退職を前に:人生はどうなるか?

· 2019年1月28日
退職を前に、そのすべての過程に不安を感じるかもしれません。退職に自信をもつためのアドバイスがこちらです。

退職は、大きな到達と大きな喪失を伴う逆説的な時です。退職を前に、困惑する人は少なくありません。働く人生を終え、安定という新たなステージが始まろうとしています。新たなステージは、将来に関するたくさんの疑問を伴います。

厳しく言うと、退職は活発に働く人生の終わりを意味します。年齢や健康状態により、働き続けることができなくなるということです。退職が人に与える影響には、多くの要因が関連します。言うまでもなく、非常に大きな変化です。

仕事は、人生の主要な柱のひとつです。基本的に、仕事を中心に日々の予定を立てます。このような人生への視点が、あなたのスケジュールを決め、他の物事を行うのに、どれだけの時間があるかを決めます。また、自分の目的や感覚への影響に大きく関わり、さらに、人生の成功者か失敗者かを決めるのもこれによります。そのため、良い退職計画を立てることが必要なのです

「人生の砂時計をより多くの砂が通るほど、それは透き通り、見えやすくなるはずだ。」

-ニッコロ・マキャヴェッリ-

本を読む男性

 

退職:多くのステージを伴う過程

退職の過程は、多くのステージを伴います。ひとつひとつのステージが新たな生活状況への適応に向けた道で、前へ進むステップです。それは、簡単な道ではありません。しかし、新たな挑戦に向き合うために十分な情報をそなえていれば、いくらか楽になるでしょう。

退職のステージがこちらです。

  • 退職前:このステージで、人は働く人生が終わろうとしていることに気付き始めます。退職を目の前にしてこのステージは始まります。また、退職後の自分の人生について考え始める時でもあります。
  • 新規:仕事から離れ、楽しむための自由な時間が増えることに生き生きするのは、異常なことではありません。
  • 失望:一般的に、退職してから数か月後に生じます。落ち込みから躁状態に気分が変わることもあり、そこには常に不安が混じっています。それは、新たな人生が期待に添わないためです。
  • 方向転換:人生の新たなステージへの期待を調整し直すステージです。状況や目標の外郭を、より現実的に、他覚的に見直します。
  • 適応:短期そして長期で、新たな人生のプロジェクトを立て、新たな日課を作ります。今を生きる新たな状況に合ったものです。

退職したすべての人が、同じ順序でこれらのステージを進むわけではありません。退職後の計画をうまく立てておくと、たくさんの予期せぬ状況に直面せずに済みます。退職する頃には、準備ができているためです。また、一方で、新たな人生のステージに進むことで、人は混乱します。何を期待すべきか、何をしたらいいのか分からない人もいます。

退職後の夫婦

 

退職にうまく対応するために

異なるスジュール、日課、環境は、多かれ少なかれ、私達の人生を変えることになります。退職により活動は減る傾向があります。さらに、取り残した職場の友人や空白に対する悲しみを感じ、また、到達できなかったことすべてに関し、嘆くかもしれません。

そうであっても、退職は偉大な達成だという事実から目をそらしてはいけません。うまく対応できると、美しく、新たな人生のステージを開くことができます。そこでは、何か他のことを達成するための道を見つけることができます。さらに、この経験をポジティブな光の中に見るために踏むべきステップがあります。

退職をより良くするためのステップ

  • 退職に対し、意識的に準備する:退職を迎える時、準備を始める必要があります。できれば、退職前の一年が良いでしょう。これは、将来に関して熟慮しなければならないということではありません。その代わりに、代替案を分析しましょう。好きなことを全て含むリストを作りましょう。仕事のため時間がなく、するのをやめてしまったことも入れてください。
  • 退職前を活動的に:退職後にしたいことを始めるのに、退職まで待つ必要はありません。職場にさようならを言う1~2年前から始めましょう。
  • 社会関係の強化:退職後は、友達との時間にピッタリです。あなたと同じ境遇の人は多くいるはずです。周りの人に気配りをするといいでしょう。
  • 焦点を変える:過去にとらわれてはいけません。未来を見ましょう。過去は過ぎました。次に何が起こるかに焦点を当て、可能性を楽しみましょう。

人生の大きな変化には、ある程度心の痛みを伴います。それは、「苦痛」と呼ばれるかもしれません。それに気づくことが必要です。退職に対し開放的な姿勢で向かうと、人生に変化をもたらし、あなたの情熱を切り替えるチャンスになることを理解しましょう。