死を受け入れることを学ぶ

· 2018年6月4日

私たちが人生の真実である「死」を受け入れることがどれほど難しいのかは、とても奇妙なことです。最終的には私たちは皆死ぬというのは絶対的な真実です。誰もこの運命から逃れることはできませんが、私たちはそれを無視または回避しようとしながら、人生の大部分を過ごしています。死に関係する考えや会話を避ける人もいます。

しかし、いつもそうであったわけではありません。例えば、古代エジプトでは、死は日々の問題でした。ファラオと貴族、そして奴隷たちは、死の準備に生活の大部分を費やしました。通常、その時代の王はかなり前もって贅沢な墓を設計しました。彼らは人生が物理的な死で終わるとは信じていませんでした。

死を考えて眠り、人生が短いことを考えながら起きなさい

ことわざ

古代ローマ人にも、彼らの死に対する考え方を反映する習慣がありました。偉大な将軍が軍事的勝利を勝ち取ったとき、将軍は町の大通りの真ん中を行進しました。誰もが声援を送りました。

しかし、その後ろにいる一人の使用人が、彼の耳に「Memento Mori」という言葉を繰り返さなければなりませんでした。それは、「いつか必ず死ぬことを忘れるな」という意味です。彼らは栄光の時間を早く終わらせようとしていたのではありません。どれだけ大きな勝利も、死を免除してはくれないということを再認識させたかったのです。

希望と目的としての死

中世は、少なくとも西洋では、宗教的反啓蒙主義の時代でした。世界は神の創造物とみなされ、その中で起こったすべては神の論理の中で意味を持っていました。死は神との出会いを許す一歩でした。肉体的な人生は、その絶対的かつ永遠の存在へのプロローグの一種にすぎませんでした。

手に苔が生えている

本当にその時代をよく捉えているのは、サンタ・テレサ・デ・アビラの詩「Vivo sin vivir en mi(自身の中に生きずに生きる)」です。最初の一句:

自身の中に生きることなく生きる

そうすることで、私は望む

死なないから死することを

これは希望としての死の考えを反映しています。しかし、人間の生命が終わることを信じることができない考えはこの詩にも残っています。それでも、死の現実は完全に受け入れられています。彼らは、死が話され記憶されるべきだという事実を受け入れるのに苦労しませんでした。それは象徴的な説明を与えられ、準備するものとして見られていました。

現代における死を受け入れるための闘い

科学は、時間の経過とともに多くの人々の想像を失望させました。その真理のいくつかは今でもまだ多くの人々に抵抗されています。近代は新しい科学をもたらしました。この新科学時代の幕開けにあったレオナルド・ダ・ヴィンチ(Leonardo Da Vinci)は、勇敢にも人体解剖に取り組みました。これにより、死に対する神聖な栄光が壊れ始めました。

レオナルド・ダ・ヴィンチ

それから、偉大な医者や科学者達が死に対抗するようになります。この問題は、宗教的なものではなく、科学的なものに変わっていきました。つまりこの新しい知識の目的の1つは、今や最高のものと見なされるようになった人生を延ばすことでした。人間は進化した哺乳類であり、生物学の法則が他の動物と同じように私たちに適用されていることも発見されました。

思想家のグループは、神を信じることをやめ、物理的な人生を超えた何かがあると考え始めました。これを受けて、さまざまな動きが出てきました。そのうちの2つは、ニヒリズム(虚無主義)と実存主義です。これらの考え方に従った人々は、失望と批判の間のどこかにいました。

死に直面する

産業革命は大量生産とその生産性に限界がないという感覚をもたらしました。歴史が終わり、前例のない技術革命が起こりましたそして私たちは一時的な、使い捨ての世界に入りました。短いライフサイクルは、再び終了しまた始まるだけです。

死の考えは薄れてきました。それは人間の不安から消え始めました。死を考える時間はほぼ完全に仕事に取って代わられていいます。今の生活リズムは、私たちが次の一時間の計画を立てる時間すら与えません。私たちの死は放置されています。あたかも死が悲惨な驚きになったかのようです。

モノクロの目

死に対する拒絶が強すぎて、悲しむことすらできない人すらいます。彼らはすぐにそれを乗り越えようとします。できるだけ早く自分のルーティーンに戻らなければ、いつもの心配事に戻るべき、それは現実的ではない、もしくは少なくとも、それが遠いものであると思うふりをしよう…といった具合です。

死について考えることの利点は何?なぜ死を避けられない現実として受け入れるの?これらは多くの人々が疑問に思うことです。その答えは、私たちの多くを悩ませる、うつ病と不安の下に潜んでいます。もし私たちが死を受け入れるなら、それは本当に生きる方法を学ぶための特別な方法となるでしょう。おそらく、すべてが最終的には終わるということが理解できた時、この世で生きる意味を見つけるでしょう。