社会的学習:アルバート・バンデューラの興味深い理論

2019年1月22日

私たちは他人についてどのように学びますか?行動を起こさせるメカニズム、要因、複雑な巧妙さを理解することは、心理学において常に目標になっています。アルバート・バンデューラは、社会的学習理論というものを発表しています。これは、学び手の精神とその環境の関係についての理論です。

私たちの多くは、子どもたちがどのようにして学ぶのか皆目見当もつきません教えや技術の習得は、模倣、条件付け、ポジティブまたはネガティブな強化といった古典的な行動アプローチの結果であると考える人も未だいます。

「学びとは双方向的です。環境から学び、環境は学ばれ人の行動によって修正されます。」
-アルバート・バンデューラ-

しかし、学習者、子どもの脳、ふるまいを生み出したり能力を習得する大人の能力ほど、複雑かつ難しく興味深いものはありません。私たちは、外的なプレッシャーや縛りに基づいて埋められるべき空の箱ではないのです。人は、観察し、模倣し、特定の社会環境で成長します。それと引き換えに、学びを促進する場合もあれば阻害する場合もある特定の精神状態へとたどり着きます。

カナダ人の心理学者でスタンフォード大学の教授であるアルバート・バンデューラは、社会的学習理論として知られるものを編成する質問を投げかけました。これこそ、行動と認知の出会いです。

アルバート・バンデューラ
社会的学習理論からわかること

バンデューラの社会的学習は、観察学習またはモデリングとして知られています。少し文脈を説明すると、この視点は、行動主義がかなりの重要度を占めていた60年代ごろに始まりました。その頃は、学びというものは先生から生徒への単純な情報の送信、受信だと考えられていました。別の言葉で言えば、専門家が活動的な中心であり、生徒は受け身であるという考えです。

アルバート・バンデューラは、行動還元主義の先の社会的な部分に目を向けていました。社会文化理論のレフ・ヴィゴツキーも同じです。バンデューラは、試しや間違いなしに子どもはより早く特定の教訓を学ぶことができるとしています。そうであるならば、その理由は一つだけです。観察と社会環境です。

ボボ人形

ボボ人形実験は、心理学分野において最もよく知られた実験のひとつです。1961年から1963年にかけて、バンデューラは子どもにおける観察学習の重要性と、模範である大人が情報の受信、送信以上に重要であるということを示すためにチームを結成しました。

シーン

  • この実験は、スタンフォード大学の保育園にいる3~6歳の子どもに対して行われました。結果はかなり衝撃的なものです。おもちゃで溢れる部屋の中で、子どもたちを前にして大人が木づちで大きな人形をたたきました。別の実験グループでは、大人は非暴力的な模範を見せます。3つ目のグループでは、人形への罵りで攻撃性を見せます。
  • 結果は歴然でした。攻撃的な模範にさらされた子どもたちは、そうでない子どもに比べて物理的に攻撃的なふるまいを見せました。

バンデューラは、観察学習には3つの基本的な形があることをここで示しています。

  • 生きた模範を通した学習。実際に振る舞いを見せる人間など。
  • 言葉での指示を通した学習。ふるまいの詳細や説明を与えられる。
  • 象徴的な方法。本や映画の登場人物を通じて学ぶ。実際の人間のふるまいが、メディアなどによって見せられた場合も、この分類に当てはまる。

社会的学習のプロセス

社会的学習は、従来の学び論(行動主義)と認知的アプローチの「橋」だとよく説明されます。バンデューラは、スキナーとは異なり、常に精神的(認知的)要因を学びにおいて重要視してきました。彼は「学習者」を、常に積極的に情報を処理し、行動とその結果の関係を継続的に査定している人だと定義しています。

「自信は、必ずしも成功には導きません。しかし、自身のなさは必ず失敗を生み出します。」
-アルバート・バンデューラ-

それゆえに、人は見るものすべてを真似るものであり、家やテレビで暴力的な映像を見た子供が皆攻撃的な行動に出る、と考えてしまう罠にははまらないでください。模倣の前には思考があります。さらに、模倣やその他の反応を促進する橋渡し的要因も存在します。

それでは、この仲介要因を見ていきましょう。

環境

社会は完全に均一ではありません。むしろ、様々な環境やシナリオが存在している、またはそれらを生み出します。より好ましいものもあれば、より抑圧的なものもあります。

例を見てみましょう。カルロスは11歳で、バイオリンの先生が最近新しくなりました。はじめ、カルロスはこの楽器にとても興味を示します。買ってもらってもっと練習したと思いました。しかし、父親は非建設的にすぐさまその考えを忘れさせようとします。「こんなのバカげてる!」父親は叫びます。それ以来カルロスはバイオリンへの興味を失ってしまいました。

パソコン
注意

ふるまいが真似される時、それが私たちの注意、興味、ミラーニューロンを捉える必要があります。毎日、人はたくさんのふるまいを目にします。しかし、それらすべてが興味をひく価値があるものではありません。

動機

動機は動力であり、他人に見られるふるまいを自分で行う時の意思でもあります。

  • ここで、代理学習について見てみましょう。バンデューラは、他人が行っていることを「観察」するだけでは十分ではないと言います。そのふるまいによって他人が得た報酬や影響も見ていかなくてはなりません。
  • もし認識した犠牲よりも報酬が勝る場合、観察者は模倣します。一方、代理学習が観察者にとって重要に感じられない場合、そのふるまいを模倣することはありません。
脳と脳

社会的学習は、心理学界において最も面白い価値のある飛躍です。93歳のアルバート・バンデューラは、いまだにこの分野において最も尊敬されている人物と言っても過言ではありません。

彼のお陰で、人がどのように知識を身につけふるまいを生み出していくのかより良く理解できます。外的、つまり社会的な要因が内面的な過程である認知に影響しているということ、自分が他人に対する模範として機能していることを知ることができます。

Bandura, Albert, (1987) “Social Learning Theory“, Espasa Libros

Bandura, Albert and Walters, Ruchards, (2004) “Social Learning and Personality Development“, Paidós.