社会的権力:定義と種類

· 2019年4月23日

教師は、生徒に対し力をもちます。親は、子どもに対し力をもちます。上司は、部下に対し力をもちます。政治家は、地域社会に対し力をもちます。社会的権力は、人生のすべての分野に存在します。特定の人や専門家は、他者に対し力をもちます…その力とは、どのようなものでしょうか?定義をみていきましょう。

権力とは、何かをする、または、何かであるための力です。一人または複数に対し崇高なルールを決める力です。人に影響を与える力で、社会が認識する崇高な力があります。

お分かりいただけるように、権力の定義は流動的です。歴史を通して、力の分類、理論、定義は存在します。よりよく理解するために、最も認められているものをご紹介しましょう。

権力に関する初期の理論でもっとも顕著な人物は、フリードリヒ・ニーチェです。権力への意志、自分の望みを達成したい野望といった概念を示しました

同じころ、マックス・ヴェーバーは、社会的関係において、個人が自分の意志を行使する可能性または機会が権力だと定義しました。後に、マルクス主義を通し、権力の概念は多くの人により研究されました。

現代に近づき、フランスの哲学者ミシェル・フーコーは、権力に関する最も広い分析のひとつを発表しました。他にも多くの著者がいますが、上記の人々が最も著名な人物達です。

工具

 

マックス・ヴェーバー

マックス・ヴェーバーは、20世紀のもっとも重要な思想家のひとりです。彼の研究は様々な分野を含みますが、ここでは権力や支配の概念に焦点を当てましょう。

彼は権力を「社会関係における一人の行為者が、その可能性の根拠に関わらず、抵抗があっても意志を貫くことができる立場にいること」だと定義しました。

権力は、特定の人の意志を他の人に課す能力であり、これは多くの形で見られます。その一方で、命令と従属といった形で理解される「支配」は、権力の最も強い現れ方です。

支配には、様々なタイプがあります。もっとも重要な分類のひとつに、正当な支配があります。これは、特定の社会順位や社会関係の正当性について、共通の信念がある時に生じます。正当な支配には、3つのタイプがあります(ヴェーバー、 2007)。

  • 法的支配:確立された法律の合法性や、それに基づいて権力者が命令や支配を実行することへの大衆の信念
  • 伝統的支配:存在する伝統の神聖性や、それを使って権力を行使することの正当性への大衆の信念
  • 英雄的支配:ある人物の神聖性、英雄性、模範的人物像や、そのような人が作り上げた法的システムへの大衆の信念
チェス

 

マルクス主義

カール・マルクスによると、「労働階級の政治的運動は、当然、その目的として、労働階級の政治的権力の征服がある」と言います(1871年11月29日、ボルテへの手紙)。

政治的な階級衝突は、社会的権力の獲得が基盤にあります。これは、経済的、観念的と言った他の階級衝突の形よりも影響力があります。マルクスによると、経済状況の変化が誰が権力をもつかに影響を与える一方で、より重要なのは政治的実践であると言います(サンティエス・バスケス、2014)。

マルクスは権利の理論を明言したことはありませんでした。しかし、「政治的権力と呼べるものは、ある階級が別の階級を抑圧するための組織的な力に過ぎない」としています(マルクスとエンゲルス、2011)。そして、その後のマルクス主義者たちが、権力に関する独自の理論を詳細に深めていきました。

例えば、アントニオ・グラムシ(1977)は、これを資本主義の文脈の中で語っています。支配階級は、単に抑圧的な構造を利用して他の階級層を抑圧したり、下層階級に対する権力を得るのではありません。文化的主導権や教育システム、宗教的組織やメディアのコントロールを通して、その権利を得るのです。

 

ミシェル・フーコー

フーコーは、権力は、特定の場所から生じるものではないため、どこにでも存在すると主張しました。この観点から言うと、権力は、ひとつの組織や状態に限定されるものではありません。そのため、ここでは、マルクス主義の権力の捉え方はありえません。

権力は、ある瞬間に社会で生じる人間関係の力です。そのため権力はどこにでも存在し、人間関係から切り離して考えることは不可能で強力なものです。

先の権力の概念を覆すのに、フーコーは、権力関係がどのようにして、結果的に真実の論争へと繋がるような法規則を作り上げていくのかを調査しました。権力、法、真実はすべてお互いを大きくする一方で、権力は法や真実に対し、より強い影響力をもちます。

監視カメラ

フーコーは、様々な状況や時代の権力を分析しましたが、彼のもっとも顕著なアイデアは、生権力です(フーコー2000)。生権力とは、人々をコントロールするために、現代の政治機構により使用されている権力です

フーコーの分析によると、現代の権力は、社会的慣習や人間の行動に組み込まれています。抑圧された人々が、徐々に小さな規則や社会秩序の期待を受け入れていくことで起こります。

生権力は、人生の生物学的規制へ繋がっています。その例が見られるのが、精神病棟、監獄、裁判所などです。規則を破り、それにより社会から外れた人口の一部を分ける教育組織があるということです(フーコー、2002)。

 

心理学における社会的権力

社会心理学の分野で、ジョン・フレンチとベアトラム・レイヴン(1959)は、権力の5つのタイプを提唱しました

  • 正当的権力は、組織や社会の中での指導者の相対的な立場や義務から生まれます。人は、ある種の正式な権限をゆだねられた時、正当的権力をもちます。
  • 指示的権力は、ある人が、他者に影響を与えたり、説得することができる力です。個人のカリスマや対人関係能力から生まれます。抑圧された人は、権力者をロールモデルとし、同様の行動をとります。
  • 専門的権力は、個人の能力や専門性、社会や組織がその人をどの程度必要とするかにより生じます。他のタイプとは異なり、専門的権力は、一般的に、非常に特殊で、専門性の分野に限定されます。
  • 報酬的権力は、物質的報酬を与える指導者の能力から生まれます。何らかの報酬をどれだけ容易に与えられるかに関わります。休み、贈り物、昇給、責任などです。
  • 強制的権力は、権力保持者が制裁を課す能力から生じます。本質的に、これは報酬や罰を与えたり、減らす能力です。最終的には、価値ある報酬を得たいという抑圧された人の欲求、それを失う恐怖が、権力の源です。
ドミノ

ご覧いただいた通り、社会的権力の概念は動的で、時代に強く影響されてきました。権力の定義は、人に対する支配から、人間関係の複雑なものまで様々です。

最近の権力の概念は、私達が常に権力関係の中を生きていると言います。すべての相互関係は、そこにある力の差異により特徴づけられます。そのため、社会的権力に意識を向けることが、その影響や搾取を軽減する第一歩となります。

参考文献

Foucault, Michel (2002). Historia de la Locura en la Época Clásica I. México: Fondo de Cultura Económica.

Foucault, Michel (1979). Microfísica del poder. Barcelona: Las Ediciones de La Piqueta.

Foucault, Michel (2000). Defender la sociedad. Buenos Aires: Fondo de Cultura Económica.

French, John and Raven, Bertram (1959). The bases of social power. En Studies in Social Power, D. Cartwright, Ed., pp. 150-167. Ann Arbor, MI: Institute for Social Research.

Gramsci, Antonio (1977). Antología. México: Siglo XXI.

Marx, Karl and Engels, Friedrich (2011). Manifiesto comunista. Madrid: Alianza Editorial.

Nietzsche, Friedrich Wilhelm (2005). Así habló Zaratustra. Un libro para todos y para nadie. Madrid: Valdemar.

Sánchez Vázquez, Adolfo (2014). Entre la realidad y la utopía. Ensayo sobre política, moral y socialismo. México: Fondo de Cultura Económica.

Weber, Max (2005). Economía y sociedad. México: Fondo de cultura económica.

Weber Max (2007). Sociología del poder. Los tipos de dominación. Madrid: Alianza Editorial.

Foucault, Michel (2002). Historia de la Locura en la Época Clásica I. México: Fondo de Cultura Económica.

Foucault, Michel (1979). Microfísica del poder. Barcelona: Las Ediciones de La Piqueta.

Foucault, Michel (2000). Defender la sociedad. Buenos Aires: Fondo de Cultura Económica.

French, John and Raven, Bertram (1959). The bases of social power. En Studies in Social Power, D. Cartwright, Ed., pp. 150-167. Ann Arbor, MI: Institute for Social Research.

Gramsci, Antonio (1977). Antología. México: Siglo XXI.

Marx, Karl y Engels, Friedrich (2011). Manifiesto comunista. Madrid: Alianza Editorial.

Nietzsche, Friedrich Wilhelm (2005). Así habló Zaratustra. Un libro para todos y para nadie. Madrid: Valdemar.

Sánchez Vázquez, Adolfo (2014). Entre la realidad y la utopía. Ensayo sobre política, moral y socialismo. México: Fondo de Cultura Económica.

Weber, Max (2005). Economía y sociedad. México: Fondo de cultura económica.

Weber Max (2007). Sociología del poder. Los tipos de dominación. Madrid: Alianza Editorial