ストレスマネージメントの7つのコツ

· 2018年4月24日

現代社会で最大の問題のひとつであるストレス。特に先進国で著しい問題です。ハイスピードの世界で落ち着いていられるのは簡単ではありません。今日の巨大都市の騒音やよそよそしさにうまく対応するのも簡単ではありません。これらのお陰で、ストレスマネージメントは難しいタスクです。

短期的にも長期的にも、ストレスは精神と体に害をなします。多くの肉体的な病気は、ストレス過多から起こります。同時に、ストレスはわたしたちのこころをブロックするため、しっかりと考えることができず、人間関係に影響を及ぼします。

 

でも、怖がらないでください。ストレスをマネージメントすることは、簡単なメソッドを使えば可能です。ここでご紹介するいくつかのことをやめたり適用したりすればうまくいきます。

「休んでください:休ませた土地は、豊かに実ります。」
-Ovid-
2つのビル

1. ストレスが始まった時を特定する

ぱっと見ほどストレスを認識するのは簡単ではないかもしれません。よく、すでに高いレベルに達してからはじめてストレスを感じていることに気づきます。

ストレスは、物理的・感情的に現れます。すぐに激しさを増したり、しばらく潜んでいたりします。

ストレスの身体的サインは、筋肉の緊張、特に顎、首、肩などです。また、顔も緊張させるため、唇を結んだような表情になります。

感情的に、苦しみが混ざったいらだちの感情が現れます。これらの感情は、このストレスに終止符と打つようにわたしたちに警告しています。

 

2. 呼吸法を学ぶ

呼吸はわたしたちが常に行っていることです。ストレスマネージメントのツールとして常に使えます。生活に平安を取り戻すための素晴らしい方法です。ゆっくりした、リズミカルな呼吸法は、迷走神経を活性化させることが証明されています。

必要なのは、快適なポジションを見つけ、深く息するだけです。肺が空気でいっぱいになるようフォーカスしてください。それから、ゆっくり息を吐き出してください。これを2,3分行ったら、ストレスが軽減します。

3. 意識をそらす

ストレスは戦いあるいは恐怖反応と関連しています。だからすべての意識が緊張を生み出すものに向けられます。

この情動不安の源にフォーカスすればするほど、もっとストレスを感じるようになります。

だから、意識をそらすことが大事です。自分の周りのものを見てください。意識の中でそれを説明してください。できるだけ事細かにです。

それから、他の2つの物体で同じように試してみてください。これはストレスをマネージメントするのに役立ちます。あなたの脈を制限し、身近な感情的な見方を広げます。

ドア

4. リラックスさせるイメージを見る

イメージは、感覚とそれを見る人を繋げます。だから、リラックスさせるものの写真やイメージをそばに置いておくことが大事です。景観、特に孤立した場所あるいは冷たい気候や、緑、たくさんの水関連のものがおすすめです。

あなたがストレスを感じているとき、これらのイメージを見ることでリラックスできます。あなたの精神を情動不安を軽減する快適なものにフォーカスする方法でもあります。

5. 経験を再解釈する
時々、ストレスにフォーカスすると悪化します。もっと苦しみを感じ、できるだけ早くストレスをどうにかしたいと思います。これは簡単とは限らないため、落ち着くどころか心配になります。

ストレスを特定し受け入れ、それからコントロールする方法を試すことが重要です。

現れるすべてのストレスを認識するようにしてください。体はどのように感じますか?あなたはどのように座って、あるいは立っていますか?あなたの呼吸の速さはどうですか?どんな考えがこころに浮かびますか?

これらの質問は、自分の感じることを解釈する助けになります。それから、緊張の感覚は少しずつ消えます。

畑の男性

6. 反ストレスの物理的姿勢を習得する

ストレス姿勢と反ストレス姿勢があります。ストレス姿勢は、例えばひねって足を組んで座ることです。一定のペースで足をひねっているのは、ストレスのサインの可能性があります。背中を丸めたり、顔がこわばっているのもそうです。

逆に、背中をまっすぐにして顔を動かすのは、ストレスマネージメントに有効です。自身と安心感をもたらしてくれるポジションです。 Health Psychologyの研究によれば、この姿勢はコルチゾールの分泌も促してくれます。

7. 手でシンプルなエクササイズをする

2つの手で強く握りこぶしをつくり、それをひらくと、ストレスを軽減することが証明されています。これは激しいジェスチャーであるため、緊張をほぐすのを助けてくれます。

 

これら一つ一つの小さなコツがストレスマネージメントに効果的です。モダン世界ではストレスを感じることが当たり前です。大きな都市に住んでいるならなおさらです。重要なことは、コントロールしようとするよりも、ストレスにとらわれないことです。

握りこぶし