現代のモンテッソーリ教育の影響

18 4月, 2019

マリア・モンテッソーリは、就学前教育分野に革命をもたらした教育法の創始者です。その影響の大きさから、この名前は分野を超えて知られています。彼女が提案した方法は、様々なスキルや能力を発達させるために最適な方法であるゲームに重点を置いています。

多くの保育園が、この原理をうまく実現しています。遊び、楽しいこと、柔軟性に注力した、非義務教育です。これによって、子どもたちは自由に感覚的でいることができます。つまるところ、マリア・モンテッソーリの方法は、子どもの自立を支援しています。また、これによって、共存、協力、尊敬の価値観を得ることを助けます。

現代社会におけるモンテッソーリ教育は、探求、協力、好奇心、コミュニケーションを基礎にして、子どもの自然な発達を促します。

モンテッソーリ教育の基本原理

現代のモンテッソーリ教育を支配している、基本的な原理を分析してみましょう。その導入は、教育者の好みによって方法が変わってきますが、以下にその本質をご説明します。

まず、モンテッソーリ教育は、発見に基づく学びです。誰しも、生まれながらの好奇心を持っています。モンテッソーリ教育の先生は、何かがこの生まれつきの好奇心を目覚めさせることで、子どもが自ら発見し、より良く学べると信じています。この方法は、子どもは答えを見つけるために質問をするという、生来の傾向をうまく利用しています。

友だち

また、この方法を実践する人々は、個々の特性(年齢、文化、病気など)に応じて、環境が子どもの必要性に見合っているべきであると考えています。また、それぞれの子どもが遊べるような、天然の教材を採用していかなくてはいけません。ここでお話ししているのは、木、土、他の天然の素材です。

先生が実施するすべてのゲームが、協力的な要素を持っているべきです。先生は、監督し、導き、ゲームを準備します。しかし、学びの過程に関して言えば、先生はあまり干渉すべきではありません。

モンテッソーリ教育は、従来の教育方法を覆そうと試みています。その目的は、授業を動きのある楽しい経験に変えることです。この理由から、中断なく3時間通しで授業が行われることもあります。

この方法の原理の説明の締めくくりとして、モンテッソーリ教育は、クラスを学年ではなく年齢グループに分ける(最大3歳差)ことを指摘しておきます。例えば、6~9歳の子どもが、同じ教室内にいることがあるということです。こうすることで、様々な年齢の子どもと交流が可能です。非常にメリットの多い刺激になります。

現在のモンテッソーリ教育

幸運にも、モンテッソーリ教育は時代の流れを生き延びてきました。今日でも、様々な学校で導入されています。この方法は、ゲーム、子どもの自立、好奇心を目覚めさせる様々なやり取りを支援しています。端的に言えば、ゲームや楽しいことに対する子どもの生まれつきの傾倒を利用して、主要な教育の動力に変えています。

しかし、従来の教育方法に浸ってみると、そこに見えるものは違っています。子どもは、先生に何時間も注意を注ぎ、話さないことにご褒美を受けて(あるいは話すことで罰を受けて)、話すことができず、長い間集中していなくてはいけません。 次々と授業をこなしていきます。 これは、子どもの生来の学びへのやる気を刈り取ってしまっています。

タスク


モンテッソーリ教育を導入している学校がいくつか存在します。それにも関わらず、疑問を抱く人もいるようです。モンテッソーリ教育は、0~6歳の子どもだけに有効なのでしょうか?多くの学校がこの年齢層のみにこの方法を導入していますが、マリア・モンテッソーリは、12歳までの子どもに対応できるようにこの方法を構築しています。

しかし、モンテッソーリ教育は、高校レベルでも応用が可能です。マリア・モンテッソーリ自身が、この年齢層向けに、デザイン・開発することは叶いませんでしたが、年齢層の高い子どもたちを相手にする時とるべき段階に関するガイドラインを残しています。

現代の教育システムは、成績重視です。このような理由から、好ましい成績をとるようにと、生徒にたくさんの重圧がかかっています。モンテッソーリ教育は、その逆を追求します。試験や宿題はありません。目標は、良い成績を得ることではなく、学ぶことだからです。

データによれば、小学校卒業以降の教育は、生徒を退屈させています。やる気を出させるにはほど遠く、学校が無意味であると感じている子どももいます。このような状況を、教え方を考え直すきっかけにすべきです。現在、競争心がたきつけられています。成績が、生徒にできない子やできる子 のレッテルを貼り付けています。しかし、基本的な目標は、自分の周りの世界を理解するように、子どもにやる気を出させることであるべきです。

お花