ジョン・ヒューリングス・ジャクソン:神経学の先駆者

26 11月, 2019
ジョン・ヒューリングス・ジャクソンは彼の生まれた時代には大きな限界があったにも関わらず、とても有効な観察と分析を行った科学者です。シャルコーやフロイトなど、多くの精神科学者が彼を参照しています。

ジョン・ヒューリングス・ジャクソンは神経学の先駆者の一人と考えられていますが、彼の貢献は精神医学でも頻繁に応用されています。彼は、脳を研究するためのリソースがほとんどなかった19世紀に生まれました。そのため、有効な結論に達したのは驚くべきことです。

彼のてんかんに関する研究は有名です。一時的な精神運動の危機に関する研究は、今日でも有効だと考えられています。

「私たちが行うことすべて、これまでに考えたことすべては人間の脳によって生み出されます。しかし、それが実際にどのように機能しているのかは、最大の謎であり、その秘密を詳しく調べるほど、多くの驚きが発見されます。」

-ニール・ドグラース・タイソン-

この偉大な先駆者の最も優れた部分は、観察し分析する能力でした。彼は臨床症例の非常に詳細な記録を保持し、驚くほど正確な結論に達しました。彼は英国で最も権威のある科学グループである王立協会のメンバーでもありました。

ジョン・ヒューリングス・ジャクソン 神経 先駆者

ご存知でしたか?:
神経学的幸福:幸福の科学?

ジョン・ヒューリングス・ジャクソンの起源

ジョンは1835年4月4日にイギリスのヨークで生まれました。彼は5人兄弟の末っ子でした。父親は裕福な農夫であり、ビールも醸造していました。母親は裕福な徴税人の家に生まれました。

彼は大きな変化の時代に世界にやって来ました。さまざまな科学が研究されるようになってきましたが、それらの多くはまだ正式な学問分野として受け入れられていませんでした。

15歳で一般教育を終え、ウィリアム・チャールズ・アンダーソンという医師の見習いとなりました。その後、ヨーク医学学校に行き、最終的にロンドンのセントバーソロミュー病院で学ぶこととなりました。

注目すべき医師

ジョンは、ヨーク診療所の常駐医師としての地位を確立しました。 1859年、彼はロンドンに移り、同年、顔面麻痺に関する最初の神経学論文を発表しました。彼はまた、生涯の友人であるジョナサン・ハッチンソンとともに医療記者にもなりました。

1860年、ジョンはセントアンドリュース大学で医学博士号の論文を発表しました。彼は博士号を取得し、キャリアを積んでいきました。 1863年、ロンドン病院の助手となり、神経診断プログラムの指揮を依頼されました。

頻繁に本を出版し、臨床像と症状分析のための方法論と失語症に関する研究文献によって一躍有名人となりました。

1869年に発表した発作の研究は、医学において非常に大きな貢献を果たしたのです。

こちらもご参考に:
アントニオ・ダマシオ:感情の神経学者

医学への多大な貢献

彼は、神経系は3つのレベルに分かれていると主張しました:

  • 下位レベルは最も基本的な動きで、脊髄に依存しています。
  • 中間レベルは彼が運動野と呼んでいるものに対応し、大脳皮質と関連しています。
  • 上位レベルは最も複雑な機能を含み、前頭前野に関連付けられています。

彼の研究により、てんかんに対する理解度が深まりました。てんかんの症状、類型、および多様性の分析を行いました。また、いくつかの症状を精神障害および行動障害と関連付けたのは、今までの考えを全く新しいものとしました。

ジョンは、有名な雑誌Brainを創刊し、編集に携わりました。この雑誌は、 1878年に最初に出版されて以来、今でも読まれ続けています。彼は臨床神経学と実験神経学の両方で文献を発表しました。

ジョン・ヒューリングス・ジャクソン 神経学 先駆者

ジョン・ヒューリングス・ジャクソン:偉大な遺産

彼は、英国眼科学会、ロンドン医学会、およびロンドン臨床学会の会長でした。

その後、ロンドン神経学会の初代会長となり、さまざまな大学から名誉学位を取得しました。脳と神経系の研究における彼の影響は非常に大きかったのです。

シャルコー、ジグムント・フロイト、ヘンリー・アイ、精神科医のウィリアム・オスラー、ジョセフ・リスターなどの偉大な人物が彼の文献を参考にしました。彼は1911年10月7日に71歳で亡くなりました。最後の数年間、難聴に苦しみましたが、死ぬまで現役で活動し続けました。

  • Covo, P. C. (2006). John Hughlings Jackson, un científico victoriano. Acta Neurol Colomb, 22(3).