全てを子供と相談することの問題点

· 2017年11月7日

過去数十年間、子育ては悪い変革を受けてきました。家族の構造も劇的に変わりました。 子供たちを動産として考えるというパターンから、子供たちが父親の宇宙の中心となるまでに発展しました。

拡大家族は徐々に消えてしまいました。 現在、ほとんどの家族は子供が1人しかいません。そして多くの場合、親は1人だけなのです。これが、子供が親一人の注目だけを受け続ける理由です。これは、他の子供や、かつて子供の育児に大きな影響を及ぼした叔母やおじいちゃんや祖父母に注意を払わなければならなかった時代には起こらなかったことです。

「子供たちに地に足をつけさせておきたいなら、彼らに何らかの責任を負わせなさい。」

-アビゲイル・ヴァン・ブレン

この新しいパターンは、中級クラスと上層クラスの典型です。そしてこれが、子供たちもまた両親のためのステータスシンボルになってしまったという、非常に憂慮すべき事態が生じた理由です。彼らは「大きな投資」なのです。だれが最もかわいくて、多言語を話せて、発達しているかの競争が存在するのです。それは、私たちが考え付く以上の形容詞をどれだけ身に纏えるかの競争です。

子供たちへの過度の注意

子育ての新しいパターンは、完璧な子供を育てようとする試みです。それは親が子供が毎日何をするのかを常に監視しているという特徴があります。しかし、それだけでなく、未来に対する監視もあります。彼らの両親は、歩き始めた時から有望な未来を「設計」しているのです。

子供がこれらの期待に応えることができるように、親の主な役割は、子供がどんな問題にも直面する必要がないようにすることです。トラブルが起きることも計画の内です。なのでそういった親のサポートが存在する場合、両親の助けを借りずにこれらの問題から抜け出す方法を学ぶことははるかに少なくなってしまいます。

一方、両親は非常に大きな不安を抱えています。 彼らは自分自身の権威を恐れているのです。彼らは子供たちにとって一種の 「コーチ」に変わります。 彼らは子供たちに自分たちの欲望と目標を投影し、子供たちとの葛藤を恐れています。彼らは不満が子供に大きく影響することを望んでいません。そのため彼らは限界を設定する前に広範囲に考えているのです。

今日の子供たち

このタイプの集中型の子育ては、有望な結果をもたらすようには見えません。それは、不安定で難しさや欠点に直面できない子供たちを繁殖させる傾向があります。 子供たちは自分が「宇宙の中心」ではなくなったときに行動する方法を知りません。 同時に、一生懸命働かなければほしいものを得ることができないことも理解していません。

この基準で育てられた子供たちは、自分が他の誰よりも優れていると感じています。しかし同時に、その知覚は消滅し、簡単に逆方向にぶれてしまいます。彼らの「自己愛」はすべて、誰もが彼らの行動に拍手を送っていない状況にあるときになくなってしまうのです。

釣りをする父子

 

このような子どもたちは依存する傾向を強めます。もし彼らが岐路に立っていれば、状況を自分で解決しようとする前に両親に電話するでしょう。大人になった場合、自分の恋人が一切批判をせず、すべての言い逃れを我慢するのが愛情の印であると感じています。深いところでは、学んだすべての言語やスキルがあるにもかかわらず、感情的にはまだ無防備な子供のままなのです。

すべてのことに対して子供の意見を求める

この新しい育児スタイルは大きな問題を生み出します。 子供が 「ミニチュアアダルト」であるという考えは有害なのです。親の中には、実際にはその真逆であるのに、子どもの意見を聞くことで子どもの自意識が高まると考えている人もいます。5歳から10歳までの子供は、多くの面で何が彼のために最善であるか分かっていません。その一方で、自律心を発達させるためには完全な服従が必要なのです。

親が設定した制限範囲は、子どもの自由や発達を妨げる手段ではありません。その制限は、彼らが自由に、そして恐れなしで探検できる範囲を与えるためのものです。そして親は世界が安全な場所であると子供に感じさせるための基準点です。子供は、すでに確立された範囲の中で現実が進化すること、そして世界がどのように機能するかを決定するのは子どもではなく、親であることを知るのです。

会話する母親と子供

家族は非対称関係の機関です。 その主な機能は、ある社会の中でいかに自分を機能させるかで、不可能な欲望をあきらめることが不可欠であると知ることです。例えば、負けることがなという望み、全世界が私たちの意志に屈するという望みやすべての人間の中に眠る様々な望みです。

彼らが世界を変えようとする時が来るでしょう。 しかし、彼らは小さい時は、両親によって設定されたガイドラインの中で生きなければならない。多くの不安を抱える親が考えることとは対照的に、子供のために制限を設定するこのプロセスは、将来に投資する最良の方法なのです。