心理社会的リハビリテーション:生活を再構築することの美学

05 11月, 2020
精神疾患と共存する生活は簡単なことではありません。多くの場合、患者は病気になる前の生活を完全に忘れることができず、それは回復に全く役立ちません。心理社会的リハビリテーションとは、患者が自分の生活を再構築し、可能な限り完全な生活を送るのをサポートする包括的なアプローチです。

今回は、精神障害に苦しむ多くの人々を助ける治療計画について説明します。心理社会的リハビリテーションは、患者が症状をコントロールするモチベーションを高める治療法として知られています。

この心理社会的リハビリテーションを取り入れた患者は、多くの場合、適応性を著しく改善することができます。

このタイプの治療は、回復と地域社会への再統合を促進する包括的アプローチです。また、人々の生活の質の向上にも役立ちます。

心理社会的リハビリテーションの主な目標は、ソーシャルスキルを開発し、強みでもある長所を特定することです。この方法は、ある種の心理的変化に苦しんでいる患者の能力を向上させるのに役立ちます。慢性疾患のある患者は、自分の人生と人間関係を取り戻すチャンスと言えるでしょう。

ごく最近、1970年代までは、重度の精神疾患を発症している患者は、施設に収容されていました。現代社会では、人々は精神疾患の汚名を返上し、自立を促進するために頑張っています。これは、固定観念を覆し、偏見と戦い、精神疾患を持つ人々がコミュニティに完全に溶け込むのをサポートするという考えです。

心理社会的リハビリテーション 生活 再構築する

エンパワーメント

心理社会的リハビリテーションは、患者が完全に回復するサポートとなるように設計された治療計画で、患者が直面する難題へのエンパワーメントと対処方法に焦点を当てています。

すべての患者は唯一無二の存在なので、個別のプログラムに基づいた治療を行います。この方法は、精神疾患を発症している人が、生きる意味、希望、そして個人として成長する機会を見つけるサポートをする治療です。

心理社会的リハビリテーション法

リハビリテーションの方法はさまざまですが、主な介入は、精神疾患という自分の持つ障害への認識を高め、認知能力を訓練して、患者が仕事や社会生活に順応するのを助けるためのサポートと教育を提供することなどで構成されています。

患者の多くは、自分の病気に完全に気づいているわけではありません。心理社会的リハビリテーション中に、患者が自分の病気の症状を認識し、症状に気づいたときにサポートを求め、いくつかのセルフケアガイドラインに従う方法を学びます。

認知能力トレーニングは、心理社会的リハビリテーションのもう1つの重要な側面です。このトレーニングは、注意力と集中力を向上させるためのテクニック、分類、計画、および記憶などにも焦点を合わせています。患者はまた、個人的および専門的な環境におけるソーシャルスキルの習得にも取り組んでいます。

心理社会的リハビリテーションの重要な原則

いくつかの基本原則の中には、心理社会的リハビリテーションを実践するメンタルヘルスの専門家が使用しているものがあります。

まず第一に、このアプローチは、各個人の成長と発達の可能性に重点を置いていることに加え、自己決定権について患者が学ぶことにも焦点を当てています。このアプローチは、患者が病気よりも個人の強みでもある長所に重点を置き、すべての人のニーズが異なるという事実を強調しています。

心理社会的リハビリテーション 生活を再構築する

包括的なアプローチ

ホリスティックアプローチと呼ばれることもある包括的なアプローチを用いた治療は、ソーシャルスキル、自尊心、問題解決力、回復力と訳されることもあるレジリエンス、そしてストレス管理など、患者の能力を伸ばすことを最終目標としており、さまざまな角度から包括的に働きかけて機能します。

仕事の面において、心理社会的リハビリテーションを実践する人は、自分が生産的であると感じているときに、社会とのつながりについてより前向きに感じると考えられます。このアプローチは、患者の自尊心を高め、生活の質を向上させるのに役立ちます。

自分が住んでいる場所と社会的関係を持つこともリハビリテーションプログラムの一部です。目標は、精神障害のある患者が、一人で、または家族と一緒に、可能な限り自宅で生活できるようにすることです。シェエアハウスなども良い選択肢の一つです。

精神疾患を発症している患者は、自分たちの精神状態が原因で、様々な人間関係が悪化するのを目にすることがあります。言語コミュニケーションや非言語的コミュニケーション、そして共感力などの社会的な能力を訓練することで、患者が帰属意識を感じ、基本的な社会的ニーズを網羅するのを助けるために重要です。

心理社会的リハビリテーションの有効性

多くの科学的証拠が、心理社会的リハビリテーションの有効性を裏付けています。ある研究によると、精神障害が生活の質に悪影響を与えている患者には、心理社会的リハビリテーションが効果をもたらすことがわかりました。世界中の多くの国がこのアプローチを使用しています。

心理社会的リハビリテーションは、患者が社会生活に復活し、仕事に戻り、自立した生活を楽しむのに役立つのです。

Wang, L., Zhou, J., Yu, X., Qiu, J., & Wang, B. (2013). Psychosocial Rehabilitation Training in the Treatment of Schizophrenia Outpatients: A Randomized, Psychosocial Rehabilitation training-and Monomedication-Controlled Study. Pakistan journal of medical sciences, 29(2), 597–600.

Sundaram, S. K., & Kumar, S. (2018). Tracing the development of psychosocial rehabilitation from its origin to the current with emphasis on the Indian context. Indian journal of psychiatry, 60(Suppl 2), S253–S257. doi:10.4103/psychiatry.IndianJPsychiatry_437_17

Cherry, Kendra (2019) What Is Psychosocial Rehabilitation? Verywell Mind. Recuperado de https://www.verywellmind.com/psychosocial-rehabilitation-4589796