社会的知識とは何か、そしてその習得法

2019年5月5日

私たちは皆、社会現象は本質的に物理現象とは全く異なるということがわかっています。その見方が異なるだけでなく、扱い方も違います。しかし社会的知識とは何なのでしょうか?そしてそれをどうやって自分の心の中に築いていくのでしょうか? 心理学者は歴史を通して、まさにこの問題の答えを探し求めてきたのです。

社会的知識の研究は、とても広く関連性の高い研究分野です。関心の分野がとても広く、さまざまな観点から考えることができます。これには心理的、教育的、認識論的なものが含まれます。この記事では、特に2つの側面についてお話します。それは、社会的な現実の表現の構造と、社会現象の性質です。

社会的知識の構造

社会的知識のカギとなる側面の一つが、それがどのようにして作られているかを理解することです。人は、世界の仕組みを観察することで、私たちが認識することができるものを説明する表現やモデルを作ります。こうすることが、自分の周りで起こっていることに意味を与え、自分自身のモデルを作り出すのに役立つのです。そしてそれは行動の枠組みとして非常に便利です。

実際、こういった表現が、これから起こることを予測したり、それに応じて行動することを可能にしています。有効で頼りになるモデルを生み出し調整する能力を持っているという、素晴らしい適応性のある価値を理解するのは容易です。例えば、電気の仕組みと電気が与えることのできるダメージについて理解すれば、コンセントに舌を突っ込むなどと言う考えは起こしませんよね!

バレリーナの絵

人間という種の一つの重要な側面は、私たちの社会的環境です。私たちは社会に生きているので、人間の持っている欠陥にも関わらず、厳しい環境に適応することを可能にしてきました。私たちの社会的枠組みの中で、毎日どのように行動すべきかを教えてくれる社会的モデルのたくさんのレパートリーを、私たちは得てきたのです。

3つの主なカテゴリー

心理学が社会的知識と呼んでいる、これらの社会の表現やモデルの中には、3つの主なカテゴリーがあります。

他人と自分についての知識

他人との経験を通して、私たちは自分自身と他人を知るためのモデルを作ります。他の人の気持ちの仕組みと他の人の考え方を知ることが、その人たちの行動を予測することに役立ちます。いわゆる「心の理論」についての研究は、このセクションに含まれます。

モラルと伝統的知識

人は他の人との人間関係を調節するルールや規範を、他の人とのかかわりの中で習得します。これらのガイドラインを知っていることで、私たちは自分たちのコミュニティに適応し、他の人と暮らすことができるのです。この分野では、心理学者のローレンス・コルバーグが人間のモラルの発達について研究しています。

慣例の知識

社会的知識の重要な側面が、社会の中で人々が持つ役割を理解することです。ここで言っているのは、店員や銀行のマネージャー、政治家など社会の中のさまざまな人々の行動について、私たちが持っている表現やモデルのことです。これが、目の前にいる人がどんな人かを知る必要なしに、私たちが特定の社会的行為をするのに役立っています。それはその人が果たすべき役割を私たちが知っているからです。

社会現象の性質

物理現象と社会現象には違いがあると言うことが明らかだと思えるかもしれませんが、その違いを説明するのは難しいかもしれません。物理的な事実を、客観的で、主体から独立しているものと定義し、社会的な事実を主体的で隷属的と定義することができます。しかし、社会構築主義者の観点では、この定義には何の意味もありません。

社会現象とは何でできているのかを理解しようとするためにできる一つの試みは、哲学者ジョン・サールによって提案されたものです。社会的世界の表現を説明するために、彼は3つの要素を導入しました。それが慣例的ルール、機能の分担、そして集合的指向性です。

ゲームにはルールがあるように、サールは慣例にもルールがあると言っています。これらのルールの大切さは、それが無いとゲームも慣例も成り立たないというところにあります。例えば、チェスをするときには、やっていいことといけないことを教えてくれるルールが存在しますね。

ルールが存在しなければ、ゲームには意味がないでしょう。それは、慣例についても同じことなのです。それは私たちが存在すると言う範囲まで存在します。最も明確な例は通貨です。それぞれのお札にどれだけの価値があり、どんな状況で両替えできるかについてのルールが存在します。それがなければ、お金はただの金属や紙でしかありません。

紙幣と脳

機能の割り当て

機能の割り当てとは、物や人へ機能を帰属させることを言います。イスは座るためのもので、フォークは食べるためのものですね。しかしこれらは、そのものに内在する役割ではありません。こういったものに、私たちが機能を押し付けているのです。

この割り当ては主に集合的で、共有された知識を生み出します。集合的指向の役割は重要です。社会の中の人とものの役割を理解することは大切です。これは信じていることや願望、意図などを共有している人々を含みます。

これらすべてが、協力することができる枠組みの中で、私たちが行動することを可能にしています。それが、社会のすべてのメンバーが適応でき、安全である社会の中で、共存することへの扉を開くのです。社会的知識は社会を理解し、その中でどのように行動すべきかを理解するのに役立つのです。

これらの研究をすることには大きな価値があり、私たちがさまざまなレベルで行動することを可能にします。最後に一つ例を挙げます。それは、教育です。この分野について理解すればするほど、より正しく協力的な社会を作るための道へのよりよいモデルや教育学的手段を作ることができるのです。