組織犯罪の原因とは?

2019年3月26日
組織犯罪とは何でしょうか?どのような要素が組織犯罪を可能にするのでしょうか?この記事を読んで知りましょう!

組織犯罪は、犯罪の形の一つです。こうした犯罪には、ある程度の計画と加担者のスムーズな役割分担が必要になります。犯罪組織も存在し、イタリア系アメリカ人マフィアのカモッラ、コーサ・ノストラ、ンドランゲタといった組織や、日本のやくざ、コロンビアやメキシコのカルテル、ロシアや東ヨーロッパのマフィアなどが存在します。

こうした犯罪組織の中核を成す性質は以下の通りです。

  • 何人かのグループで構成されている
  • ある目的を達成するために相互関係を持つ
  • 様々な任務を持つ
  • 組織建って運営され、あるルールを遵守する
  • 継続的に行動する
  • 主に違法手段で経済的利益を得る目的で結成されている
組織犯罪

組織犯罪の原因とは?

組織犯罪は、運営可能な方法、大掛かりな配属を必要とする行動、グループ内のメンバー間での信頼を必要とします。もし一人でも失敗すれば、目標を達成するのが難しくなり、ギャングのメンバーは刑務所入りになってしまいかねません。

一方で、組織犯罪で活動するメンバーとなってしまう理由を説明する3つの要因があります。それは、動機、機会、機能です。

犯罪組織を始めたり、誰か人を巻き込むためには、まず、そうするための理由と動機がなければいけません。更に、必要となる条件や機会などがある必要があります。近くに犯罪組織がなければ、加入は可能になりません。

最後に、一度、組織に入ってしまえば、利益や機能がなければいけません。組織に安心要素がなかったり、排除されるリスクが高くなれば、動機は弱くなります。

「犯罪などない。回避などない。トリックなどない。詐欺などない。秘密に生きない悪徳などない。」

―ジョーゼフ・ピューリッツァー―

マクロ社会的要因

組織犯罪がどのようにして行われるかを説明する理論がいくつか存在します。マクロ社会的要因は、脆い国家説や不況説について述べています。これらの仮説は、その名が示しているように、不況にある脆い国家が犯罪組織の責任の所在であることを提唱しています。

ですが、犯罪組織は成功した民主的な国家にも存在するため、こうした仮説は理にかないません。

特定の地域における組織犯罪の発祥を理解するのに役立つ他のマクロ要因は、社会的変化です。例えば、民族の移動が組織犯罪を可能にしたり、テクノロジーの飛躍的進歩が新種ドラッグの製造へとつながったりします。

その上、犯罪のある環境は常に更なる犯罪を生み出します。誰かに復讐したいと思う人が必ずいて、他人を悪い形で利用すれば利益を得られるチャンスがあると見る人が必ずいるものです。

その一方で、地形的要因も同等に重要になります。メキシコの状況を例にとってみましょう。メキシコは、コカイン製造国とアメリカというコカインの市場候補に囲まれた国です。

「貧困は、革命と犯罪の親である。」

―アリストテレス―

マイクロ社会的要因

マイクロ社会的要因もまた重要な役割を果たします。組織犯罪の舞台としてある国が最適な場所となることもありますが、結局は、犯罪組織を形成しなければならないのはグループに属するその人達です。そのため、組織犯罪と闘うには、彼らが地位や利益を得られない状態といった要因が重要になります。

同様に、疎外感を感じているグループや少数グループが、犯罪組織を形成し始める可能性があります。これは法や警備団体などによるコントロールの欠如の結果です。

犯罪に関するサブカルチャーも大きく関連します犯罪の多い環境で育った子供は、大人になると犯罪者になる確率が高くなります。そのため、特定のスキルの習得が欠かせません。こうしたことは全て、犯罪組織のメンバーと社交することで助長されます。その関係に相互の信頼がある場合には特にです。

銃弾を見つめる青年

性格

最後に、人的要因も重要な役割を担っています。犯罪組織に属する人のほとんどが男性ですが、女性も所属しています。犯罪組織内の役割は、現在、女性と男性の間で分かれています。

前科があったかどうかや民族、文化、国籍、出身など犯罪組織と共通のアイデンティティを持っているかどうかでメンバーになれるかが決まります。

まとめとして、組織犯罪に手を染める方法や組織犯罪を行っている団体は様々あると言えます。

犯罪者が組織に加入する方法が何であれ、組織犯罪は専門性や特別なスキルが要求されるものなのです。

  • From the Court, L., & Giménez-Salinas, A. (2010). Crime.ogr: Evolution and keys of organized crime . Barcelona: Ariel.