仕事中毒ーどうすればいいの?

2019年10月29日
あなたは仕事中毒になっていませんか?自分の時間や家族との時間を、仕事のために犠牲にしていませんか?この記事では、どのようにバランスが取れた生活を取り戻すことができるかを紹介します。

仕事中毒、またはワーカホリックは、現代の目まぐるしく変わりゆくストレス社会では、多くの人が直面する問題です。この仕事優先の文化では、仕事中毒になっている状態がまるでいいことのように信じてしまいがちです。仕事中毒の状態だと仕事ははかどりますしね!しかし、そんな状態でいると、悪影響がでてきます。

スティーブン・サスマンの「ワーカホリック:レビュー」という記事では、仕事中毒の人は、自分の個人の時間と仕事の良いバランスを保つことができないとしています。

仕事中毒

仕事中毒を誘発するもの

上記で述べたように、社会は仕事中毒を悪いものだとしていません。一般的に、生活をより良いものにするために、家族との時間を犠牲にすることは社会的に受け入れられています。

これは、仕事中毒の人の良い言い訳となり、問題です。「あなたのために働いてる」は仕事中毒の人が良く言うフレーズです。風邪を引いている、休暇中、時間外などということは、彼らにとっては関係ありません。仕事中毒の人は、風邪でも仕事に行き、残業して、休暇も取らない人がほとんどです。

仕事中毒の人の多くは、フリーランスで、休暇を取らずに働くことが容易にできてしまいます。フリーランスには、いつでも働けるという言い訳ができてしまい、社交的な時間や、家族と過ごす時間を忘れてしまいます。仕事が全てで、人間関係は後回しになってしまうのです。

「仕事中毒になって、健康をも脅かすまでになってしまった。」

-タブ・ハンター―

仕事中毒の方へのアドバイス

仕事中毒になると、体と心の健康を害してしまいます。ですから、問題に気づいて、改善のステップを踏むことが大切です。多くの企業には、従業員が働きすぎていると気づいた場合に従うステップがあります。もし、あなたが問題を抱えると思うなら、この方法を試してみましょう。

評価とセラピー

仕事中毒で悩む人への最初のアドバイスは、専門家にその度合いを評価してもらい、セラピーを受けることです。多くの専門家が、認知行動セラピーが日々の行動パターンを変えるのに効果的だとしています。

下記は、仕事中毒の治療に効果的なアドバイスです。

  • 感情的な能力の発達に焦点をおいた、ワークショップに参加する
  • 働いていない時の不安に対処する、ストレスマネージメントの方法を身につける
  • 同じような状況にいる人のサポートグループを見つける。
  • 仕事中毒の根底にある原因を追求する。なぜ仕事に慰めを求めるのか?

家族療法

仕事中毒で悩んでいるときは、家族にも協力してもらうことが大切です。仕事中毒のせいで、家族の関係が崩れてしまうことがあり、その場合、家族みんなで解決していくのがいいでしょう。

家族の理解が得られないと感じたら、家族との問題から逃れるために、仕事に没頭してしまうこともあります。この場合も、家族療法がとても重要です。

仕事中毒

雇い主の役割

あなたが行動を起こすことも大切ですが、雇い主も、働きすぎている従業員がいれば助けの手を差し伸べることが必要です。

仕事中毒をなくすために、役職の再編成、融通のきくスケジュール、休憩時間の徹底、またはコラボレーションの推奨などを行う企業もあります。また雇い主は、長時間働く従業員を称えるなどということは、しないほうがいいでしょう。

あなたは仕事中毒だと思いますか?友達や家族と過ごす時間がありませんか?これらの質問に対しての答えが「はい」なら、何か助けを求めたほうがいいでしょう。仕事中毒なら、良いバランスを確立するためにできることがたくさんあります。

もしかすると、十分な収入がないことへの不安を感じていたり、仕事に行くことが家族との問題を避ける方法なのかもしれません。理由はどうであれ、解決法はあるはずです。中毒はどんな形であれ問題です。一番大切なのは、問題の根底にある理由を突き止めて、助けを求めることです。

  • del Líbano Miralles, M., Soria, M. S., Schaufeli, W. B., & Gumbau, S. L. (2006). Adicción al trabajo: concepto y evaluación (I). Gestión práctica de riesgos laborales: Integración y desarrollo de la gestión de la prevención, (27), 24-30.
  • Quiceno, J., & Vinaccia Alpi, S. (2007). LA ADICCION AL TRABAJO “WORKAHOLISM”. Revista Argentina de Clínica Psicológica, XVI (2), 135-142.
  • Schaufeli, W. B., Soria, M. S., Gumbau, S. L., & del Líbano Miralles, M. (2006). Adicción al trabajo: acciones preventivas (II). Gestión práctica de riesgos laborales: Integración y desarrollo de la gestión de la prevención, (28), 18-24.