多嚢胞性卵巣症候群について学びましょう

2019年11月13日
多嚢胞性卵巣症候群を発症する女性は多く存在し、ホルモンの変化、また体系の変化なども加わって、気持ちが晴れず、鬱症状になってしまっています。

多嚢胞性卵巣症候群を患って生活するのは簡単なことではありません。耳にすることは少なくても、これは多くの女性の現実です。痛みが現れ、生理不順や不妊、2型糖尿病、心臓病、鬱などのリスク増加します。

このような症状にどう対処するのかは個人によって違います。しかし、1935年にスタインとレベンタール医師によって症状の詳細が明らかになり、現在では多嚢胞性卵巣症候群は女性の10人に1人に影響を与えるということがわかっています。また、生理が始まってすぐの若い女性にも症状が現れることもわかっています。

幸いなことに、この病に悩まされている患者さんを治療する方法が、進歩し改良されてきています。ホルモンセラピーや、経口避妊薬などの薬によって、必要であればインスリンの数値を下げることも可能です。また、抗アンドロゲンや栄養補助食品など、排卵を改善してくれるものも存在します。どちらの方法も良い結果がえられると報告されています。

ここで大切なのは、適切な医師の監督の下で治療するということです。実際、多くの女性が多嚢胞性卵巣症候群を初期の段階で発見することができません。それは、医師に見てもらうのが遅い場合がほとんどだからです。

生理痛がひどかったり、生理が不順だったり、体毛の生え方がおかしと感じたら、病気の可能性があるので医師にみてもらうようにしましょう

多嚢胞性卵巣症候群とは?

多嚢胞性卵巣症候群

多嚢胞性卵巣症候群とは内分泌系障害であり、女性の生殖に長年にわたって影響を与えます。排卵の機能障害に特徴付けられ、胚珠が正常に排出されず、代わりに卵巣の表面が厚くなり、嚢胞を成形します。

  • 原因はアンドロゲンの変形にあると考えられています。ですから、より理解を深めるためには、卵巣がエストロゲンとプロゲステロンを生産するということ知っておくことが重要です。
  • しかし、多嚢胞性卵巣症候群の女性は、アンドロゲンを大量に生産するとされています。これにより胚珠が排出されることなく、嚢胞になる原因になります。

このような嚢胞は悪性のものでなく、手術で摘出する必要はありません。しかし、ホルモンのバランスがさらに崩れる原因となり、次に紹介するような症状を引き起こします。

多嚢胞性卵巣症候群の無排卵

無排卵は、多嚢胞性卵巣症候群の女性に現れる臨床症状の一つです。

  • 生理不順
  • 排卵の欠如。これは多嚢胞性卵巣症候群の女性の役半数に見られる症状です。無月経や、最低でも3ヶ月生理がない状態が続きます。これは不妊にも繋がります。
  • 子宮出血。これもよく起こる症状で、これは生理ではない期間に出血がある場合です。

アンドロゲン過多症

これは、ホルモンの変化によるもので、血中のアンドロゲンの数値が高くなることが原因です。下記のような症状が現れます。

黒色表皮腫(肌の色素沈着)

多嚢胞性卵巣症候群

黒色表皮腫は肌のコンデションで、鼠蹊部や、脇、首の一部などの皮膚が黒くなり、硬くなる症状です。ホルモンのバランスの崩れと、インスリン抵抗性が原因の症状です。薬や避妊薬の副作用による場合もあります。

多嚢胞性卵巣症候群と関連のある病気

記事の最初にも書いた通り、多嚢胞性卵巣症候群が代謝に変化を与えることもあります。この場合、長期的にみると、深刻な病気に繋がることがあります。下記はその一例です。

  • まず、多嚢胞性卵巣症候群である女性の50%が、インスリン抵抗性を発症します。カリフォルニア大学のリチャード・レグロ教授が行った研究や、他の研究によると、この症状は2型糖尿病の発症に関連しているとされています。
  • 同様に、高血圧もよくみられる症状の一つです。これもまた、他の心血管疾患に繋がります。
  • また、多嚢胞性卵巣症候群は鬱の発症にも、非常によく関係していることを知っておきましょう。これは主に、体毛、ニキビなどの見た目の変化によるもので、特に若い女性の自己への愛に影響を与えます。

多嚢胞性卵巣症候群の治療

多嚢胞性卵巣症候群の治療には、あらゆる分野を超えた治療が必要です。同様に、患者一人一人にあった、独自の治療法が必要で、ホルモン治療の度合いも異なります。これには、以下のようなシンプルな過程を減ることが大切です。

  • 最初に、超音波による婦人科検診を受けましょう。
  • 次に、アンドロゲン、インスリン、その他のホルモン値を測定するため、血液検査を受けます。こうすることで、医師は患者に適切な診断をすることができます。

婦人科医、内分泌科医、栄養士、心理学者

多嚢胞性卵巣症候群の女性には、間違いなく、分野を超えた治療が必要です。この病気がもたらす症状の色々な面の治療を、それぞれの専門家によって適切に行ってもらいましょう。一般的に、治療的アプローチは以下のような過程を含みます

薬理学

  • 排卵を規則化させるために避妊薬の処方
  • また、多毛症や肌の状態を改善するための抗アンドロゲンの処方
  • 加えて、インスリン抵抗性を抑える薬の処方

栄養学

  • 肥満が問題な場合、食生活の改善を行います。
  • また、インスリンを使用し、高血圧や他の問題を抑えます。
  • ホルモンやむくみの改善も栄養学によって治療できます。

心理学

  • 心理学は、患者の自尊心、心配、体に対するイメージ、また性心理の変化の改善の鍵とまります。また、多嚢胞性卵巣症候群が原因の不妊と関連した、心理的な問題の改善も目指します。

まとめとして、多嚢胞性卵巣症候群の治療には、分野を超えた治療が必要不可欠です。早めの診断は、多嚢胞性卵巣症候群を持つ女性の人生の質を左右するといってもいいでしょう。ですから、もっとこのような病気を公にし、一般的にすることが大切です。

  • Meier, R. K. (2018, September 1). Polycystic Ovary Syndrome. Nursing Clinics of North America. W.B. Saunders. https://doi.org/10.1016/j.cnur.2018.04.008
  • Legro, RS (2003). Síndrome de ovario poliquístico. En El Ovario: Segunda Edición (pp. 489–512). Elsevier Inc. https://doi.org/10.1016/B978-012444562-8/50030-6