体性神経系:特徴と機能

08 12月, 2019
今回は、体性神経系について詳しくご紹介します。

神経系の本質的な機能はコミュニケーションです。専門家は、神経系を体性神経系(SNS)と自律神経系(ANS)に分けます。

体性神経系は複雑なシステムです。中枢神経系への感覚情報の伝達に関与するのは神経系の一部です。つまり、体性神経系は、身体と外部環境との間のコミュニケーションを担当しています。一方、自律神経系は臓器間のコミュニケーションを担当しています。これは、体が恒常性を維持するメカニズムです。

体性神経系は、骨格筋を通じても作用します。自発的および反射的な行動を調節します。このシステムは、その受容体を通じて生じる変化を知覚します。そのため、体性神経系に位置する運動線維には、自律神経系とは異なるいくつかの特性があります。

  • まず第一に、システムには神経節がありません。
  • 神経セグメントは中枢神経系内にあります。さらに、エフェクター(骨格筋)に到達するまで、情報を中断することなく伝達します。
  • 伝達速度ははるかに高速です。

体性神経系はエフェクターを刺激することも刺激しないこともできますが、それを阻害することはありません。

体性神経系 特徴 機能

ご存知でしたか?:
年齢に関係なく新しいニューロンを成長させる7つの方法

体性神経系の感覚経路

感覚を知覚できるようにするために、情報は大脳皮質にも届かなければなりません。末梢神経系を中枢神経系にリンクするニューロンの束が情報を伝えます。

感覚刺激が目的地である中枢神経系に到達するには、受容体から中枢神経系に到達する必要があります。これは、3つのニューロンとの接続を介して行われます。体性感覚皮質では、体のさまざまな部分の感度に対す体部位再現が見られます。この体部位再現は、すべての領域が同じではありません。指先や唇などの領域が最も大きなスペースを占めます。

感覚経路にはさまざまな種類があります。駆動する感覚のモダリティに応じて、専門家はそれらを次のグループに分けています。

  • 鋭い触覚の経路-特徴的、識別性感覚。
  • 大まかな触覚の経路-大まかで原始的な感覚。
  • 痛みと体温の経路。
  • 固有受容経路-体の位置
体性神経系 特徴 機能

こちらもご参考に:
ジョン・ヒューリングス・ジャクソン:神経学の先駆者

刺激による神経経路

もう1つの方法は、刺激によって分類する方法です。

  • 外受容経路。皮膚から情報を伝達。
  • 受容間経路。内臓に関する情報を伝達。
  • 固有受容経路。筋骨格系からの情報を伝達。

感覚を伝達するために、神経インパルスは3つの神経伝達を行います。

  • 一次ニューロン。身体の周辺から情報を送信します。
  • 二次ニューロン。脊髄または胴体の後角に位置しています。神経の衝動を胴体から視床に伝える役割を担っています。 3次ニューロンとのシナプスが発生する場所があります。
  • 三次ニューロン。視床の伝達ニューロンです。内包後脚を通って、頭頂葉のローランド裂の背後に位置する領域にある感覚野に投射します。

感覚が皮質に到達する前に、視床はすべての感覚情報を処理します(嗅覚入力を除く)。その後、通常、感度が統合されている頭頂皮質に統合されます。

モーター経路

何かをとるために手を伸ばすとき、この精神的プロセスには筋肉の収縮と弛緩を必要とします。この場合、手だけでなく腕の筋肉も含まれます。

運動経路もこれらの運動に関与しています。中枢神経系から骨格筋(体性エフェクター)までずっと神経インパルスを伝達します。身体は運動ニューロンを使用してこのプロセスを実行します。これらは、脊髄の前角にあります。

体性神経系 特徴 機能

専門家は、神経の起点と終点に応じて、モーター管システムを3つのバンドルに分類しています。

  • 副腎皮質刺激ホルモンまたは副腎皮質。 これらの目的地は、脳神経の運動ニューロンです。 顔の筋肉を制御する経路でもあります。
  • ジュスタピラミッド型。 神経は、4つの前頭回の領域から始まります。 目的地は延髄の網様体です。
  • 錐体路または皮質脊髄路。 皮質を前角のニューロンと脊髄にリンクし、胴体、首、四肢の筋肉をコントロールします。

このように、体性神経系は非常に複雑なシステムです。 中枢神経系から動きを生み出すためには、さまざまなつながりを作らなければなりません。 物や人に触れたり触れられたりしても、同じことが起こります。多数のニューロンと領域が連携して動作する必要があるからです。

  1. Leira, M. S. (2012). Generalidades del sistema nervioso somático y de las vías de conducción. Manual de bases biológicas del comportamiento humano.
  2. Tassinary, L. G., Cacioppo, J. T., & Vanman, E. J. (2017). The somatic system.
  3. Boggia, J. (2007), Fisiopatología, Compendio Udelar, Facultad de Medicina, Oficina del libro.