週末カップル:新しいタイプの恋愛

· 2018年5月20日

週末カップル。週末にカップルが出かけるちょっとしたロマンチックなホリデーのことではありません。48時間しか続かないで別れてしまうカップルでもありません。土日しか会わないカップルのことです。永遠のハネムーン状態みたいな生き方はうまくいくのでしょうか?

普通だったら、このようなカップル形式を好むのは仕事のキャリアがとてもいい時期にいる人たちです。25歳から35歳の間くらいで、頻繁に見られます。平日にパートナーに捧げる時間があまりないために、週末だけ時間を一緒に過ごします。

 

犠牲の見返り

距離が原因で多くの恋愛関係が破綻します。情熱と愛情が継続されないことで、恋愛関係の間に溝ができます。しかし、少なくとも週末の間は愛の炎を絶やすことがないこれらの関係においては、あまり問題ではありません。この2日間だけは2人の時間です。忙しい仕事の見返りとして、この時間を楽しみます。

さらに、平日はお互いのことを恋しく思うため、週末に会う時にはかなり求め合います。これにより、のぼせ上りのフェーズが長く続きます。つまり、別々に過ごすことが多いため、毎回の週末が初めて一緒に過ごす週末のように感じられます。恋愛関係のポジティブな部分を強調するような断続的なときめきです。

このようなタイプのロマンスのメリットは、一緒に過ごす時間が少ないために自分の最高の部分を見せることができることです。つまらない言い合いに時間を無駄にしません。時間を最大限に活かすために対立に向き合います。代わりに、これによって恋愛関係にプラスになることにフォーカスできます。コーヒーとクッキー

週末カップルのデメリット

どんな恋愛関係でも結婚でも物理的な距離が障害になることは強調しました。週末カップルもこの問題に直面することがあります。毎日のコンタクトがない不安は、お互いに疑念と嫉妬を生み出します。これが毎日起こると、破局や浮気の原因になります。

さらに、毎週ロマンチックなホリデー気分でいることは恋愛関係が前に進んでいるということではありません。このような生き方は物事を複雑にします。お互いこの状況が心地よくなって、どちらも前に進もうとはしません。

無気力と同調と同じ感情です。いらだち、忍耐不足、退屈により、コントロールが効かなくなるような感覚を生み出します。

もっと丈夫で、もっと強く

量は質とは同義語ではないかもしれませんが、このような場合ではそう感じられます。カップルが一緒にいればいるほど、絆と基礎は強まります。これが理由で、関係が距離によって壊れてしまう可能性が減ります。

例えば、どちらかが仕事で一時海外へ行かなくてはいけない付き合って1年のカップルを例にとってみましょう。距離は2人の絆を強めるかもしれません。2人の関係を試し、うまくいけばまた一つ柱が立ちます。

しかし、数カ月だけの関係だったら、関係を保つことができる献身が不十分な可能性がかなり高いのです。

ピンキー

お互いに相性がいいかわかる?

週末カップルは毎回数時間の恋愛関係を生きています。土日にベッド、食事、時間をシェアします。しかし、同じ家に住んで責任を共有しているカップルのように相性がいいかわかるでしょうか?

このような散発的な出会いでは、家のことを相手がどのように行っているかを知ることができません。何かうまくいかないことがあったらどのように反応するか、どのようなマニアなのか、家に帰ったら何をするのが好きか、どう料理するかなどもわかりません。表面的な恋愛関係になってしまいます。週末の間に垣間見えるものもあるかもしれませんが、一緒に住むのとは違います。

リラックス

恋愛関係成功の秘密

しかし、週末カップルは現実に存在します。外野にとっての見え方や恋愛関係のパラメーターが何であるかに基づいて、交際期間を予測することはできません。当事者のみが、自分たちの人生に何が起こっているかを知ることができます。

しかし、うまくいっているカップルに見られる特徴があります。例えば、感心、尊敬、共依存がないことなどです。さらに、お互いの期待が現実的で、お互いを愛することに基づいていなくてはなりません。

もちろん、基礎はコミュニケーションと信頼です。すべてに関して話し合うことができ、自分の考えを非難されたり拒否されることを恐れずに表現できなければなりません。カップルは貴重なハッピーな瞬間を共有しますが、困難な直面した時は自分の信じることを口にしなくてはいけません。

これらすべての特徴が週末カップルには必要です。お互いが可能な範囲でできることをしてください。恋愛関係の中でのこと、距離の影響、この状況に自分が幸せかにフォーカスしてください。

お互いが心地よいと感じたら、健全で長続きする関係になります!