初心者のヨガ:体と心を調和する素晴らしさ

2018年10月9日 in 好奇心 0 シェア済み
ヨガをする人々

初心者のためのヨガは、ヨガがどんなエクササイズで、精神にどのような影響があるか興味がある方にぴったりです。また、ストレス、不安、不眠症に悩まされている方にもセラピーとしての効果があります。始める理由がどうであれ、ヨガの効果を発見できる基礎的なポーズ(アーサナ)を紹介します。

毎日ヨガをすると、これまでの人生観が変わるという人もいます。何かが変化するのでしょう。いくつかのポーズが組み込まれたトレーニングだと考えると、人生観がかわるなんて大げさに聞こえますよね。しかし、単なるエクササイズではありません。なぜならヨガは、身体面を超えて、感情、精神面にも効果があり、現状の色々な面のバランスをとってくれるからです。

ヨガはサンスクリット語が語源で、統一という意味です。またヒンドゥー教、仏教、ジャイナ教の瞑想を取り入れています。

ここで紹介するエクササイズは、体と心のすべてに効果的です。強くてしなやかな体と、ぶれない心を育ててくれます。ヨガをすることで、感受性が豊かで、壮大な精神が手に入るという人もいます。大げさかどうかは別として、ヨガは、特に精神の健康にもたらす効果を証明したアメリカ心理学協会のような団体にも推奨されているエクササイズです。

どんな時でも、新しいことに挑戦するのはいいことです。それがポジティブなことで、満足感を与えてくれることならなおさらです。サンスクリット語で「統一」を意味する、このインドからきたエクササイズが、あなたにどんな影響をあたえてくれるのか、試してみてはいかがですか?

ヨガをする女性

初心者のためのヨガ:体と心の声を聞こう

ヨガには、初心者のためのヨガと、もうすでに自分の体が何を欲していて、どのポーズが自分のバランスと健康に必要かがわかっている人のためのヨガがあります。ヨガをやったことがない方が、無理していきなり難しいポーズをするのはやめましょう。不必要な怪我をするリスクがあります。

ゆっくり始めて、ヨガがどんな影響を与えてくれるのかを知っていくのが良いでしょう。最初に書きましたが、ヨガは体を使ってポーズをしているだけのエクササイズではありません。ヨガは深呼吸と、瞑想を取り入れ、体をストレッチしていきます。続けることで、引き締まったしなやかな体、肺活量の向上、バランスが取れた心拍、関節痛の軽減などが期待できます。

ぜひトライしてみてください。初心者のためのヨガポーズから始めて、バランスが取れた状態で試してみましょう。

1、戦士のポーズ

ヨガでは「アーサナ」(ポーズ)をとりエクササイズします。ポーズを取ることで、体と親密で静かなやりとりをすることができるようになります。そうすると、自分をよく知ることができ、体と心の現状を受け入れることができます。色々なアーサナをみてみると、予防医学の理にかなっていて、ヨガをはじめるにはぴったりなものがたくさんあります。このポーズもその一つです。以下がポーズの仕方です。

戦士のポーズ

  • マットの上に立ちましょう。
  • 足を大きく広げ、前の足は前を向けて、後ろの足は60度の位置に置きましょう。
  • 足の裏で床を感じましょう。この足裏が強さの源であり、サポートしてくれます。
  • では、この状態から、前の足を太ももが床と平行になるまで曲げましょう。
  • 膝とかかとが一直線上にあるか確かめましょう。
  • 背中をまっすぐにして、腕をあげます。

2、上向きの犬のポーズ

初心者のためのヨガでは、上向きの犬のポーズと下向きの犬のポーズがもっとも有名なポーズでしょう。しかし、ヨガを一度もやったことがないなら、簡単な上向きの犬のポーズから始めると良いでしょう。

上向き犬のポーズ

  • マットの上にうつ伏せになります。
  • 両手を肩の位置に持ってきて、手のひらを床について、体を少しづつ持ち上げます。
  • 背中を反らせるのと同時に、腕を伸ばしましょう。
  • 次に、腰と膝を床からあげます。腕から持ち上げるようにしましょう。
  • 無理がない程度に、肩甲骨をくっつけるイメージをしましょう。すると胸骨が外側に向くはずです。腰に圧力をかけすぎるのはよくありません。

3、バタフライのポーズ

お気に入りのポーズになるはずです。バッダ・コーナとも呼ばれ、初心者には最適なポーズです、ヨガの中で最も大切なポーズの一つです。下記のステップにしたがって行ってみましょう。

バタフライのポーズ

  • 床に座って、背中をまっすぐします。膝を曲げて両方の足裏をくっつけます。力はいりません。痛みがない、心地よい姿勢を探しましょう。
  • 膝が両側に開くのを感じ、鼠蹊部と、筋肉を内側に少し入れ込みましょう。
  • 心地よい姿勢が見つかったら、膝を少しずつ開き、お尻に重心をかけていきましょう。背中は常にまっすぐにしておきます。
  • ここで、足の親指を掴み、少しづつ離していきましょう。かかとに圧がかかるのを感じましょう。

4、腕を伸ばした子供のポーズ

子供のポーズ

初心者のためのヨガのなかでは、腕を伸ばした子供のポーズ(ウッティタ・バーラ・アーサナ)は、一番よく知られていて、リラックスできるポーズです。一度やってみると、精神洗浄効果があり、とても良いこのポーズをいつもやりたくなるでしょう。下記のステップに従い行ってみてください。

  • マットの上に正座します。
  • 両足のかかとと親指をくっつけておきましょう。
  • 上半身を前に倒し、両腕を頭の前に伸ばします。
  • 手のひらを広げて、マットに置きます。
  • おでこを床について、深呼吸しましょう。

初心者のためのヨガも、決してシンプルではありません。リラックス効果があり、過剰な筋肉の緊張と張りを解消してくれます。無理せず、体の限界を観察しながら新しい、難しめのアーサナも取り入れるといいでしょう。そうすれば、この伝統あるトレーニングのさらなる効果を経験できます。

あなたへおすすめ