幸せな独身でいることは可能?

· 2018年10月5日

わたしたちは、「もう片方」を見つけて初めて人は完全になるという考えを教え込まれています。最近まで、ある程度の年齢になって未だ独身でいることは良くないことだとされてきました。家族や友達が自分の知っている独身の人を紹介し合って、結婚して家族になるというのはよくある話です。

今、この状況は変わってきています。独身でいることは、悲しいタブーな話題ではなく、ライフスタイルの選択であるという風に見られ始めています。ますます多くの人が独身でいることを選んでいます。独身の人や離婚をする人は増えているのです。

 

しかし、自分で選んで独身であることと、独身になってしまっていることは別物です。自分で決めて独身でいる人は、心の中の葛藤はあまりありません。自分はこの状況でも幸せだと思えます。しかしパートナーを求めていて、不満、いらだち、無力感を感じている独身の人はそうとはいきません。これらの感情によって、死に物狂いで「運命の人」を探すようになったり、完全に孤立するようになってしまうことがあります。常に探しているのに、人生を共有してくれる人を見つけることができないのです。

幸せな独身でいることは可能でしょうか?人生をシェアする人がいなくても幸せになれますか?これはすべて自分が自分自身と持つ関係によります。それでは少し深掘りしてみましょう。

見方を変えよう

最後の破局が自分の決断だったかどうかは関係ありません。問題があったとか浮気があったかどうかも問題ではありません。どんな場合も、破局後はすぐに次の交際へ進むべきではありません。もし誰かと交際していて、常に一緒にいる必要があると感じていたら、感情的な依存になっているかもしれません。そのため、経験していることをきちんと処理する方法を学ぶ必要があります。

カールヘア

彼氏や彼女がいることは、生きるための必要条件ではありません。シングルでいることは罰ではありません。メディア、映画、友人、家族によって送られる矛盾するメッセージとは関係なく、これはこころに留めておくべきことです。

 

独身でいることは、自分を知り、自分の感情とつながり、交際相手がいたとき我慢していたことを全部できる素晴らしい機会です。様々な研究が、シングルでいることはより強い自由の感覚とより高い創造力へ導いてくれると示しています。

2016年、心理学者のベラ・デパウロが、独身の人はより強い自己決断能力があることを証明しています。独身の人には、既婚者より強い自己成長の傾向があります。つまり、幸せな独身でいることは可能なのです。メリットもあります。

幸せな独身と悲しい独身

幸せを感じるときもあれば、悲しく感じる日もあります。遊んで過ごす週末もあれば、家にこもって好きな映画や番組を見たりしたいときもあります。それが人生というものです。独身でいることは、いつもニコニコしていなくてはいけないということではありません。そして、いつも悲しくなくてはいけないということもありません。

 

私たちの社会が作り上げたステレオタイプは、「完全に感じるのに誰も必要ない」ということを証明するためには、常に100%幸せでいなくてはいけないと教え込もうとします。その為、プレッシャーを感じさせてしまうのです。これは非現実的で自己欺瞞的です。

孤独は最大の敵と考えられているため、時間を共有して隣で寝る人がいないにもかかわらず幸せな独身でいるには、感情的な均衡を見つけることが重要とされているんです。

コーヒー

気分が変動するのは当たり前のことです。しかし、独身でいることに対して自分を責めることはできません。大事なことは、自分の感情とつながり、それが伝えようとしていることに対してオープンにいることです。もしかして、自分の心の声が今誰かといるべきなのかそうでないのかを教えてくれるかもしれません。

ひとりでいることは不完全ということではない

社会的なプレッシャーに欺かれることがあります。幸せだと言い切っているのに、社会が期待するように結婚していないから、子どもがいないから、と家に帰ると泣いたり怒ったりしてしまうんです。

理論的な解釈や心理的な刷り込みによって、人は結婚していないと不完全であると信じ込まされています。しかし、パートナーを見つけることは幸せを保証してくれません。 この2つを混同してはいけません。結婚、子ども、ペット、持ち家の夢は、思っているほど素敵な夢ではないかもしれません。これで自動的に幸せになれるということはありません。幸せは、外側から発生する感情ではありません。幸せは内から起こるのです。

音楽
独身でいることを楽しむ

独身でいることには、たくさんの魔法のような瞬間が溢れています。自分を完全にしてくれる誰かさんを探す心配をする必要はありません。

自分の人生のこの時期を存分にいかして、したいことをして、友情を強めて、夢のキャリアを追いかけて、休暇に出かけて、他人の予定なんか気にすることもありません。シングルでハッピーにいることにはたくさんの理由があるんですよ!大事なことは、一番の優先すべき人は自分であるということです。自分が主役です。

独身でいる時間は、自分自身とコミュニケーションし、才能を磨き、人としてより良くなる時間に割かれるべきです。注意してください。誰かのために準備しているのではなく、自分のこの先の人生のために準備しているんです!もし特別な人が人生に現れたら、最高の自分に会ってもらいたいですよね。でも、そうでなくても問題ではありません。自分自身があなたのそばにいてくれるからです。