噂とはどんなもので、どのように危険になりうるか?

2019年5月4日

噂…誰もが聞いたことがあり、広めたことがあるでしょう。より伝統的で保守的だった時代、噂は家族全体に衝撃を与えたものでした。現在、情報を共有する方法が変わったことで、噂も違った回り方をします。

それが社会的であっても個人的であっても、噂には、物事を騒がす大きな力があります。噂にはあまりいい意図がないことが多いため、噂をされる側にはなりたくないものです。それは何かが覆われたメッセージなのです。

森の絵

 

噂とは?

噂は通常、口コミ、口頭のメッセージです。逆説的なのは、噂を支える証拠はないのに、人に広まれば広まるほど、それは本当だと思われるところです。何かを頻繁に必要なだけ繰り返せば、人はそれを信じるようになるという原理に基づいています。

噂の元を突き止めるのは難しいことが多く、特にそれはメッセージが繰り返される中で変わるためです。伝言ゲームが噂を何か元とは違うものに変えてしまいます。

初めは、大抵、疑惑や疑問に関する簡単なメッセージです。「解雇が始まったらしい…」「アナが仕事に来ておらず、今週はずっと落ち込んでいる。うつだと思う…」

ところが、脳は仮説よりも確かなものを好みます。そこで、仮説として始まったものが、独断的な意見へと変わることになるのです。噂は、次の明確な原理に従っていると考えられます。

  • 秘密:噂の元が分からない状態です。人は大抵、メッセージの内容を忘れる前に、元を忘れるという現象が証明されています。
  • 確信:私達が噂を疑わないのは、疑うことにはメンタル面での努力が必要だからです。また、伝えた情報は真実だと言った人を誰も疑いたくないものです。
  • 興味:噂は私達の興味を引き立てます。それは、何らかの方法で私たちに関係しているか、スキャンダラスな出来事に関するものだからです。
  • 速さ:その増殖して広まっていく速さは、噂を止めることを不可能にします。
  • 近さ人間関係を通して伝えられます
  • 変化:木のような働きをします。新たな噂の枝は、前の噂の隙間を埋めるように広がります。

噂は、ウイルス性であるという性質もあります。受け取ると同時に、人は潜在的な情報の発信者になります。そして、受信者は自分の意見を加えることがよくあります。また、情報を伝えるトーンや調子もそれを変えます。

眼鏡を通して見る

 

噂を止めるには?

その答えは、可能な限りシンプルなものです。人が伝達することを防ぐと良いのです。より現実的な反応は同じように難しく、それでも、そこまで難しくもありません。それは、受け取る情報に批判的でいるべきということです

情報源は信用できるものなのか自問しましょう。(できれば)聞いた人に、その情報を信じるかどうか尋ねてみましょう。また、その噂が誰かの利益になるのか、そして、その人が噂をスタートしたのか考えるべきです。

特に気を付けなければならない噂は、自分を守ることができない集団や少数派に関するものです。そのため、私達は「歴史は勝者によって語られる」と言うのです。負けた人が初めにすべきことは、その物語の勝者の説明を受け入れることでした。20世紀前半のヨーロッパを襲った独裁を考えてみてください

タイムマシーンを使う必要はありません。今ここで、重要視されない集団に関し、噂というエサにより体系的に大きくなるステレオタイプを私達は目の当たりにしています。噂は偏見や差別を膨らませます。