辛い時に励ましてくれる7つの言葉

· 2018年9月15日

誰だって時には励ましの言葉が必要です。どんなに強い人でも、冷たく暗く出口がないように感じることがあります。そんな時、自分の信仰と希望を取り戻すための言葉が必要です。

励ましの言葉は、ときどき休眠状態になってしまう内に秘めた強さを焚きつけてくれます。これはよくあることです。人は機械ではないので、挑戦や逆境に直面した時ロボットのようには反応できません。辛い瞬間を吸収し、消化して、進み続ける時間が必要です。

 

「反抗は、人生の自然な一部です。反動を乗り越えて肉体的な筋肉を成長させるように、挑戦や逆境を乗り越えて、人は人格を形成していきます。」
-スティーブン・R・コヴィー-

辛い時期こそ、励ましの言葉がより重く意味をなしてきます。道に戻って、自分の能力を信じる力を取り戻させてくれます。それでは、希望が必要とする7つの励ましの言葉を見てみましょう。

1. 不可能なことはないと思い出させてくれる言葉

ネルソン・マンデラによる、最も美しい励ましの言葉のひとつです。「やってみるまではすべて不可能に思えるものだ。」 非常に意味のあるシンプルな肯定です。これを口にしたネルソン・マンデラの力もかなり加わっています。

ネルソン・マンデラは、不可能なことはないという完璧なお手本です。30年間を牢獄で過ごし、出所して自分の国を変えました。多くの人が不可能だと思っていたことを現実にした人物です。

走る

2. 自分の力

誰しも大きな内なる力を持っています。しかし、世界中のみんながそれに気づいているわけではありません。もしかして、自分の強さを見つけていないのかもしれません。自分が力を持っていると気づくことを許さなかったり、自分が思っているより能力があることが見えなくなるような辛い経験をしていたりするのかもしれません。

これこそ、ベン・ジョンソンの言葉に秘められていることです。「逆境に直面したことがない人は、自分の強さを知らない。

3. いつでもハッピーに

幸せはどこか別のところに存在していて、そこに到達することで得られると考える人がいます。その場所とは、経済的な成功、素晴らしい愛、環境の変化などです。しかし、それは間違ったものの見方です。

ジム・ローンは次のように言っています。「欲しいものを追い求めつつ、自分の持っているもので幸せになる方法を学びなさい。」幸せは先延ばしにされるべきではありません。それは内から溢れる感情で、自分の達成や失敗に左右されてはいけないのです。

4. 愛情は貴重なもの

多くの場合、成功したいという希望や願望を生き返らせるのは、他の人からの愛情です。辛い時、愛情の価値はより増します。新鮮な空気を与えて前に進ませてくれる愛情は、癒してくれる傷薬のようです。

アルベルト・シュヴァイツァーの言葉によく現れています。「光が消えてしまうこともありますが、人との出会いでまた火がともります。」ハグや愛のこもった言葉が、光と明快さを取り戻させてくれるんです。キス

5. 挑戦し続ける

最も古い励ましの言葉のひとつといえば、孔子の言葉です。「止まらなければ、どれだけゆっくり進んでも問題ない。」力強い言葉で、大きな真実をはらんでいます。ここから得られる教訓は、常に進み続けるということです。

考えてみれば、すぐに身につくようなものは本当の意味で確かではありません。最も価値がある本物のものは、一歩ずつ積み重ねていくべきものです。時には状況に逆らうことも必要です。前に進み続けて、後退したりやめたりしてはいけません。

6. 常に何かできることがある

トーマス・エジソンが次のような言葉を残しています。「すべての可能性を試したと思う時に思い出してほしいことがあります。それは、すべて試しきっていないということです。」エジソン自体が忍耐力の良いお手本です。最終的に上手く行くまで、同じ実験を何千回と繰り返しました。

エジソンの言葉は、道がないと思われるときに新しい道を求めるよう促してくれる励ましの言葉です。どんなにつらくても、新しい解決策を生み出し想像するよう誘ってもくれます。

7. 思考がすべて

思考は、人生の決定的な局面のひとつです。すべてがこころの中で起こっていることに左右されます。現実は思考の中で構築され、そこで具体化されます。

横顔

この点に関して、ジェームズ・アレンが次のように指摘しています。「あなたは自分の思考が生み出した今日にいます。そして、思考が生み出した明日があなたです。」まさに正しいといっていい言葉です。自分が構築する現実は、思考にかかっています。

これらすべての励ましの言葉が、困難に直面した時の強力な武器になります。幸せは可能であり、夢は達成できると信じて、前に進む価値があると思わせてくれるところに、これらの言葉の意味があります。