたの体は賢明で、必要なものが分かっています。あなたの体のケアをすることイコール、あなたの感情をケアすることです。あなたの人生はあなたの身体と一緒に生きていることを忘れないでください。その体にもっと注意を払い、より良いケアをすることは、それに値します。しっかり時間を取れば、感情的知性だけでなく、身体意識も向上させることができます。