スタンバーグの知能の三頭理論

2019年7月27日
スタンバーグの知能の三頭理論は、分析的知能、創造的知能、文脈的知能で構成されています。それぞれの知能が、非常に具体的な考えやスキルと深く関係します。

多くの人が、知能とは何かについて比較的はっきりとした考えをもっていますが、歴史を通じてみると多様に定義されてきました。ビネー、ウェクスラー、スピアマン、キャッテルなどの専門家が知能に関する理論を発展させています

今日は、コーネル大学教授で心理学者のロバート・スタンバーグの功績、知能の三頭理論に注目します。スタンバーグは、知能を認知心理学の視点から定義しました。「人生に関する現実世界の形や選択、その目的への適応に向かう精神的活動が知能だ」と彼は言います。

言い換えると、知能とは、認知レベルにおける個人の状況の変化や適応を目的とした、その人がもつその状況との関係だとスタンバーグは考えます。

スタンバーグはここにとどまりませんでした。さらに、3つのタイプの知能を表す知能の三頭理論と呼ばれる理論を出しました

  • 分析的知能
  • 創造的知能
  • 文脈的知能

「知能とは変化に適応する能力である」

-ステファン・ホーキング-

スタンバーグ 知能 三頭理論

知能の三頭理論における基本原則

上にあげたように、スタンバーグは分析的知能、創造的知能、文脈的知能の3つのタイプを用いました。それぞれの知能が、3つの副論、構成的、経験的、実践的理論に含まれ、お互いを補完します。

「賢い人は、見つけた機会よりも多くの機会をつくりだす」

-フランシス・ベーコン-

ここで、スタンバーグの理論を説明するため2008年のエリザベス.J.R、ジョージオ.Pの叙述を用います。それでは、見てみましょう!

知能と個人の精神生活との関係:知能の要素

知能の三頭理論は、思考に関わる心理過程の要素を通じて、知能と個人の精神生活を表します。

これらが、スタンバーグの言う分析的知能であり、これらの要素は相互依存し、共同します。

知能と個人の経験の関係

これら3つのタイプの情報処理要素は、個人の経験において様々なタスクや状況に適応されます。初めてすることは、新しいことです。そして、それを続けると、自動的になります。

このタイプの知能がスタンバーグの言う創造的知能です。

知能の文脈:精神的自己統治の機能

スタンバーグの理論では、日常の知能は、常に心に適応的終結をもつ、生活や技術に関わる現実の世界環境の調整や選択だと定義されます。

まず、脳は適応を選びます。それがうまくいかなければ、選択や変化へと移行します。これがスタンバーグの言う3つ目のタイプ、文脈的知能です。

「人の経験から学ぶほど賢い人がいるだろうか」

-ヴォルテール-

知能の三頭理論

知的な人は、自分の望む経験を求める

オルダス・ハクスリーのこの言葉は、個人の望みと知能を結び付けるのにぴったりです。これは特に、教育的現場に関係します。教育の主な目的のひとつは、多様な知能、感情的知能、三頭知能を育むことであるべきでしょう。

この3つのタイプの知能はお互いに支え合い、感情的スキル、認知的スキル、日々の生活におけるその他のスキルを発展させます。

多様な知能の理論を知っておくことで、様々な方法で物事を見ることができ、とても有益でしょう。この知識を教室で適応すると、学習環境や生徒のモチベーションを高めることができるため、この理論を理解することは、特に教育者に役立つかもしれません。

  • Jiménez Rey, E. M., & Perichinsky, G. (2008). La teoría triárquica de la inteligencia de sternberg aplicada a la creación de programas. In X Workshop de Investigadores en Ciencias de la Computación.