小児期の感情的支援の大切さ

· 2018年5月9日

幼児期における情緒的支援、特に生まれてから最初の1年が非常に重要であることが、研究により明らかになっています。それは子供の感情だけでなく、子供の脳の発達に影響を与えます。子供の環境は非常に重要です。子供が置かれた環境は彼らの情緒を調整や、健康的な精神を育むことに影響するのです。

小児期の情緒的支援は、赤ちゃんと保護者との間に安定した絆を形成することを可能にします。この絆は、赤ちゃんのニーズが満たされていることを保証しています。それは、親密で感情的なつながりを作り出すチャンスです。そして、安全で健康的な愛着を形成します。

男の子とお母さん

適切な情緒的支援において分かっている利点以外にも、科学者は様々な分野においてその影響を研究してきました。私たちは、子供の精神的健康と感情規制が有益であることを見出せます。子供の情緒的支援が認知発達につながることも確認されています。

小児期の情緒的支援

子供たちはまだ自分の感情をうまくコントロールすることができません。彼らが必要なときに与えられた身体的、そして感情的な接触は、彼らを元気付けます。彼らが成長するにつれて、自分の感情をコントロールする方法を学びます。つまり彼らは保護者がいなくてもそれができるようになり始めます。

この初期の情緒発達は、彼らの脳に直接的な影響を与えます。生物学、置かれた環境、精神能力のすべてが脳の発達に関連していることを覚えておきましょう。外部刺激が豊富な環境で育つことは、脳が成熟するのに役立ちます。

小児期は、大人になってからその影響を表す重要な側面が発達するとても敏感な時期です。この段階では、子供たちは周囲に関連する新しい情報を集め始めます。彼らの脳はまさに発達中です。神経可塑性は重要な瞬間です。置かれた環境は、その開発の方向性とスピードを大きく左右します。

小児期における情緒的支援と海馬の発達

ルビー博士は、小児期の情緒的支援が彼らの脳に与える長期的な影響を調べるための研究を発足しました。研究者らは、その仮説を検証するために実験室で実験を行いました。実験室の環境では、子供にストレスを感じさせた状況で子供とその母親を観察しました。

部屋の隅で泣く少年

実験的に、子供の手の届くところにプレゼントを置き、それを開けてはいけないと伝えました。研究者が母親の情緒的支援活動に注意を払う間、約8分間、子供は待たなければなりません。その後、研究者は小児から青年期までの3回の脳スキャンを行いました。

母親の情緒的支援を得た子供の海馬は、母親からの支援が少ない子どもの2倍の速さで成長しました。この研究者らによると、この結果は、海馬の成長が初期のメンタルサポートを受けた経験によって影響を受けることを示しています。

この研究から分かること

この研究から3つの結論を導くことができます。まず、小児期の情緒的支援は、海馬の大きさに長期的な影響を与えます。海馬は、感情、学習、および記憶を制御する脳の領域です。したがって、脳の開発において重要な役割を果たしています。

男の子の頭にある歯車

高レベルの情緒的支援が海馬の発達により影響を与える敏感な期間があります。研究者らは、未就学児期が、その後の成長に最も重要で効果的であることを発見しました。したがって、情緒的支援の量だけでなく、それを受けるタイミングも重要であると結論づけることができます。

健康的な脳の発達は、より良い感情的健康をもたらします。したがって、環境は非常に重要です。学習の面だけでなく、身体的および情緒的発達のためにも非常に重要です。しかしこれは遺伝的要素の重要性を無視するものではありません。むしろ、私たちの周囲の環境が脳の発達に大きな影響力を持つことを示しています。これは、子供達のために、私たちが閉めてはならない「機会の窓」です。彼らのために、私たちは彼らを愛しているのですから。