ストレスと甲状腺機能亢進症:深刻な影響との沈黙の関係

· 2018年12月29日

ストレスと甲状腺機能亢進症には、かなり親密な関係があります。しかし、慢性的なストレスが健康に及ぼす影響にわたしたちは気づいていないことがあります。多動性や過覚醒と関連付けられるホルモンであるコルチゾールは、甲状腺の機能に影響があるだけでなく、副腎にも影響を及ぼします。

甲状腺と関係しているこの病気は一般的で、様々な要因から引き起こされることがわかっています。バセドウ病のような自己免疫的な病気、妊娠、脳下垂体の変化、ヨウ素のアンバランスなどの要因で、甲状腺機能低下症や甲状腺機能亢進症を発症します。

自分たちの感情がどれだけ体に影響を及ぼすのかにも、私たちはあまり気づいていません。感情は代謝に影響します「Thyroid Research(甲状腺研究)」などのジャーナルに発表された研究によれば、コルチゾールと甲状腺刺激ホルモンの間には関係があります。

別の言葉で言えば、ストレスは甲状腺機能亢進症のリスク要因です。数か月、数年に及ぶプレッシャー、苦悩、絶え間ない不安が甲状腺機能に影響を及ぼします。

甲状腺機能亢進症は、体内の甲状腺ホルモンが異常値になると発症します。バセドウ病も似たような原因ですが、慢性的なストレスによって甲状腺機能亢進症は引きこされます。

喉

ストレスと甲状腺機能亢進症の関連性

甲状腺の異常に関連する新しい診断が日々されています。甲状腺ホルモンにはたくさんの役割があることを覚えておきましょう。組織を健康に保ち、タンパク質生合成などたくさんの代謝関連の機能を果たします。

そのため、甲状腺機能亢進症の患者は、様々な症状や障害に苦しみます。これらの不快感と関連症状を以下にご紹介します。

  • 変な緊張感と落ち着きのなさ。
  • 気分の揺れが大きくイライラしやすい。
  • 自分が弱いような感覚。
  • 食欲増加。
  • 食欲があるのに体重が減る。
  • 記憶、集中力の問題。
  • 甲状腺腫:甲状腺機能亢進症と関連した症状。のどの腫れ、飲み込みや話すことの困難。
  • 髪の毛の抜けや薄毛。
  • 皮膚が薄くなる。
  • 暑さに耐えられない。
  • 生理不順。
  • 頻拍。
  • 不眠症。
頭痛

さらに、甲状腺関連の病気は、女性よりも男性に影響があります。しかし、診断がされると、わたしたちはその原因が何であるかを考えることをやめてしまいます。

治療法で患者の人生の質は格段に良くなるため、きちんとした治療が重要です。しかし、ストレスと甲状腺機能亢進症の間には直接的な関連があるため、ストレスがどのように生み出されているのかを知る必要があります。

ストレスと甲状腺機能亢進症:甲状腺自己抗体の異常

2012年、オランダの大学がこの2つの関連を調べる広範囲にわたる包括的な研究を行いました。この研究の素晴らしい発見は、『Psychoneuroendocrinology (精神神経内分泌学)』という学術雑誌に発表されています。コルチゾールは、ストレスの多い状況で甲状腺に深刻な影響を及ぼすということが証明されたのです。

  • 甲状腺自己抗体に異常が現れ、体に攻撃をするようになる。疲労感、睡眠障害、消化異常、髪の毛の抜け、肌が薄くなるなどの症状が出る。認知レベルでの変化も見られ、集中力が続かなかったり、気分の揺れが見られたりする。
  • パニック障害の人は甲状腺異常を発症しやすい。併存疾患によって、典型的な甲状腺機能亢進症が出るサイクルが出来上がり、深刻な影響が出たりする。
甲状腺

ストレスによる甲状腺機能亢進症を防ぐ

原因がストレスかどうかに関わらず、甲状腺機能亢進症には明確な治療法があります。プロピルチオウラシルやチアマゾールのような抗甲状腺の薬です。しかし、どの患者のケースも異なります。最も適切で効果的な治療のためには、専門家の判断が必要です。

治療以外で言えば、このような病気を避ける方法を知る必要がります。引き金はストレスとは限りません。自己免疫の病気もあります。しかし、心理的な状態が代謝のシステムの変化を引き起こすこともあるため、これらの状況の対処法を知る必要があります。いくつかの鍵を見てみましょう。

  • 限定的なストレスは甲状腺に影響がない。問題は、本人が対処、制御できない慢性的なストレス。 心配事、複雑な感情、心に引っかかるものに毎日少しずつ対処する必要がある。今日問題になっていることを明日まで先延ばししない。
  • 自分に価値のある時間を与える。一日に少なくとも2時間は自分の時間を持つ。運動やマインドフルネスなどのテクニックを使うことは、ストレスの対処に効果的。
  • 自分の食事を気にかけて、習慣を改善する。質の高い休息とポジディブな人間関係に注力する。

ストレスと甲状腺機能亢進症には関連が見られるため、自分の感情を気にかけることで自分の健康に投資できます。起きて、着替えて、シャワーを浴びるのと同時に、日々自分の内面の感情も気にかけるようにしましょう。