感情は選べないが、その対処法は選べる

· 2019年1月24日

嫉妬したり、怒ったり、悲しくなったりすることは、呼吸をすることと同じです。これらの感情を感じて恥じることもありますが、人間が本来持つものです。これらの感情を拒否したり、その表現方法を理解しなかったりすると、かなり不安な状態になります。

常に感情を制御しようとするのは、どんなに頑張っても負け戦です。しかし、自分が口に出したり行ったりすることに注意していなくてはならない感情もあります。これはあなた自身の責任です。

自分が望んでいる通りに物事が行くとは限らないということを常に心に留めておきましょう。こうすることによって、物事が手に負えなくなってきたからといって、苛立ったり、怒ったり、鬱になることを防げます。これはすべて時間とエネルギーの無駄です。しかし、ここでの嬉しい知らせは、このような感情をどうするかは自分でコントロールできるということです。より深く見てみましょう…

人間として、幸せになりたいし、みじめさから逃れたいと思います。幸せへの鍵は、内面の平安です。内面の平安への最大の障害は、怒り、愛着、恐怖などの心をかき乱す感情です。愛やおもいやり、責任感などは、平安と幸せの源です。

-ダライ・ラマ-

感情には適応機能がある

感情には深いメッセージがあります。人生で何かが起こっていることを教えてくれます。中には、何かが注意を必要としていることを教えてくれているのかもしれません。例えば、不安症は危険が迫っていることを教えてくれます。悲しみは、受け入れなくてはならない喪失が訪れた際に起こります。鍵は、感情を読み取る方法を学び、自分をよりよく知って、意識的な措置を講じることです。

どの感情も役立ちます。だから、それに反抗する必要はありません。逆に、感情を感じて、理解して、耳を傾けなければいけません。こうして初めて、身に起こる問題や困難への直面方法を考えることができます。

花

悲しみ、いらだち、嫉妬などのネガティブな感情を経験するとき、それを恐れる必要はありません。これらの感情をどう意識するか知ることで、目の前にある問題の扱い方がわかってきます。私たちを成長させてくれるのです。とは言っても、制御することが出来ないほどネガティブな感情が強くなってしまったときは、専門家の助けを探すことも重要です。訓練を受けた専門家が、人間関係や自分自身へのマイナスな影響を回避する助けとなってくれます。

ポジティブな感情も忘れてはいけません。最も力強いものは、幸福です。こういったタイプの感情は、均衡が取れた方法で表現さえすれば、いつも適応可能です。これらの感情のメッセージは、わたしたちが人生において良い時間を過ごしていることを教えてくれます。幸福のメッセンジャーです。

「心の知能がある人は、4つの分野の能力を持っている。感情を特定、利用、理解、制御できる能力だ。」

-ジョン・メイヤー-

どうやって感情的に自制できるのか

自分の感情を経験する方法を知るための魔法のような方程式は存在しません。しかし、自分の感情を拒絶したり、抑制したりすることはよくありません。これによって、害にしかならない変性感情状態に陥ってしまいます。完璧ででいたいという欲求によって、「本物」でいることから遠ざかってしまいます。あなたはロボットでもスーパーマンでもありません。あなたは人であり、人は様々な感情を感じるものです。

「感情を制御するというのは、本当にストレスが多く消耗させるような感情についての話です。感情的でいること自体は、人生を豊かにしてくれるのです。」

-ダニエル・ゴールマン-

にじむ

お分かりいただけると思いますが、感情が激しくなりすぎたり、長く続きすぎたりする場合、あなたがそれを経験している方法に問題があるということです。もしかして、制御不可能なことを制御しようとしているのかもしれません。自分に物事がこうあるべきであると言い聞かせますが、常に望むようにいくわけではありません。自分の価値観や原理に沿って周りの人が行動するわけでもありません。それは常に覚えておきましょう。

制御できるのは、感じていることの対処法だけです。これを行うためには、まずそれを特定しなくてはいけません。それから、このような感情を健全に表現する方法を考えましょう。自分の成長のために利用しましょう。別の言葉で言えば、感情の責任を取りましょう。

私たちが何を経験するかは、自分がいる状況に寄ります。自分の感情の対処法を選ぶことは、あなたの責任です。結局、感じることを選ぶのではなく、感情の管理の仕方を知っていることが重要なのです。

Ben-Ze’ev, A. (1994). Understanding emotions. History of European Ideas. https://doi.org/10.1016/0191-6599(94)90151-1 Ekman, P. (2004). Emotions revealed. Times Books. https://doi.org/10.1002/bsl Evans, H. M. (2000). The Emotional Brain: The Mysterious Underpinnings of Emotional Life. Neuropsychoanalysis. https://doi.org/10.1080/15294145.2000.10773288