自分が感じていることを理解する

· 2018年2月6日

優先順位を設定する必要があるとき、私たちの生活の中には様々な段階があることに気が付きます。 私たちは気分が良くならないものに合う努力をやめ、期待をして、自分を苦しめる「契約書」や要求から解放しなければなりません。

他人の意見を心配することから自分を解放することができます。 周りの意見は重要ではなく、ただ安らぎを感じて、自分自身でいられるように深呼吸したい時があるのです。

自分のものではなく、他の人々の問題を解決する必要を感じるのを止めなければなりません。 多くの場合、私たちを消耗させる他人の問題から自分自身を切り離すことが、助けになる最良の方法なのです。 そうすることで自分の背中にある負荷を減らし、自分自身を空にし、私たちが誰であるかを知ることを可能にするのです。

タンポポの綿毛

幸せになるために距離を置くべきもの

幸せになるためには、例えば感情を抑圧することのように、自分自身を遠ざけなければならないものがあります。 私たちを罠にはめるような感情のプロセスがあるのです。 それは例えば悲しみなどの、社会的に罰せられているような感情で起こります。

幸せになるためには全ての感情が受け入れられる必要があり、自分自身を理解し、感情表現を可能にしなければいけないということを私たちは認識していません。

自己に関する知識と成長の問題なのです。 私たちの悲しみを抑圧し、恐怖を隠しているパズルの直接的な結果として、私たちの笑顔が消えてしまうのです。

どうしてでしょう? 私たちは自分自身から隠れていて、何かを伝えようとする心のケアができていないのです。自分自身の声を聴く必要があります。だからこそ、自分自身を感じることが重要です。

感じること、それは私たちの幸福の基礎

カップのお風呂に入る女性

感情は健康の基本的な柱です。 感情を吐き出し綺麗にすることは、感情的能力に対する障害を取り除き、私たちの感情を理解することに焦点を当てることです。

私たちの喜びを管理し、驚きを開放し、怒りを反映させるためには、泣くことを時に許してください。そうすることで自らに満足できます。

そのために、実際に何が起こっているのか、私たちが何を感じているのかを知るためにマインドフルネスなどの方法を適用することができます。 つまり、私たちの周りに起こっていることをすべて理解することが重要です

私たちの習慣を見直すことはとても良いことです。日中どのように感じたのか、私たちの周りの人が私たちをどんな気分にさせるのかに気づくことが出来ます。 感情的な経験に集中することは、私たちが失った感情に関するスキル(そしてその必要性)を実践する最善の方法です。

合わせた手に留まる蝶

感情的な脳との再接続

私たちの脳には、私たちの経験の嵐と穏やかさの両方があります。 脳はすべてを処理します。 負荷をかけたり減らしたりします。特に感情の警備員のような役割をする扁桃体が重要です。

偏桃体は、海馬と同様にすべての感情的な出来事が管理される場所です。 思い出や印象の記憶として機能します。それが時々私たちがある問題の答えを持っていたり、持っていなかったりという理由です。

ある意味で、感情的な出来事のすべてが心的外傷ではありません。そして記憶が簡単に消えることがないように、脳を鍛える必要があります。 それは感情的な出来事を「覚えている」ことを担当する扁桃体が、(前頭前野皮質と共に)異なる感情の扱いと調整を容易にする方法なのです。

だからこそ、私たちの記憶を並び変えて、私たちが心地よいと感じるものに再接続する必要があるのです。そうして、私たちが現実に対して障壁を持っていること、一つ一つの感情が私たちにもたらす恩恵に感謝していないことに気が付くでしょう。