感情を上手く管理する方法とは?

· 2018年5月2日

あなたが気分を害した時、自分はどのように反応しているのだろうと考えたことはありますか?そして、あなたの態度は気分を良くする助けになっていますか?私達の中にはネガティブな感情を効果的に管理する方法を知らない人もいます。そして、仮に知っていたとしても、そこには改善の余地が残っているはずです。

例えば、失恋の痛みを忘れる為にパーティーに行って飲みあかす人がいるとします。それは一時的に自分の気持ちを紛らわすことは出来ますが、長期的に考えると本当に問題解決に繋がっているでしょうか?この方法以外にも気分を良くする方法は存在しないのでしょうか?

「心の知能指数が高い人は4つの事に長けている。感情を認識すること、感情を使うこと、感情を理解すること、そして、感情を調整することだ。」
-ジョン・メイヤー-

ネガティブな感情を管理する方法を分類する

感情の調整はこのプロセスの全てをカバーしてくれます。私達はこのプロセスを使って感情に影響を与えているのです。そして、感情の調整は気持ちをコントロールすること、そして表現するのを助けてくれます。それは、私達がどのように感情を調整しているかということで、適応(有益で機能的)と不適応(機能的でない)に分けることが出来ます。しかし、私達はどのようにその感情を仕分けているのでしょうか?

その答えを聞く前に、まずは感情を調整する為の様々な方法について掘り下げてみましょう。1つ目のネガティブな感情を管理する方法として、積極的な戦略の使用が挙げられます。例えば、状況を再度肯定的に評価すること、自分の行動への計画、個人の成長の追及、問題を解決するための努力、そして感情の表現などが積極的な戦略として挙げられます。

泣く女性と励ます女性

その一方、私達は受身な方法も使うことがあります。自分の置かれている状況を放棄する、落ち込む、そして、解決の為の努力を費やすことなく諦めるなどはその例です。

また、私達は拒否戦略という方法も持っています。これは、状況を否定して、その状況に距離を置いたり精神的に繋がるのを辞めることです。そして、原因ではなく不安を紛らわす為に一時的な解決策を行うこともあります。(気分を紛らわすための食事や飲酒)

「小さな感情が生活における偉大なリーダーであることを忘れないようにしよう。私達は気付くことなく彼らに従っている。」
-フィンセント・ファン・ゴッホ-

ネガティブな感情を管理出来ないもの

機能的でない感情の調整方法は私達を不安定にします。これは、ネガティブな感情を大切に扱いすぎて、解決を難しくしてしまうのです。適切でない調整方法は様々な結果を生み出しますが、そこにポジティブな結果はありません。怒りがコントロール出来ない、不安症、そしてうつ病はその例です。

上記で述べたように、私達が持っている2つの悪い調整方法は拒否と受身に分けることが出来ます。気分を害した時にその状況を拒否したり、状況に受身になっていると逆効果の結果を生み出してしまうのです。

しかし、そこには一つだけ例外があります。それは非常に強い影響を与える感情的な知らせを受け取った時です。この場合、感情の影響から守ってくれる壁として拒否が機能してくれるのです。このような効果を見せることもありますが、最終的には違う方法で克服する必要があるということを覚えておきましょう。

また、考えすぎも良くありません。全てのことを悪く捉えたり、自分に罪悪感を覚えることばかりに没頭すると良い結果は生まれないのです。ですので、自分を意識することが大切です。それは私達がすべき行動を教えてくれますが、自分に対する同情で行動してしまうと危険な行動に繋がることもあるので気をつけてください。

飲酒や薬物、そして過食などで忘れようとするのも良くありません。一時的に不快感を和らげてくれますが、絆創膏のようにすぐに剥がれ落ちてしまい、飲酒などへの欲求がさらに大きくなってしまうのです。

このような対処法ではネガティブな感情を上手く管理することは出来ません。そして、長期的に見るとその感情は長引いて悪化してしまうでしょう。

「感情は痛みに影響しない。感情の抵抗や抑圧が痛みを引き起こすのだ。」
-フレデリック・ドットソン-

ネガティブな感情を上手く管理してくれるものとは?

上記で紹介した方法は感情を管理してくれない方法でした。では、何が本当に私達を助けてくれるのでしょうか?それは、状況に対して積極的に立ち向かっていく方法です。その中の一つに、状況をポジティブに再度解釈するという方法があり、これは最も重要な方法の一つと言われています。また、行動を起こす為に立ち止まり、しっかり考えることや問題の解決策を探して実現することも大切な方法です。

鉄格子の外を見る女性

さらに、ポジティブな感情を使ってバランスを整えることや、感情を表現して社会的なサポートを求めるのも良い方法と言えるでしょう。つまり、意思決定への最終的な責任が自分の手にあれば、上手く管理することが出来るのです。

現実では、今回紹介した全ての方法を駆使するのは荷が重く感じるかもしれません。しかし、ネガティブな感情を慢性的にしないためには必要なことなのです。この記事を参考にして感情を上手く管理するように心がけてみてください。