心配しすぎをストップする7つのカギ

2018年8月12日 in 心理学 0 シェア済み
枕

物事を心配しすぎるのが習慣になっている人たちがいます。極端な不安です。常に考えに悩まされていて、機能する能力を失って、苦しみで自分をいっぱいにしてしまう状況です。別の言葉で言えば、考えすぎであまり行動せず、その考えを断つことができていないことに罪悪感を感じている状態です。

不安でいっぱいの時や、恐怖にいっぱいいっぱいな時に起こります。不安でいっぱいの時は、質の悪い疑念を抱いています。ネガティブなことに、それらの疑いや怠惰を生活の一部にしてしまいます。

「良いも悪いも存在しない。人間の思考がそうさせるだけだ。」
-ウィリアム・シェイクスピア-

心配しすぎると、効果的な結論を導き出すことが難しくなります。心配でいっぱいいっぱいになって、恐怖がさらに悪化します。最終的にゴールを達成することができなくなります。正確で完璧に近い結果を出すことができません。これを回避するための方法を以下にご紹介します。

1.決断を下すタイムリミットを設定する

決定を下すために時間を与えすぎたら、心配しすぎる人になってしまう傾向があります。そして、確実に何もしなくなります。何かを得るために他のものを諦めることのリスクが大きすぎるからかもしれません。しかし、すべての決断はそういうものです。

鉛筆

これを避けるためには、タイムリミットを設定することです。時間があまりないほうがいいです。たとえ決断が複雑でもです。なんだかんだ言って、決断の多くは実はあまり時間がかからないものなんです。

2.する必要があることを先延ばしにしない

すべきことを先延ばしにすると、状況で我を忘れてしまいます。何かしなくてはいけないということがすでに分かっているなら、待つ理由はありません。障害があっても、乗り越えるのが難しくてもやってください。

問題は、行動を先延ばしにすると不安を増長させるということです。計画を立てて、行動の流れを決める必要があります。そうすることで、悩んでいるその時間をもっと生産的なことに使うことができます。

3.タイムラインを作る

時々、つまらないことばかりを考えてしまいます。ちょっとした状況や決断はそんなに大事なことではありません。何でも考えすぎてしまう傾向にあるということもあります。そういった小さな問題を実際よりも重要であるかのように思い込んでしまうんです。

小島

よいテクニックとして、一週間ごと、一カ月ごと、一年毎に重要なことを分析しましょう。タイムラインに沿うことに失敗して起こりえる結果を考えます。長い目で影響がないなら、心配しすぎないでください。

4.時を考える

理性的に考えることが難しい状況があります。例えば、疲れているとき、論理的な思考がスローダウンします。さらにイライラしがちです。その為ネガティブな考えに陥りがちです。

食べてないとき、感情的な時、悲しい時、ネガティブな気分の時何が起こりますか?このようなケースでは、自分に考えさせないでください。「今じゃない」と言い聞かせて、もっと適切な時を待ちましょう。

5.曖昧な恐怖を抱かない

恐怖を感じることほど困難な時はありません。誇大妄想のような社会に生きているため、様々な恐怖が私たちに現れます。だから、それを必死に避けようとしているのに常に人生に不確定さを感じます。

考え

そのような恐怖を感じるとき、その恐怖が何であるかを特定する練習をすることが重要です。何を怖がっているのか?かなりの確率で、現実にはそんな風に感じる理由がないという結論に至ります。

6.コントロールやめて、心配を受け入れる

リスクのないものは人生には存在しないということを受け入れましょう。コンスタントに疑いを持って、すべてのことを心配したら、コントロールできないものまでコントロールしたくなります。

わたしたちの行動のすべてが暗闇での小さなジャンプです。リスクを消し去ろうと躍起になったら、ノイローゼ気味になります。ないリスクもあると思い込んでしまいます。ちょっとリラックスして、なるように身を任せてみてください。

7.よく寝る

肉体の大部分は、よく寝ることできちんと機能します。ちゃんとした睡眠は、肉体的・精神的健康の基本を作ってくれます。睡眠不足は、ネガティブな結果を生み出します。その中でも、睡眠不足は思考を混乱させいろいろ考えさせてしまいます。ハンモック

いつもきちんと睡眠をとることをモットーにしてください。睡眠はしっかり行うべき活動です。 睡眠に影響することを許さないでください。考えすぎなんてもってのほかです。

これらのガイドラインを習慣化すると、かなり役立ちます。心配しすぎることは、何の役にも立ちません。すべてを妨害して、健康的な生活を阻害する習慣のひとつでしかありません。

あなたへおすすめ