時計描画テストとアルツハイマーをいち早く見つける方法

· 2018年4月23日

時計描画テストはとてもシンプルな診断テストです。患者の認識力の低下を評価し、神経的・精神的障害をいち早く診断する目的で行われます。

初めて行われたのは1953年です。早期のアルツハイマー病やその他の痴呆症状を検知するために最も利用されるテストです。

 

このテストが11時10分をさした時計を書いてもらうこと「だけ」によるのであれば、その正当性や診断の効果を疑うひともいるかもしれません。

しかし、このシンプルな(ように思える)タスクに不随する実用的な面についてもっと考える必要があります。

時計を書いてください。とても簡単なタスクのため、パーキンソン病やアルツハイマー病などの認識障害を診断するにあたって最も結論的なテストのひとつであるということを信じるのは難しいかもしれません。

まず初めに、方法を理解しなくてはいけません。「これこれの時間を示している時計を書いてください。」。それから被験者は、プランを立て、自分の体を連携させ、視覚的認識、視覚運動、視覚的構成能力を適応させなくてはいけません。

時代遅れのテストではありません。時計描画テストが必要とする認識効率性は、存在する最も便利なテストのひとつです。特にもっと複雑で、高額かつ信頼性に欠けるテストと比べるとです。

頭の中の迷路

認識の欠落を評価する時計描画テスト

すでにお話ししたように、時計描画テストは1953年に初めて開発・適用されました。構成失行症(認知症に一般的)を評価し、頭頂皮質の損傷を特定することが目的でした。

 

少しずつ人々がその効果を理解し、認識力低下の診断を下すのに重要なツールになっていきました。特にアルツハイマーの最初の段階の診断に有効です。

このテストの運営は非常に簡単です。しかし、きちんとトレーニングを受けた精神科医その過程をガイドし、結果を分析する必要があります。

この時計描画テストの結果は、様々な医学的な病気や、欠落、損傷に光を与えました。このテストを評価するには15の方法があることも注目すべき点です。

描画テストの実施方法とは?

一般的に、医者や精神科医は、2つの方法のどちらかを用います:

  • 患者は指示に従って時計を書く。このケースでは、患者は無地の紙を与えられ、そこに11時10分を示す時計を書かなくてはいけない。正しく丸を書き、数字を分散させることが重要。
  • もう一つの方法は、すでに描かれている時計のイメージを真似するように指示。数字、時計の大きさ、針など、全く同じように真似することが重要。
  • 患者がテストを終えたら、医者は終わったかを確認し、本人がうまくできたと思えたら終了。

なぜ患者は特定の11時10分という時間を描くのかとお思いかもしれません。このようなシンプルなことを行うには、2つの視覚的領域が関わる必要があります。

指示を聞き、理解し、時計がどんなものかやどのようにレイアウトするかを思い出し、それぞれの針をどこに描くべきかプランを立てる必要があります。

時計

専門家はどのように描画テストを評価するか?

すでにお話ししたように、このテストの評価方法には様々な方法があります。丸や、数字の順番、位置などを観察できます。

数字がまるの中にあるか外にあるか、片方に寄っているか、数字が多すぎるか、なども考慮することができます。

統合失調症を持っている人の場合は、分単位を描くことに固執します。彼らの描いた絵は、大抵かなり変わっていて、雑多で、理解しづらいです。

マリアのケース

マリアは80歳で、子どもたちに付き添われ始めて精神科医を訪れます。マリアは「物忘れが激しいの」と笑って言い、心配した表情を浮かべた家族はうなずきます。精神科医は情報を掻き出して、リラックスさせもっと彼女をよく知るためにマリアと話をします。

それから、特定の時間、11時10分を示す時計を書くようにマリアに促します。結果は以下の通りです。

まる

マリアの認識力の低下は明らかでした。マリアが行うのはこのテストだけではありません。専門家はマリアのアルツハイマーを診断するために他の心理的テストや方法も使用します。しかし、描画テストはスタートポイントであり、信頼できる明らかな情報を提供します。

描画テストが何年かに渡って進化を遂げると同時に、認識部分の損失が一般的になってきています。近年では、このテストはさらに精度を増しています。

MITコンピュータ科学・人工知能研究所(MIT)」がデザインしたペンまで存在します。このペンは、患者の脈、精度、休止、震え、 服促成まで記録します。このテクノロジーのお陰で、何千ものパラメーターを抽出することができます。

しかし、最も興味深いのは、専門家が早期のアルツハイマーやパーキンソン病の診断ができるということです。早期発見によって、医師はより良い戦法と治療を生み出すことができます。

描画テストは、これからもこのタイプの病気の発見に最も適したツールとして存在し続けるでしょう。