少し立ち止まって、今を感じる

· 2018年6月1日

私たちはしばしば急いで生活し、次のことを常に考えてます。私たちは「しなければならない」またはそう言った義務感に生かされています。この生き方は、自分自身や私たちを取り巻くすべてから切り離してしまうものです。立ちどまって、見て、感じてください。あなたは今ここにいるのです。それを楽しみましょう。

「今」についての伝説があります。それは昔、人間は「今」という鳥と一緒に住んでいたと言う話です。彼らは鳥達を肩に乗せ、鳥達のさえずりを聞いていたといいます。

人間が美しい景色を見たり、誰かと話をしたり、特別な何かを感じたりするたびに、鳥が頭を上げて歌いました。それが、人々が「今」を知った方法です。彼らは今を楽しんでいて、彼らは幸せでした。

「今」という鳥たちは、こういった瞬間に、人間の中に感情を与えました。今のようなテクノロジーがない時代、鳥は人間にもっと激しい生活を送らせていました。やがて何かが変わって、人々は他の鳥と一緒に生きるようになりました。 1匹は黒い羽の鳥(過去)、もう1匹は白い羽の鳥(未来)です。

少しずつ、「今」の鳥たちは歌う機会が減って行き、最終的にまったく歌わないようになってしまいました。今への意識がなくなった瞬間です。しかし、「今」の鳥の伝説はここで終わりません。彼らはもはや私たちの周りを飛ばず、彼らのさえずりは力を失いましたが、「今」の鳥たちは私たち一人ひとりに生き続け、私たちが気づいてくれるのを待っています。

目を閉じて、深呼吸をして、笑顔になれば、「今」の鳥たちの歌が胸に溢れてきます。

Oscar Soria

赤い鳥を手に乗せた女性

急ぐことは決して良いことではない

我々は義務や、会議等によって調整されたスケジュールの中で、次々と変わりゆく生活を経験しています。子供たちでさえスケジュールを詰め込まれています。こういったことを言ったことがあるはずです。「今日は時間がありません」と。

人生はこのようなものであってはなりません。人生は与えられるべきです。人生は何度も私たちに驚きを与えてくれるのは事実ですが、私たちが探しているものが見つかる瞬間はまだまだたくさんあります。

だから、もしそのスケジュールを変更できない場合、自分の見方を変える必要があります。自分の内面を「今」と認識し、それが本当に自分が今いる場所だと理解することです。自分の心と身体をつなげ、急いだり、未来を考えたりしてはいけません。

「未来の鳥」や「過去のささやき」は、私たちの意識の声です。 「今」の鳥が歌っていた曲を思い起こし、それぞれの瞬間を大切にするよう努力しましょう。私たちがしっかり餌を与えれば、それはもっと私たちと一緒になるでしょう。

「今」と繋がり、「今」に生きる

毎日が新しいスタート、新しい「今」を生きるチャンスです昨日の記憶を保ちますが、それでもなお「今」という新しい現実に驚くのです。記憶を記録するには、今を生きることが必要です。今を感じるなら、より強い思い出を作り出せます。

女性の顔と蝶

その反対に、急いで生きている場合は、それぞれの瞬間を感じるために足を止めることはなく、自分が今どこにいるかを観察する機会を逃しています。自身の気持ちを知るのです。周りの音を聞き、なぜそのように感じるのかを理解していきます。一番重要なことは、自分が今そこにいたいかどうかを知る時間を確保することです。

今と接続し、立ち止まって、感じ、ワクワクする。自身の笑顔はこれらの瞬間を私の記憶に記録します。その大切な瞬間を生きているのです。今、残っている部分を続けることができます。「今」の近くに住んでいると、私たちはいつも楽しむことができます。時間は自分なしでは存在しません。自分が「時間」に意味を与えるのです。私たちがあらゆる瞬間に自分自身を認識することができれば、瞬間瞬間を楽しむことができます。