テレビゲーム中毒:症状と治療

· 2019年6月4日
テレビゲーム中毒を特定して、予防して、治療するためには、重要なふるまいの指標があるということを知っておかなければいけません。わかりやすくするために、関連する症状をご紹介しましょう。

テレビゲーム中毒は、現在話題になっているトピックです。インターネットの影響と共に、技術革新によって、ゲームでも特にオンラインゲームへ手が届きやすくなりました。オンラインゲームは、深刻な中毒に陥りやすいため心理学の専門家が最も心配しているものです。

しかし、中毒的なふるまいとの境界線はどこに引けばよいでしょうか。たくさんテレビゲームをプレーする人は、すべて中毒なのでしょうか。これらの質問を深掘りしてみましょう。

テレビゲーム中毒とは?

極端な活動と中毒的な活動は、同じではありません。これらを見分けて、片方を中毒であると診断するためには、これがどれほどその人の生活に影響しているかに関係しています。つまり、テレビゲーム中毒の人は、テレビゲームをすることで、人生の中のたくさんのことを経験し損ねてしまっています。

テレビゲーム中毒

テレビゲーム中毒を特定して、予防して、治療するためには、重要なふるまいの指標があるということを知っておかなければいけません。わかりやすくするために、関連する症状をご紹介しましょう。

  • 注意:テレビゲームが生活の中心になります。たくさんの時間を、ゲームをすることや次にプレーするゲームについて考えることに費やします。感情や行動にも同じような傾向が見られます。
  • 気分の変化:テレビゲーム中毒者は、ゲームのプレー中に主観的な多幸感や興奮を感じます。
  • 忍耐:他の中毒の同様、ゲームをプレーして、始めた時と同じ興奮を得なくてならないという気持ちになります。つまり、テレビゲームをプレーする時間がだんだん増えます。これこそ、悪循環の始まりです。
  • 禁断症状:ゲームをプレーできなかったり、プレーできる時間が少なかったりすると、禁断症状のようなものを見せます。例えば、いらだち、悪い気分などです。
  • 対立:対人関係の対立、他の活動、自分自身との対立です。テレビゲーム中毒は、人間関係に大きな影響を及ぼし、仕事場や学校での対立を生み出します。同時に、中毒者は自分で制御がきかなくなるように感じます。
  • 再発:禁欲や抑制期間のあと、テレビゲームの中毒的な習慣に戻ってしまうことがあります。

テレビゲーム中毒の治療

最近注目されはじめ、まだあまり研究がされていないため、テレビゲーム中毒者の治療法はほとんどありません。治療法への進歩を困難にする別の要因もあります。テレビゲーム業界の成長、比較的安価な中毒、このような活動に対する世間の受け入れ姿勢などです。

ゲーム中毒 治療

しかし、これを防止するためにできることがあります。特に影響を受けやすいのは、子どもや10代です。そのため、テレビゲーム中毒者を抱えている親や教育者向けの対処法が存在しています。このような状況で、出来ることを見ていきましょう。

親へのアドバイス

  • 子どもがプレーしているゲームのコンテンツを確認して、もし悪影響を及ぼすものであれば、暴力的なものから教育的なものへ変えましょう。
  • グループで遊ぶことを子どもに促しましょう。こうすることで、自分を孤立させることを防ぎ、社会的なコミュニケーションを育てます。
  • ルールやゲームをしてもよい時間を決めましょう。例えば、宿題を終えたら、毎日2時間のみプレーできるなどです。
  • 積極的に子どもに耳を傾けましょう。彼らのふるまいには理由があります。人生の別の部分における問題を、テレビゲームへの中毒で表現しているのかもしれません。
  • これらのいずれも効果がない場合は、ゲーム機をしばらくとりあげてください

もちろん、大人のゲーム中毒では、これでは効果はありません。大人の方がなりにくいですが、大人向けの診療所も存在します。このような診療所の信念は、空想世界と同じくらい、現実世界を楽しませることです。