うつ病を克服した人がする7つの行動

· 2018年8月17日

うつ病を克服した人は、私達の魂が体より強くなる時があることを知っています。また、うつ病の再発が非常に一般的なことも理解しているでしょう。うつ病の冷たい影はいつも私達を待ち構えているのです。

しかし、一度そのトンネルから抜け出すことが出来れば、毎日使うことの出来るツールを手に入れることが出来ます。良い視野や耐性、そして肯定的な態度はうつ病を克服した人にとってライフジャケットになってくれるのです。

うつ病は精神障害における発熱のようなものだと考える人もおり、ますます一般的になってきています。それはまるで、耐性が強く症状の重い進化した風邪ウイルスのようです。

残念ながら、人は大抵この困難に対して静かに、そして孤独に突き進んでいきます。データでは、専門的な助けを求める人は40%以下であることが明らかになっています。さらに、その40%の中でも、特に男性は専門的な助けを求めることに抵抗があると言われています。

「私達が選んでいる考えは全て感情と繋がっていることが研究では証明されています。気分を良くすることに努力を注げば、腹痛や恐怖、うつ病、悲しみ、不安を解消することが出来るのです。」

-ウェイン・W・ダイアー-

そのデータだけでなく、現在WHO(世界保健機関)もうつ病を伝染病のように見ており、そこにはもう一つの重要なポイントがあると述べています。そのポイントというのが再発性です。研究では、うつ病を完治した後に50%の確率で再発すると言われており、言い換えると、うつ病を完治してもそこには大きなリスクがあるということです。ですので、患者と専門家の両方にとってうつ病の予防策を作ることは最重要事項と言えるでしょう。

この予防策というのは、精神的、身体的、そして感情的に健康的なライフスタイルを作り上げていく方法で、特定の戦略や視野、そしてツールを日々の生活に取り入れることなのです。これはストレスの影響を和らげ、うつの引き金を認識したり、正しい心理的な展望を持つことを助けてくれます。

天を仰ぐ女性

うつ病を克服するための行動とは?

うつ病を克服するのに超能力など必要ありません。スーパーマンやスーパーウーマンにならなくてもいいのです。どんな場所でも、助けを求めてうつ病を克服した友達や家族、同僚、若者、子どもは存在します。そうして、今はより良い人生を送っているのです。

これは見逃したくない教訓です。1つ彼らが皆理解していることは、うつ病が慢性的な病気だということです。そのため、私達は賢く献身的に取り組み、感情や考えの管理が出来るようにならなければいけません。

そして、その影と共存することを学ぶことでもある一方で、決してその影に自分の限界を決めさせてはいけないことでもあります。では、うつ病を克服する為に使われる戦略を一緒に見ていきましょう。

1.新しい興味を持って無関心と闘う

悲しみや興味の喪失、そして無関心の3つはうつ病と大きく影響します。これに陥ってしまうとあなたはただ漂ってしまい、挫折の網に引っ掛かり、うつ病に負けてしまうのです。

ですので、過去にこの状態になったことがある人は、次回に役立てる為に戦略やツールを作っておくべきです。もしあなたの体や心を閉じ込めてしまう無関心や疲労に気付いた時は、すぐに反応しなければいけません。

  • 新しい興味を見つけましょう。日々の習慣に新しい活動や習い事を加えてみましょう。
  • 生活習慣に変化をつけて、何かをする為の新しいモチベーションを見つけます。
  • 肯定的な人や良い友人と一緒に過ごしましょう。

2.うつ病の引き金を認識する

繰り返し起こるネガティブな思考はうつ病の基盤です。これはあなたがミスや間違いに取りつかれてしまう時でもあり、思い込みばかりしてしまったり、晴れた気持ちい日でも暗闇や不運などに目を向けてしまうことです。これは良いパターンとは言えません。

しかし、うつ病を克服した人は、認知療法がこの時期に大きな助けになることを知っています。あなたは視野を変え、ネガティブなサイクルを壊して自分の為に出口を作らなければいけません。

カラフルな目

3.目的と一緒に目覚める

目標や目的を持つことなく目覚めるのは、一日を無駄にしているようなものです。モチベーションを持つことなく目覚めるのは、あなたの心のスイッチを切ったままその日が始まることで、無関心な心を表しています。

もしうつ病を再発させたくないなら、自分自身に目的を、確かな目標を与えてみてください。それは、本を買う、旅行する、誰かと会うなどのシンプルな目的でも構いません。

4.「ノー」と言うことを学ぶ

制限を設けることは健康へのカギです。全てのことに「イエス」と答えてしまうような人は最終的に砕けてしまいます。また、うつ病の最も一般的な原因の一つに、自分なら全部出来ると考えることが挙げられます。また、誰とでも仲良く出来るから自分は良い人間だと思ってしまうのは大きな間違いです。

うつ病を克服したことのある人は自分の生活に制限を設けなければいけないことを理解しており、自分の気持ちに正直になって、「いいえ」と答えたり、自分が本当にしたいと思った時だけ「はい」というようにしているのです。これこそが健康的で幸せになるための素晴らしい方法です。

5.毎日適度な運動をする

体が動くことは幸せなことです。ウォーキングやダンス、スイミング、ジャンプ、そして筋肉をストレッチさせることは、自分にエンドルフィンを与える行為なのです。また、体の循環を改善したり、脳に酸素を送ってくれる働きもあり、この全てがセロトニンという悲しみから守ってくれるホルモンの分泌に繋がります。

ウォーキング

6.良い食事を摂る

良い食事はうつ病に関係した障害を治癒する方法ではありませんが、ある理由からあなたをうつ病から守ってくれると言えます。まず、良い食事を続けることは興味の元になります。良い食材を買ったり、新しいレシピに挑戦しようと思うはずです。

また、トリプトファンやマグネシウム、抗酸化物質、そしてビタミンが豊富なバランスのとれた食事は素晴らしい習慣です。なぜなら、このような栄養素はセロトニンの生産を促してくれるからです。

7.マインドフルネスを行う

うつ病を再発させない為にマインドフルネスを行うことの効果は科学的に証明されています。実際に、日々のストレスや不安の衝撃を和らげる心理的戦略として、マインドフルネスの効果を紹介している研究はたくさん存在しています。そして、このテクニックには以下のような効果が見られます。

  • 自分の感情により気づけるようになる
  • 思い込みやネガティブな考えのサイクルを壊す
  • ストレスに関係した肉体的症状を和らげる
  • 直接的な経験について考えられるようになり、良い決断や優先順位を築くことが出来る
  • 違う選択を見出したり、自分らしい創造性や直感を目覚めさせてくれる
リリー

最後に、私達は一人一人自分に合う方法を見つける必要があることを覚えておいてください。自分だけのプレイリストやエンジンのようなものを見つけるのです。無関心や憂うつ、そして痛みを持つうつ病に対処してくれる、自分だけの最高のツールを発見してみましょう。