運動野:特性と機能

2019年4月7日
運動野には、前頭葉の3つのエリアが含まれ、刺激により、体の部位に動きを与えます。

私達は、脳のおかげで計画し、食べ、走り、笑顔を作ることができます。大脳皮質運動野の複雑で素晴らしい機能が、日々の様々な行動の実践を可能にします。私たちの動きを計画、実行、管理する脳の部分です。

さらに、生き残りには必要不可欠な、刺激への反応もこのおかげです。また、脳のこの部分は、それ自身だけで働くわけではないことをここで指摘しておかなければなりません。他の脳の部位との連携や接続のおかげで、私達は動くことができるのです。

ここでは、運動野の場所、構造、機能、そして、損傷した時や、期待される働きをしなかった場合に関係する病理学も併せてご紹介します。

 

運動野:それは何か、どこにあるのか?

運動野は、脳髄にある終脳の一部です。主な機能は、運動を促すことです。それにより私達は自発的な動きを実行します。この脳の部位は前頭葉にあり、中心溝、体性感覚野の前に存在します。

また、この分野にはペンフィールドのホムンクルスとして知られる範囲も含まれます。運動が発生する皮質の一部です。

運動野

 

運動野の領域

  • 一次運動野:これが主な部分です。自発的な運動を作るのに必要な神経刺激の生成をつかさどります。さらに、体の随意筋に指令を送るのもこの部分です。興奮閾値の低い部位です。
  • 補足運動野:この部位は姿勢を調節します。これは大筋群の運動の指令に関わります。
  • 運動前野:過去の経験で学んだ強い運動をつかさどります。第一運動野の活動や運動の順序を同時にプログラムし、調整します。第一運動野の前方、外側溝の側に位置します。
  • ブローカ野:口語を管理する部位です。下前頭回に位置します。
  • 後部頭頂皮質:この部位は、視覚的情報を運動情報に変えます。
発語

 

運動野の病理学

脳のこの部位が損傷すると、重篤な結果を伴います。それは、運動野が私達の日々の行動のほとんどを実行するためです。

体のこの部位の損傷により起こりうる結果はこちらです。

  • 麻痺:体の一部またはそれ以上の運動の部分的または全体の損失を含みます。脳の半球で損傷が生じた場合、反対側が影響を受けます。例えば、左脳の運動野が損傷した場合、右半身に影響がでます。
  • 失行:思った通りに体が動かせなくなります。与えられた指令を理解し、実行するための処理は行われますが、運動のコントロールに欠けます。
  • 構音障害:発話障害で、音や言葉をはっきりと発することが難しくなります
  • 失書:文語を通して考えやアイデアを表す能力が欠如します。
  • ブローカ失語:表現的言語に変化が生じます。言葉の発語、書き換え、言葉の記憶が難しくなることが特徴です。

 

その他の研究

損傷後の運動野の治療法に答えを出すため、様々な研究者が努力しています。これに関する研究がたくさんあるのも理解できるでしょう。例えば、2018年2月、リナ・バンケトルプと共同研究者たちは、これに関する研究を雑誌「 Restorative Neurology and Neuroscience(修復的神経学と神経科学)」 で発表しました。

この記事では、運動野が私たちの動きにどれだけ大切かが示されています。調査の中で、四肢麻痺の人の握りの復元後、運動野可塑性の適応性が示されています。

これらのアプローチは、損傷や治療に対する皮質の反応をより良く理解する助けになります。皮質の損傷に対する決定的な解決法を見出すために、研究が行われています。

さいごに、運動野は運動の軸です。運動野がなければ、私達はどんな動きも実行することができないのです。

  • Bear, M. F. Connors, B. W., Paradiso, M.A., Nuin, X. U., Guillén, X. V. & Sol Jaquotot, M. J. (2008). Neurociencias: la exploración del cerebro. Wolters Kluwer/Lippincott Williams & Wikins.
  • Bunketorp Käll, L., Cooper, R.J. Wangedell, J., Fridén, J., & BjöRNSDOTTER, m. (2018). Adaptative motor cortex plasticity following grip reconstruction in individuals with tetraplegia. Restorative neurology and neuroscience, 36 (1), 73-82.