セベクネフェル:型破りの女性ファラオ

2019年8月29日
セベクネフェルはエジプトで公式に認められた初めての女王でした。彼女の性別に縛られない生き方と統治は称賛に値し、もっと広く知られるべきなのです。

「セベクの美」を意味するセベクネフェルは、初めての女性ファラオでした。ご想像の通り、セベクネフェルの人生は驚くべき衝撃的な瞬間で溢れていました。彼女は男性優位の王朝を引き継いだ女性だったのです。

 

セベクネフェルは彼女の強い個性、決意、鋭い知性、そして戦術的な知識を活かしました。革新的な統治者であるセベクネフェルは、主に男性が占めていた権力の座に転がり込んだため、人々の尊敬を勝ち取るためにも懸命に努力を重ねました。

セベクネフェル 女性ファラオ

セベクネフェルについて

セベクネフェルはエジプトの第12王朝で、姉であるネフェルプタは最初に王位を継承し、父親のアメンエムハト3世の前に死去しました。

セベクネフェルは3年10ヶ月に渡りエジプトを統治しました。彼女の建築的業績は古代エジプトで非常に重要なもので、これらにはヘロドトスの迷宮として知られるアメンエムハト3世の葬祭施設と、ヘラクレオポリスマグナの建物が含まれます。

昔の記録からはセベクネフェルの忍耐力が読み取れます。彼女の勇気、強い個性、知性により、セベクネフェルは古代エジプトの最高の支配者の一人となったのです。

合わせて読みたい『メアリー・ウルストンクラフト:世界初のフェミニスト

セベクネフェル 女性ファラオ

 

セベクネフェルを際立たせることとは?

セベクネフェルは古代エジプトの性別に関する規則に従うことはありませんでした。彼女は男性の服に身を包んでいるように描かれていますが、肩書きには女性代名詞を使用しています。すべての女性統治者が彼女のように女性代名詞を使った、あるいは使うことに同意したわけではありません。彼女の肖像画や彫像のいくつかは、珍しい服を着ていたり、権力の象徴を表していたりします。セベクネフェルは女性が高い地位につくことを正規化し、男性と女性の象徴を平等化しようとしたのです。

関連記事『テルマ&ルイーズ:男性社会の中でフェミニズムを叫ぶ

女性であることが恥ずべきと考えられていた時代、セベクネフェルは男性であるふりをしようとしました。古い象徴を女性化するための努力は、彼女の批評家を黙らせる方法であった可能性があります。古代エジプトでは、男性の方が優れていると信じられていたからです。

したがって、男性と女性の組み合わせは、おそらく古典的で名誉あるファラオのイメージを維持しながらも、女性であったという「おまけ」を付けたようなものだったのです。セベクネフェルは男女平等のために戦う強さと粘り強さの象徴です。私たちは皆、自分の人生の支配者であり、運命の司令官なのです。

セベクネフェルと同じように、成功への強い意思があれば歴史にその名を残すことができるでしょう。