新鮮な空気の中で運動し、心を癒す

06 9月, 2019
 

恋人とうまくいかなかった時の心の痛みは、とても苦しいものです。心が元に戻ることはないと感じ、エネルギーを奪われ、前が見えなくなります。

別れた後の空虚感から立ち直るために、運動をするという方法があります。特に、新鮮な空気の中で運動をすると、とても良い効果があります。体の緊張をほぐすことができます。脳に、エンドルフィンという神経伝達物質が放出され、体や心の痛みを軽減し、良い気分になります。詳しく見ていきましょう。

 

心と体のつながり

恋人と別れた時、心の痛みを感じ、体にも何らかの反応が起こります。体を怪我した時、脳のある部分が刺激されます。実際、愛を拒まれた時、愛する人を失くした時も同じ部分が刺激されるという研究結果も多数あります。

鼓動

感情や心の状態が体に影響するのはそのためです。また、反対に、身体的ストレス、疲労がたまると、心に影響を及ぼします。

心と体はつながっているのです。そうではないと思いたいかもしれませんが、心と体は一緒に作用し、影響しあっています。この深いつながりがあるため、心の傷を癒すのに運動が効果を発揮します。心を大切にすることは、体を大切にすることであり、体を大切にすることは、心を大切にすることです。

 

新鮮な空気の中で運動することは、心の傷を癒す何よりの活動です。ただ自然を体感することで、他では得られない様々な効果が得られます。

心の傷を癒すためには、新鮮な空気の中で運動をすると良い。心の傷に伴う怒りや悲しみを軽減する。

 

怒りを止め、希望を得る

運動は、恋によって傷ついた心を縫い合わせる助けになります。特に、新鮮な空気の中での運動がお勧めです。

自然の中でランニング、ウォーキング、その他の運動を行っていると、この世界における自分の真の居場所を思い出すでしょう。また、自分がとても小さな存在であることと同時に、力強さを感じることができます。私達は生命のエネルギーなのです。

ゴールを目指し、前へ進むために乗り越える穴や岩、障害物すべてが宝であり、怒りを放出してくれます。脳に放出されるエンドルフィンのおかげで、怒りはなくなり、少しずつ希望の道を進むことができます。内なるエネルギーを見出し、傷をきれいにし、時間と共に、自分の真髄を再認識するようになります。

運動は、続けることと努力が困難を価値あるものにする、という良い例です。別れから立ち直り、自分を取り戻す助けになります。

自然には多くの答えがある。それは、新たな可能性であり、怒りのネガティブなエネルギーをポジティブなものに変え、前へ進むための答えである。

新鮮な空気の中で運動
 

 

自然が視野を広げる

新鮮な空気の中で運動をすると、怒りがおさまるだけではありません。人生の見方を変え、困難や障害に立ち向かう力になります。自然に囲まれ、立ち止まり、その美しさを見渡すことで、心を落ち着かせ、視野を広げることができます。

とてもシンプルで、いつも見ている風景、広大な自然の中にある要素や調和を観察すると、今まで思いつかなかったようなことが浮かび、また、理解できるようになるでしょう。

自然の中で得られる感覚は、瞑想にも似ています。怒りをおさめ、不安を軽減し、心がスッキリします。自然の中で運動することで、平和の国に来たような感覚になれるかもしれません。自然の素朴さ、寛大さ、超越、「無常」、連鎖…これらすべてが物事の理解を深め、何が重要で、何がそうでないかに気づかせてくれます

「希望は、砕けた夢の灰の中から、不死鳥のように現れる。」

-S.A.ザックス-

瞑想

 

自然と許し

最後になりますが、重要な点が一つあります。自然の中で運動すると、今まで味わった苦い経験が浄化されます。力強く平和な自然が、人に健康をもたらし、新たな希望を見出してくれます。さらに、許しという新たな能力を得ることも重要です。別れによる空虚感や痛みから離れた所に素敵な場所があるという希望や望みを持つためには、まず、許さなければなりません。

 

これまで見てきたように、新鮮な空気の中で運動をすることで、心の痛みを軽減し、心をスッキリさせ、前へ進む力を得ることができます。心が傷ついたとしても、それを修復する方法を見出せばいいのです。運動と自然は、そのための一番の方法と言えるでしょう。