悪い日を改善してくれる5つのアドバイス

2019年9月6日

悪い日がない人間などいませんよね。あなたも、朝起きて全てが自分に反しているように感じたことがあるでしょう。石鹸がきれて、朝食を焦がして、天気予報では晴れなのに雨が降って…何かがおかしいかのような視線を周りの人から感じます。何かを言って、全て誤解されます。文字通りすべてがうまくいきません。

悪い日には、すべき重要なことがあるのに、全てがうまくいきません。それは、自分が指揮を執っている仕事のプロジェクトかもしれません。気を付けて準備したのに、結果が残念なものになってしまったかもしれません。重要な人と会う約束をしていたのに、すべてを準備した後にドタキャンされるということもあるでしょう。

悪い日から逃れられる人はいません。しかし、それを受け入れて無力に感じる必要はありません。悪い日を少し改善させて、良い日にするためにできることがあります。結局、人生の中のたった1日です。命ある限り、うまくいかないものを正すことは出来ます。

「成功ということは勝つことではない。決してやる気をそがれないことだ。」

– ナポレオン・ボナパルト-

1. 休息をとる

ストレスの多い環境によって、自分の良いところが失われてしまうことがあります。小さな不快感から始まって、それは大きな不安へ発展していきます。どうしてそうなったか気づかないうちに、神経衰弱になって爆発寸前になります。しかし、ストレスをとめることができれば、悪い日も少し改善します。

ストレスを感じるような状況にいるとき、短い休息をとりましょう。可能であれば、長い休息をとってください。呼吸をして、お気に入りの曲を聴いて、何かを読みましょう。ちょっとした散歩でも構いません。こうすることで、ストレスを減らして、もっと明確に考えられるようになります。

考える
2. 自己実現的予言をしない

1日悪い日があったからと言って、その悪い日が続くというわけではありません。悪い時間があったらかといって、その日1日中最悪なものになるというわけでもありません。しかし、人ははじめの悪い出来事を、もっと悪いことが起こる兆候だと思い込む間違いをおかします。

そうして、人は自己実現的予言をしてしまいます。「そもそもベッドから出なければよかったんだ。」などと考え始めます。あるいは、自分は運がない人間だと言うかもしれません。私たちは意識してこれを行っているわけではないですが、人は自分たち自身で悪いことが続けて起こるような舞台を用意してしまっているのです。

変えるための鍵は、自分の焦点をネガティブなものからポジティブなものにうつすことです。少なくとも、可能な別の策を考えてください。解決策を探すことで、無力に感じて悲しむことなく、悪い日を改善することができます。

3. 体内の化学物質を変える

悪い気分やストレスによって、体内で化学物質の変化が起こります。特に、脳内においてです。あるホルモンが活性化し、別のものは抑制されます。さて、この化学物質を変えるために、何かをしなくてはいけません。

少しエクササイズを行うと、化学物質を変えることができます。散歩やヨガでも構いませんが、ダンスはどうでしょう?ダンスの動きで、化学物質のバランスを取り戻せます。あるいは、健康的な食事も助けになります。新鮮なフルーツや野菜です。

歩く
4. 建設的なことに集中する

人は、起こったことから学びを得ることができます。正しい姿勢をとればよいだけです。自分の心を広く持って、自分自身に何が学べるかを問いましょう。ここから何を得られるでしょうか?

ポジティブなことを考えることも重要です。例えば、全てがとても上手くいっていた時のことを考えてください。良い思い出を思い浮かべましょう。注意して見まわして、自分の周りにどれだけの良いものが溢れているか感謝しましょう。すべてに感謝してください。

5. 良いことをする

悪い日というのは、自分に挑戦する良い機会です。もっと自分に要求しましょう。普段毎日30分運動をするのであれば、悪い日には1時間行ってみましょう。普段仕事をきちんとこなしているのであれば、よりきちんとこなしましょう。より多くの時間と努力を注ぎ込んでください。普段はおざなりにしてしまっている人に、特別なことをしてあげても良いでしょう。

伸び

ソファーに倒れ込んで、1日が終わるのを待っていることは、よくありません。残りの日を最小限のことだけして過ごすこともです。逆に、その不快感を、努力に変えましょう。自分に対する気持ちが改善するはずです。それによって、最終的に気分が改善します。

何が起こっても、悪い日というのは終わりが来ます。明日には明日の風が吹きます。状況に対処できたら、明日は今日よりずっと良くなります。未来は、あなた自身の手にかかっています。