思慮深さは勇敢な知性

· 2017年12月15日

思慮深さを退屈だと考える人は、思慮深さの真の価値を軽視したり無視していることがほとんどです。他の人と交流するときや、楽しく過ごしたいのに何も面白い話がないときに、私たちは噂話をしがちですが、これは正しい行動ではありません。

また勇敢さと頑固さを勘違いし、この二つを分ける思慮深さという線引きが非常に大切である事実を無視する傾向も見られます。

勇敢な人は自分の恐怖心を考慮した上で乗り越え、頑固な人は恐怖心を計算の上で無視するため、勇敢な人はほとんど何かに負けることはありませんが、頑固な人が失敗したり負けるのは、この自己認識の欠如が原因です。

誰もがある程度、自分自身や他人について話すことを楽しみますが、他人に対して誤った評価をし、 越えては行けない線を越えて余計なことを口にしてしまうことがあります。その結果、社会的な能力を改善しようと会話を始めたのにもかかわらず、その目的からは遠く離れて失敗する羽目になります。

思慮深くない人のことは誰も信用しません。なぜなら、私たちの前で他人を批判する人は他人に敬意を払うことができない人であり、彼らが他人といるときに私たちのことを敬意をもって話すことはないとみなされるからです。

また、思慮深さに欠ける人は周りの人々の注意を引きたい、グループの中心でいたいと考えます。ここには、周りから認められたいという深い欲望が隠れているため、不適切な発言で周りの人の注意を引こうすることもあります。

このように他人に勝ちたいという思いの強い思慮深さに欠ける人は、最終的に周りの人々の信頼を失うことがほとんどです。

思慮深い人とは?

思慮深い人は他人に対して表面上は敬意を表します。 彼らは秘密を暴露したり、他人を批判したり、他人に不快感を与えたり不快感を感じさせることはありません。 それどころか、思慮深い人たちは、完全な信頼関係を築くことができるため、親密な友情の絆を手に入れます。

2-花をつけた女性

思慮深さを実践する人は沈黙を恐れません。 彼らは、余計な話をして無理やり会話を成立させることはないため、周りの人が思慮深い人の言葉に耳を傾けます。他人の話を聞き、他人が話す順番になったら相手に敬意を払います。これが、多くの人が思慮深い人たちとの時間を楽しみたいと考える理由です。

思慮深く賢明な人は、自分がどの状況でいつ話すのかという適切な瞬間を理解していますし、自分の発言がどのような結果を生むかを事前に知っています。

人間は間違いを犯す生き物であり、大切なことを学習していきます。何か失敗をした時は、次回何かを話す前に頭の中で一度考えてください。

かつては自分が望んでいることを口にしないことが美徳とされていた時代があり、それが記憶の奥深くに刻み込まれてるかもしれませんが、現在はその逆を行う、つまり思慮深くありながら自分の希望を口にするのが一般的です。

慎重さを重視する人は、親身になるタイプの人です。 彼らは、他人を受け入れる器の大きさがあり、より深い親密さに到達することができます。思慮深い人は、慎重さに関連した相手への敬意や忠誠心といった価値を持っていることがほとんどです。

より慎重になるためには?

 

前述したように、思慮深く賢明であることは、社会的関係を強化するという大きな利点があります。また他人が私たちを礼儀正しく他人に敬意を払える人間だと考え信頼するという効果もあります。

心理学者パトリシア・ラミレス氏によれば、思慮深さは訓練によって手に入れられる能力ですが、常に首尾一貫した状態でいくつかの段階を踏まなくてはいけません。繰り返し練習することで、一緒にいるのが楽しいと周りの人に感じてもらえるような人間へと成長することができます。

何かを発言するとき、それが適切な場所と時間であるかを確認してください。私たちはよく秘密を誰かに話しがちですが、この秘密が自分のものであっても、また他人の話であっても、実は不適切な会話の内容です。

まず自分の目の前にいる人が、私たちが今から口にする発言を本当に聞きたいと考えているのか、また現在の状況と関わりがある内容なのかを考え、それが不適切ならば、自分の中に留める必要があります。

何かを口にすることで誰かを裏切っていないか考える

誰かと親密になったり、信頼している秘密を分かち合うつもりなら、もう一度改めて自分の発言を考えください。 あなたに秘密を告げられた人は、あなたのことを「秘密を保つことができない人」だと感じ、あなたに対して不道徳な印象を受けるため、あなたを二度と信頼することはありません。

噂話をする女性達

 

誰かと共有するには親密すぎる内容を口にしようとしていないか考える

他の人はあなたが話そうとしている秘密や話の内容を本当に知りたいでしょうか?

実はそうではありません。会話の中や話の主題の中には他人と共有すべきではない特定のテーマがあります。自分が口にすべきこと、また他人に話すべきではないことの違いをしっかりと理解してください。

これから口にすることは、それを相手に伝える「許可」を相手から、またその内容に関わっている人からもらっていますか?

あなたが話そうと考えている内容について誰の許可も得ていないのであれば、答えは簡単です。誰かに話してはいけません。この秘密の所有者はあなたではありません。どうしても相手に何か秘密を伝えたいというのであれば、伝える相手が本当に知りたいかどうかを確認した後に自分の話をしましょう。 

 

積極的に話を聞く練習

これは会話に関してだけではありません。私たちは話を聞くのが大好きですし、他人の話に耳を傾けることはとても重要です。自分の話をしたい、自分の話を聞いて欲しい、と思うあまり他人が話しているのを妨害してはいけません。

まずは話を聞いて、自分の質問をしっかりと考えることから始めてください。沈黙を恐れる必要はありません。沈黙は会話を相手に委ねるとてもいい機会です。

質問をされたくないのであれば、自分の意見を言ったりアドバイスをしようと考えてはいけません。このタイプは非常に厄介です。誰かがアドバイスを必要としている時にアドバイスをするのはとても素晴らしいことですが、まずはアドバイスを必要としているのか尋ねることが重要です。

私たちにとって役立つ有益な情報も、他人にとって有益だとは限りません。また周りにアドバイスをもらわなくても自分の中で答えが出ていることがほとんどです。

建設的な意見を相手に示すのでなければ批判してはいけない

批判が誰にも役立たないなら、なぜ人は批判を口にするのでしょうか?

他人について話をする時は、何かを足したり引いたりせず、全てをありのままに話すことが大切です。誰かが着ているドレスについて話している時、そのドレスを変更するのが不可能な状態にいる人に向かって「そのドレスは良くない」というのは全く意味のないことです。ドレスについてアドバイスをするのであれば、替わりのドレスを持っているか別のプランを用意している状態で相手に伝える必要があります。

お茶を飲む女性達

相手からの見返りが欲しいからと他人に親切にするのはやめましょう。他人への親切などの行為は、何かを得ることを意図して行うのではなく、誰かを助ける喜びを得るために行うべきで、決して何かを期待してはいけません。

慎重に、そして思慮深くなるために手に入れる必要があるもの、それは敬意、礼儀、忠誠心、そして信頼です。これらをすべて大切にし、利己的で自分勝手な結果に終わったとしても、これらを手に入れることで、私たちに大きな利益をもたらします。