特別な時間を分かち合う

· 2018年11月7日

人生における特別な時間を感じるのは、誰かといる時です。特別な人と魔法のような繋がりを感じます。友達、家族、恋人と過ごした時間、ひと夏の思い出などです。過去にあった幸せで特別な時間、、そして、未来に待つ幸せで特別な時間が、困難な時の支えになります。

もし、人生の一瞬一瞬を撮るカメラがあれば、とりわけ輝く写真が撮れることがあります。喜び、楽しみなどバランスの良い瞬間です。この瞬間、人生の調和がとれた心地がします。このような特別な時間は、最近あまりないと感じているかもしれませんが、それをグチるのではなく、その瞬間に出会った時、その時間を大切に過ごし、感謝しましょう

「私達に与えられたのは、時間ではなく瞬間だ。その一瞬一瞬を費やし、時間とするのが私達の使命である。」

-ジョルジュ・プーレ-

 

1990年、これまでうつや学習性無力感を研究していたマーティン・セリグマンは、方向性を変え、幸福の研究をはじめました。「幸せ」に関する本をたくさん出版しています。彼の本を読むと、初めに述べた特別な時間の過ごし方が分かります。さらに、賢い決断の方法、幸福や自信の築き方を学ぶことができます。これを生活に活かすことは、毎日を自分のニーズと結び付けることです。

セリグマンのポジティブ心理学には、批判もあります。有名な精神科医で社会心理学者、ニューヨーク大学教授のジェイローム・ウェイクフィールドは、こう言います。現代社会は「幸せになること」にとりつかれている。悲しみに耐え、対処し、特別な時間を過ごすことを忘れてしまっている

幸せだと感じる時間を忘れてしまっているのです。この時間はとても貴重で、シャボン玉のように浮かんでは消えてしまいます。それでも、私達に笑顔を残し、子どもの頃に感じた魔法のような感覚を呼び覚ましてくれます。

シャボン玉

共に過ごす時間が幸せへのカギ

目を閉じ、思い出してみてください。記憶をさかのぼり、幸せな時に戻りましょう。一秒もからないでしょう。クラスの友達としたいたずら、兄弟とはしゃいだプール、塩素や芝生のにおい、おじいちゃんやおばあちゃんから聞いた話…これらの特別な時間はとても大切な思い出です。

記憶をたどり、子どもの頃に戻れたことでしょう。子どもの頃でなくても、テーブルの下で恋人と手をつないだ時間、並んで歩いた時間も、きっと幸せな時間です。幼馴染と行った旅行の思い出もあるでしょう。

特別な時間はどれも、気持ちや愛着、分かり合えたことなどと一緒に記憶されます。深い思いの中で輝くユニークな宝石で、ひとりひとりの歴史に刻まれます。「生きた証」であり、私達の人生を満たすものです。

カリフォルニア大学の心理学部教授ソニア・リュボミルアキーは「幸せの科学者」と呼ばれています。幸せには、努力が必要だと彼女は言います。時間をみつけ努力すると、それが楽しくなってくると言うのです。

なぜでしょう?幸せになるためには、人との繋がり方を学ぶ必要があるからです。特別な関係や友達をもつことが、「魔法のような」時間につながるのです。ただ、誰かと一緒にお茶をするだけでも、心のデトックスになり、幸せな時間へとつながります

お茶をする二人

特別な時間は自分でつくる

幸せに関して、よく言われる言葉があります。「幸せはすぐそこまで来ている」「幸せは予期せぬ時にやってくるものだ」など、聞いたことがあるでしょう。ここで、はっきり言っておきたいことがあります。それは、良い姿勢・態度や自信が人生を楽しむカギだということです。未知の世界に向けて扉を開いておきましょう。それが出来なければ、人生を楽しむのも難しくなります。観察力や人とつながる力をつけないかぎり、扉は閉じたままです。

日々感謝することが、特別な時間を生み出します。そして、より人生を楽しめるようになるのです。

「思い出は魂に香りをつける」

-ジョージ・サンド-

 

特別な時間のためのアドバイス

まず、大切な物事に目を向けることです。あなたの心に必要な人や物事を考えてみましょう。そして、そこに目を向け、人生を特別にする誰かや何かに時間とエネルギーを費やしましょう。

次に、心を広くすることです。誰かに何かしてもらった時、または、自分が何かしてあげた時、特別な時間は生まれます。それは、その出来事を心から分かち合えたためです。相手への愛着を深めます。利己的な目的や悪だくみのない時間です。

そして、今を生きることです。今ここを意識していますか?幸せは計画するものではありません。今日感じられる幸せは、先延ばしにせず、今ここで感じることが大切なのです。

特別な時間

最後に、感謝することです。幸せは、浮かんでは消えるものだということを頭に入れておきましょう。魔法の瞬間は、永遠には続かないのです。楽しみながら、感謝の気持ちを示すことも大切です。周りにいる人にお礼を言うのも良いでしょう。人間として成長したこと、その経験に感謝しましょう。結果として、自分の中にポジティブな感情が芽生え、いつもベストでいられます。

この特別な時間をできる限り深く、思う存分楽しみましょう。