社交不安障害の裏にある極度の恐怖

· 2018年6月9日

一種の社交不安障害を抱えていても、多くの人はあなたがどれだけ苦しんでるか気づいていないでしょう。人前で話すことは緊張するだけでなく、リアルなパニックに追い込みます。グループの中でみんなが自分を見ていると感じるときもです。笑いの種だと思われていると、ここにいるべきではないと思い込みます。このひどい状況ではなく家に入れたらいいのにと思います。

社交的な状況にいるときだけ起こるわけではありません。パーティーに行ったりミーティングに行ったりすることを考えるだけで緊張します。行くことを避けるため言い訳を考えます。逃げるためなら何でもします。でも何ができるでしょうか?

「危険がないのに恐れる人は、自分の恐怖を正当化するために危険を作り出している。」
-エミール=オーギュスト・シャルティエ-

恐怖症とは?

まず初めに、恐怖症とはそもそも何なのか考えてみましょう。恐怖症とは、特定の刺激や状況に対する激しい恐怖です。この恐怖はもちろん、道理にかなっていません。本当の危険はないにもかかわらず、あなたを侵略します。そうするべきではないのに恐怖を感じます。必要以上に恐れます。その結果、普通の日常生活を不必要に妨げます。

社会的交流の場は、社交不安障害が現れる場所です。 私たちは常に他人とコンタクトを取って生きているため、日常生活にひどく影響を及ぼします。一方、わたしたちがクモやヘビ恐怖症などの別のタイプの恐怖症を患っている場合、それを見なくていい場所、街などに動けばいいだけです。社交不安障害の場合と違って、日常の中で恐怖はありません。違いは明白です。

新しい人にあったり、公の場で発言する場にいたりしたら、誰だって緊張します。しかし、そこに行って流れに乗ってしまえば、経験を楽しむことができます。しかし、社交不安障害を持つ人にはこうはいきません。彼らのふるまいは逆に経験によって影響を受けます。悲しいことに、これによって恐怖症の力を強めてしまいます。

ドリンキングゲーム

社交不安障害の人の認識的先入観の機能の仕方

この恐怖症は何を考えどのように考えるかにかなりの影響を及ぼすことを強調しておくことが重要です。一方で、認識的な先入観もあります。これはわたしたちの脳が自分の周りで起こった情報を処理する方法です。

社交不安障害を抱える人は、他人が自分のことを見ているかいないかに関してより敏感です。自分の体が、赤面、声の震えなどでその不快感を表します。結果として、周りの人が彼らをネガティブに評価します。しかしそれだけでなく、彼らはこれらの状況のネガティブな瞬間をすべて覚えており、脳内で増幅します。これによって新しい社会的な状況もとてもネガティブな姿勢で考えるようになります。

「恐怖は、物事を実際より悪く見ます。」
-Livio-

例を見てみましょう。社交不安障害を持つ人は、話しているときの他の人のジェスチャーにもっと敏感で、それらのジェスチャーを自分のことが好きではないサインと解釈します。彼らが話すとき、新しい人とうまくなじめなかった特定の状況を思い出しているかもしれません。これはすぐにネガティブな思考の悪循環になります。だんだんこれらの人がどのようなことを経験しているかわかってきたのではないでしょうか。

社交不安障害を抱える人の恐怖

認識的な先入観に関して説明したことから、社交不安障害を抱える人が持つ恐怖の種類を理解することができます。一方で、緊張しているという明らかなサインを出したくないと思っています。また、社交の場で注目の的になりたくないと思っています。

それだけではありません。他人が自分のことを見ていること、していることを観察すること、新しい人に紹介することなどを恐れています。それに加え、人前で食べたり、飲んだり、話したりすることや電話をかけたりアポを取ることも恐れています。会食

これらすべての恐怖が直接的に一つのものに関連しています。それは、ばかばかしく見えたりネガティブに判断されたりする恐怖です。彼らはこれらのことが起こるとただ思い込み、それによって不安が現れます。この恐怖はかなり強烈で、社交の場で彼らを凍り付かせるため、思っていたことが現実になったと思い込みます。

「不安は精神に流れる小さな小川です。それが増大すると思考を流し去ってしまう激流になります。」
-A Roche-

このように、価値のない最初の思考は強められます。しかし、彼らは自分自身に害を与えていることに気が付きません。だから社交不安障害には心理的な治療が必要です。できれば認知行動療法です。これは患者にかなり影響する障害です。また、適切な専門医の助けなしにこのような思考を修正するのはとても複雑です。

イメージ:Rawpixel、Blake List、Curtis.