ストレスを感じる先生:教育者への配慮

· 2018年10月27日

プレッシャーを感じている教師は、ストレスの結果そのように感じると考える人がいます。不満や疲労を感じている場合、仕事の質に影響します。教師の仕事の質が下がったら、と考えたらこれは特に問題です。彼らこそ、子どもたちの教育の大部分を担っている人たちだからです。

そのため、先生たちがあまりストレスを感じないようにする方法を考えることは重要です。先生のストレスレベルに影響するたくさんの要因があります。わたしたちみんながその要因に影響を与えることができ、先生たちにとってストレスを感じにくい環境にすることができます。そうすれば、先生たちも能力を最大限に発揮してくれるはずです。

「先生の影響は無限です。彼らの影響は留まることを知りません。」

– ヘンリー・アダムズ-

ストレスを抱えた先生の問題

多くの研究が様々な職種の仕事関連のストレスを分析してきました。第6回スペイン職場状況調査(2007)によれば、54%の先生が仕事関連のストレスを感じています。スペインの教師の半分がそのような状況であると考えると、その数字は恐ろしいものです。

悩む女性

同じ調査では、19.6%の教師が自分の仕事が健康に悪影響を与えていると考えています。それだけではありません。同じような数字が、先生たちが睡眠障害を抱え疲労していることを示しています。多くが、頭痛や緊張・いらだちを感じると報告しています。

2011年、第11回スペイン職場状況調査が行われ、33.9%の調査対象の教師がかなりの仕事量を持っていることがわかりました。仕事をすべて終えるには、残業手当がなくても時間外で働かなくてはいけません。残念ながら、数字は他の似たような調査でも同じような結果です。

「誰かを台座に乗せるなら、それは教師だ。彼らは社会の英雄なのだから。」

– ガイ・カワサキ –

Gil-Monte(ギル・モンテ)によって行われた研究(2012)では、50%の教師が高いストレスレベルを示しているということがわかりました。それだけでなく、これらの高いストレスレベルは、精神的・肉体的病気の可能性も秘めています。不満やプレッシャーは、うつや不安症と比例しているのです。

教師がストレスを最も感じるもの

何が教師にとって最もストレスなのでしょうか?内面的な要因でしょうか?外的な要因でしょうか?今からその疑問に答えていきます。様々な研究が、主なストレスの要因は生徒とその家族であることを示しています。主な理由は、生徒の勉強への興味のなさやモチベーションの欠落です。教室でのしつけも大きなストレス要因になり得ます。チェックのシャツ
生徒の家族は、先生にとって大きなストレスの元になり得ます。先生の努力を認めない傾向にあるからです。親が子どもの教育に協力的でなかったり、支援してくれないこともストレスになります。

これがわたしたちが先生のストレスを軽減してあげるためにできることです。社会として、子どもの親として、教師という仕事がどれだけ大変か認めなくてはいけません。彼らは教育の専門家であって、親と先生との面談での先生のアドバイスは聞き入れるべきであるということも覚えておきましょう。

「先生という職業は、他の職業よりも未来へ投資している。」

– ジョン・ウッドン-

これらのガイドラインは従うのが難しいかもしれません。しかし、こころにとめておけば、物事がかなり改善します。教室環境だけでなく、家での生活、そして子どもの生活においてです。認識・支援されてモチベーションのある教師は、ストレスを感じることが少なくなり、仕事に良い影響が出るのです。

イメージ:ティラ・ヌエンとロンリープラネット