縞模様のパジャマの少年:格子を超えた友情

· 2018年3月19日

縞模様のパジャマの少年」は、2006年に出版されたジョン・ボインの本です。後にマーク・ハーマンによって映画化されました。

映画と本は非常に異なっていますが、それはこの記事には関係しませんので、ここでは取り上げません。代わりに、この記事では、この本が記してくれる仕事の主な価値観や考え方に焦点を当てます。 映画と本の両方が基準点として同等に機能するのはこのためです。

「縞模様のパジャマの少年」の物語は、人間の歴史の中で最も残酷で最も恥ずべき時代―ホロコーストが舞台です。人々が言うように、この歴史は私たちが学び、同じ間違いを犯すのを防ぐため、忘れてはならない期間です。

物語の始まり

物語はドイツの軍人の一家から始まります。この家族は少なくとも、非常に根深い価値観とイデオロギーを共有しています。

この家族の長はヒトラーの奉仕の高官です。彼の「多大なる努力のおかげ」で、彼が仕事を続けられるようにアウシュビッツへ行きます。

家族全員が新しい家に移動します。それは完全に隔離された家で、強制収容所に非常に近いところに位置しています。 登場人物は以下の通りです。

  • 子供たち:主人公は、役人の一番息子のブルーノです。 彼の年齢の男の子が大抵そうであるように、彼は世界について多くを知らず、ただ遊びたいと思っています。 彼は冒険の物語が好きで、探検家になりたいと思っています。
  • 一方で、彼にはグレーテルという姉がいます。物語の最初、私たちは彼女が人形で囲まれているところを見ます。しかし、彼女はすぐにナチスの宣伝の 「装飾品」と人形を置き換えるようになるのです。
  • そしてブルーノと同じ年齢の少年シュムエルがいます。しかし、彼はユダヤ人であるため、強制収容所に住んでいます。
  • 両親。 ブルーノの父親は非常に厳格で、自宅で多くの時間を費やさない高官です。彼の妻は、始め夫が取り組む 「努力」についてあまり知りません。
  • しかし、私たちはこの無知の状態が映画の過程でどのように変化するかを見ています。 彼女はもはや無知でいることはできず、彼女の夫に対する感情も変わるでしょう。 そして彼女は自分の仕事で果たす役割にうんざりします。
  • 祖父母。 彼らは役人の両親です。 祖父は息子を誇りに思っています。 しかし、祖母はナチズムにとても反対で、息子のことを嫌っています。
ブランコに乗る男の子

「縞模様のパジャマの男の子」での2つの対照的な現実

本の中では、シュムエルとブルーノは全く同じ日に生まれました。しかし、彼らの人生はまったく異なっています。

ブルーノは快適な家庭に住んでいます。彼の父は兵士であり、彼の最大の心配は遊んでくれる誰かがいないということです。 彼は退屈に苦しんでおり、彼は新しい場所が非常に不快だと思っています。 彼はなぜ移動し、昔の友達を去る必要があるか理解していないのです。

シュムエルはユダヤ人です。そのため、彼は強制収容所に住むことを宣告されています。その結果、彼の心配事はブルーノのものとはまったく異なります。 しかし、彼の場合でも、私たちは子供であるが故、同じ欲望と純粋さを垣間見ることができます。

これらの対照的な現実は、私たちの生まれが私たちの人生にどのような印象を与え、非難するのかを示しています。誰も生まれる場所を選ぶことができません。誰も1つのベビーベッドに属することに責任を負うこともありません。

しかし2人の男の子はこれらの違いを理解せず、お互いを等しいと見なします。彼らは冒険をして遊んでくれる友人だとお互いを見ています。彼らは同じ日に生まれ、とてもわかりあっているのに、なぜ二人を隔てる格子があるのかを理解していません。

この物語にある格子は現実ですが、シンボルとして見ることもできます。同じ日に生まれた2人の似た男の子、2つの全く異なる現実があるのです。

今日、私たちはナチスを嫌悪しています。しかし、ブルーノが生まれたとき、彼は幸運だったのです。少なくともシュムエルより幸運だったのです。これらの現実とは対照的に、このような格子はまだ私たちの生活のなかに存在しているのです。

同じようにではありませんが、生まれた場所による違いはまだあります。 快適な家に生まれた子供と、資源のない家に生まれた子供の間の違いです。

縞模様のパジャマの少年

ニーチェのスーパーマン思想との関係

ナチズムは、哲学者フリードリッヒ・ニーチェの考えを採用し、再発明しました。この哲学者は、強く知的で創造的で、思考や理由がある、優れた特徴を持つ男性の階級制度を信じていました。

これらの男性は生存者でした。 ナチスは彼らをスーパーマンと識別しました。

しかし、ニーチェにとって、スーパーマンの地位に達するためには、以下のようなさまざまな段階がありました:

  • ラクダ。それは服従と、負担しなければならない責任を表しています。
  • ライオン。ラクダは、いったんなりたいと思えば、ライオンに変わります。これは、負担、反乱、伝統的価値観の拒否から解放されることを表しています。
  • 子。子は変身の最終段階を表します。子供は偏見や確立された価値から遠く離れています。彼は自身の個人的価値を創造する者です。ほとんどのゲームのように、子供は物事を無から生み出すことができます。

子供のこのイメージをシュムエルとブルーノの性質だと考えてください。彼らはどちらも偏見がない、または自由です。彼らは大人のすべてを襲う格子を克服する唯一の人なのです。

彼らが壁を乗り越えることができたら、社会の確立された価値観に疑問を持つようになるでしょう。人々が何を教えても問題ではありません。彼らの友情はさらに深まるでしょう。

ブルーノは縞模様のパジャマを着て、シュムエルと同じようにしています。 彼らにとって、友情がすべてであり、二人の間に違いはありません。

代わりに、彼らはお互いを知るようになると、他人について判断を下すようになります。彼ら自身は無から彼ら自身の価値を創造します。

「僕たちは友達になるはずじゃなかった。僕たちは敵同士だった。知ってた?」
-ブルーノ、縞模様のパジャマの男の子-

アイデアの重み

縞模様のパジャマの少年は、特定のイデオロギーとそれを形作るアイディアがもたらすかもしれない問題を示唆しています。このストーリーや映画では、アイデアがどのようにして間接的に、どんな武器よりも多くの害を引き起こすのかがわかります。

これは、彼らが力を合わせることを念頭に置いている場合は特に当てはまります。なので、この特定の原因によって生まれた二人の信念は、何らかの一緒に行動を起こす可能性があります。いくら不公平で残酷かは、この際問題ではないのです。

永遠に存在し続けるようなアイデアを得るためには、若者に教えるという過程が必要です。物語では、グレーテルとブルーノの授業でこれを見ることができます。彼らの教師は、学校でナチスのイデオロギーの脚本に沿って歴史を教えています。

本質的に、彼は、正しいと見なされる価値を子供たちに伝えています。そして彼らが優秀な人種や特権的な人種に属しているという考えは、世代を超えて続くでしょう。

ナチス宣伝への言及も興味深い点です。私たちは物語の中のポスターでそれらを見ることができます。グレッテルは彼女の部屋をそれらのポスターで飾っています。 あるいは、彼らが強制収容所で生活の質を「売る」方法で垣間見ることができます。

monogatari-onnnanoko

 

私たちはすでに天気予報で手掛かりを得て、物語が終わりかけていることを告げることができます。これは文学的概念の一つです。 雨の画は何かが起こるということを警告しています。

結末は私たちに考えさせるようになっています。私たちが当事者になるまで、相手の苦しみはわからないものです。役割を反転し、自分の肌に他の人の痛みを感じると、私たちは意識を持ち、彼らと同じようになるのです。

もちろんこれは歴史的な場面の話です。そして恐怖と人間の残虐行為でいっぱいですが、私たちに重要な質問をしてくれます。もしかすると、私たちはあの頃からあまりかわっていないのかもしれないということです。私たちはまだ、相手側の苦しみをわかっていないのですから。

「もちろん、これはずっと前に起こったことであり、このようなことを繰り返してはいけない。 現代において。」

– ジョン・ボイン、縞模様のパジャマの少年 –