嫉妬ー脅威ではなく機会として捉える

2019年4月7日

パートナーが他の人に話しかける度に感じるこの不快感を、どのようになくしたらよいでしょうか?特に、潜在的な敵となり得る人が相手の時です。嫉妬に押しつぶされそうになった時に何をしたらよいでしょうか。嫉妬や不安への建設的なアプローチを見つけることは可能でしょうか。

嫉妬は、わたしたちの多くにとって旅の仲間です。想像力がありすぎるために沸き起こってしまうことがよくあります。カギは、嫉妬を、正しく健全な場所である中立地点に現れる勾配として認識することにあります。極端でいることは危険です。これによって自滅へ向かいます。代わりに、中立地点にとどまることで、経験している嫉妬はより健全に耐えやすくなります。

嫉妬を感じたときの苦しみを防止するための重要な要因も存在します。恋愛関係において養わなくてはいけない要因です。つまり、コミュニケーションです。何が起こっているのか、相手のふるまいで気に入らないことを理解し、これを伝えるとき、言葉が問題になります。言葉から解決策を見つけることができます。

さらに、他人に対する信頼もカギです。恋人を信頼することで、安心感を得ます。このようにいることで、嫉妬を感じていても落ち着いていられます。自分で作り出した穏やかな平安が、幸せと尊重に基づいた相互的な道であると理解することで、安心することができます。

嫉妬からわかること

嫉妬は、相手との関係よりも、それを感じている本人について語ってくれます。嫉妬の感情は、不信感、不安、自尊心の欠落に関連しています。だから対策することが重要です。嫉妬を感じやすい人は特に気を付けるべきです。そうでなければ、内面的な対立が後の関係で問題に発展していきます。

携帯

誰かと人生を共有することを選ぶことは、自由に基づいています。また、交際というのは、一緒に歩んでいくことを決めた二人の人間からなることを意識していなくてはいけません。この2つの側面が、恋人は自分の所有物ではないという理解と共に持たれていなくてはいけません。こうすることで、嫉妬が現れたときに、自分自身の恐怖が化けたものであると認識することが容易になります。一人になる恐怖、パートナーを失う恐怖、より良いパートナーを見つけられるかもしれないという想像の恐怖です。

自分自身、そして交際自体に自信が持てていて、高い自尊心を持っていることで、真実を見ることができます。あなたのパートナーは、自身の自由な決断の元、あなたのそばにいることを決めた人です。誰も他人の所有物ではないのです。決して忘れないでください。

「特に恋愛関係を楽しめる心地よいスペースにするためには、自分の腕を広げることができることです。誰かにべったりとすることではありません。他人との本当の意味での出会いは、自由の中でのみ楽しむことができます。コミットメントするから愛するのではなく、愛するからコミットメントするのです。」
-ホルヘ・ブカイ-

嫉妬の建設的な部分を発見する

嫉妬の裏側にある思考プロセスを発見したら、嫉妬から得られるポジティブなものを見つけてみましょう。すでにお話ししたように、カギは機能的で理解のある限度を設定することにあります。衝動的に嫉妬にかられそうになる時、これらの限度を実践してください。嫉妬の裏側には、自分や交際関係を構築するチャンスがあるのです。

嫉妬を感じるとき、頭の中に浮かぶ思考のハリケーンに影響を受けることを許してしまうのではなく、パートナーが重要であるということに気づくことができます。自分の感じていることを無視することではなく、それを意識することです。少しずつもっとポジティブな視点からコントロールすることです。こうすることで、恐怖を感謝の感情に変えることができます。そばにいる人は、あなたとの幸せを感じるためのすべてを見つけ続けている人だからです。

手つなぎ
嫉妬を味方に変えることができる

自分の交際に適応したら、嫉妬は毎日共有する愛情を育てるべきであるという警告として認識できます。特に、関係をより強く継続させるためです。魔法の火を絶やさないためにお互いを驚かせ続けることが重要です。

一方、嫉妬は交際関係の中で欠けているものを気づかせてくれることもあります。パートナーがあなたに共有してもらいたいと思うことに気づいたら、今こそそれが何であるかを突き止めて、可能であれば貢献できるかどうかを知りましょう。

嫉妬は、交際において、より親密感を生み出してくれることもあります。相手に自分の恐怖と魂をさらけ出す自信と余裕を持ったら、コミュニケーションに基づく解決策へ導く親密性を生み出します。弱さは利用して、強みにしていくべきです。力に変換して、その中にポジティブな側面を見出しましょう。より健全な愛情を構築するためにこれを行ってください。