うぬぼれた人:特徴と行動

2019年5月21日

いつも自分が正しいと思っている人が、身近にいませんか?その人は、自分の方が優れ、侮辱の目で人を扱っていると感じませんか?答えがイエスであれば、それは、うぬぼれた人です。うぬぼれた人は、人を軽蔑するのと同じように、自分を理想化します

虚栄心は、過剰なプライド、自分の価値や能力の過大評価だと言うことができます。同様に、うぬぼれた人は、自分が優勢なため、人は自分に敬意を表すべきだと考えます。これは、過剰な傲慢さと自負から来ています

 

うぬぼれた人の3つの人格特性

傲慢さ

「水を与えてくれる井戸に泥を投げるな」これは、ウィリアム・シェイクスピアの名言で、虚栄心の強い人がもつ精神的特性、「傲慢さ」を完璧に集約した言葉です。

うぬぼれた人は、傲慢さのために、控えめな態度をとることができません。その自己重要性や傲慢さは、気づかれないことがあります。しかし、自分が少し不利な状況になるとすぐに、コントロール不能な傲慢さが顔を出します。

注意:傲慢さとプライドの違いは、プライドは人を見下したいというニーズに関係がないという点です

「何も示すものがない人に、虚栄心は残しておこう」

-オノレ・ド・バルザック-

プライドが高い人

 

ナルシシズム

うぬぼれた人は、自分が大好きで、自分が最も成功していて、強く、美しいというファンタジーの世界を生きています。そのため、見栄を張り、自分を大事にします。

ところが、その壮大な空気の裏には、不安と大きな不信が隠されています。常に、人が自分をどう思っているか、イメージを意識しています。しかし、自分以外の意見は気にしていないように見られたいのです。

「豊かなうぬぼれは博愛で、飢えたうぬぼれは暴君である」

-メイソン・クーリー-

 

誇大妄想

ナルシシズムと関連していますが、誇大妄想は、どこか病理学的ニュアンスがあります。誇大妄想には、幻想、偉大さに関する妄想、継続的に自己満足を求めることを元とする厳格な行動パターンがあるため、精神障害だと考えられています。

誇大妄想のうぬぼれた人は、自分は社会的に非常に重要だと考える傾向があります。自分は優れた行為をし、巨額の富の持ち主であると考えます。しかし、この考えは、不合理で、過大評価されたものです

 

うぬぼれた人は、どのような行動をとるか?

見栄により、うぬぼれた人は、傲慢な態度をとり、人に憧れられたいというニーズがあります。その行動を次に説明します。

自分が正しいと信じている

謙虚さの欠如により、単にそれは自分だからと言う理由で、自分は正しいと信じます。自分の視点を人に押し付けたり、守るために、間違った力や権力を使うことがよくあります。

人が抱く自分のイメージを意識していることを隠す

常に、人が自分のことをどう思っているか知りたいというニーズを感じています。しかし、そのニーズを隠そうとし、無関心を装います。それでも、その人がソーシャルメディアにおく重要性は著しいものです。ここで、壮大さへのファンタジーが見られます。

うぬぼれた人

常に目立ち、注目の対象でありたい

うぬぼれた人は、自分の存在は大きいと思っているため、目立ちたがります。そしてすべてを大げさにします。それは映画のように見えることもあります。生活のすべてを甘美に見せ、脚色する傾向があります。

「見栄は、オリジナルを見せることに対する恐怖である。プライドの欠如だが、必ずしも、オリジナリティの欠如を意味するのではない」

-フリードリッヒ・ニーチェ-

些細なことでイライラする

傲慢さにより、とても小さなことで、簡単に怒りだします。例えば、あなたからの意識が自分に向いていないと感じると、あなたと闘うための言い訳を無意識に探し始めます。

「見栄とは、自分は自分であるというのではなく、一人の人だと考える盲目的な性質である」

-フリードリッヒ・ニーチェ-

人を物とする

ナルシストは、周りの人を物として扱ったり、自分の目的のための方法だとします。他者の擬物化は、偽装や自分は優勢であるという考えを大きくします。壮大な空気により、より大きな力を得るための方法として他者を操作します。

人を操ろうとする

自己愛はナルシシズムやうぬぼれと同じではないということを頭に入れておきましょう。自己愛は、あなたの自尊心や自己概念が健康的なものである印です。しかし、自分には誰かを踏み台にする道徳的権威があると思っているのであれば、それは傲慢さだけでなく、謙虚さの欠如の証拠です。

  • Bermejo, F. S. (2007). Narcisismo y sociedad, entre la carencia y la arrogancia. In Globalización y salud mental (pp. 417-452). Herder.
  • García, J. M., & Cortés, J. F. (1998). La medición empírica del narcisismo. Psicothema10(3).
  • Hornstein, L. (2000). Narcisismo: autoestima, identidad, alteridad. Buenos Aires: Paidós.
  • Moreno, T. J., & Pinzón, O. H. (2008). Construcción de la Escala para la Medición de la Vanidad (IVAN). Avances en Medición6, 101-112.
  • Pozueco, J. M., & Moreno, J. M. (2013). Psicopatía, maquiavelismo, narcisismo y maltrato psicológico. Boletín de Psicología107, 91-111.