悪い知らせの伝え方

悪い知らせの伝え方

最後の更新: 05 3月, 2019

悪い知らせが日々増えていっているように感じます。時には突然現れて、また別の時には遅かれ早かれいつか起こるとわかっています。この例のひとつは、深刻な病気を患っている愛する人の死です。辛いかもしれませんが、このような状況ではその死を伝えることはある意味「容易」かもしれません。

しかし、別の状況では、愛する者の死は突然で、他人にそれをどう伝えたらよいかわからないこともあります事故、暴行、自然災害などは、一瞬で世界が崩れ去ってしまうような状況の例です。

このような経験をしたくないと思うかもしれませんが、現実には人生とはそういうものです。重要なことは、これらの状況にどう直面し、起こったことを他人に伝える方法を知っていることです。この記事を読み進めて、悪い知らせの伝え方を見ていきましょう。

「歴史は、私たちが出来るだけ良い状態で抜けだそうとする無限の災害でしかない。」
-イタロ・カルヴィーノ-

他人に悪い知らせを伝える際に感じること

悪い知らせを伝えることは、複雑な課題です。難しい時期を乗り越えなくてはいけないだけでなく、気持ちもかなり落ちてしまいます。誰かが亡くなったことに関する自分自身の気持ちだけでなく、この悪い知らせを共有する相手のことも思いやっているからです

相手を傷つけてしまうことを恐れているのです。できるだけ良い方法で知らせを伝えようとしているにも関わらず、心配になります。さらに、相手がどう反応するかはわかりません。起こったことであなたのことを責めたり、ひどい扱いをして来たりするかもしれません。それは個々の対処能力に左右されます。そして、メッセージを伝えるものとしては、相手の反応を個人的に受け取るべきではないのです。

「私たちでなく愛する人を殺してしまう死は、不公平で、最悪で、邪悪だ。」
-カルロス・フエンテス-

泣く

このような状況では、情報があまりないことがよくあります。それでも、亡くなった人の愛する人が、あなたに対してたくさんの疑問を投げかけてくるかもしれません。だから、何を言ったらよいかわからないということに恐怖を感じます。しかし、私たちは人間であり、いつも答えを持っているわけではありません。特に予期せぬ悲劇の場合はそうです。

悪い知らせを伝える前のステップ

起こりえるネガティブな感情を制御し、また相手の感情を軽減する方法のひとつは、実際に伝える前に悪い知らせを伝える準備をすることです。最初のステップは、起こったことに関する情報をできるだけ集めることです。こうすることで、伝える相手が持ち得る疑問に答えることができます。

起こったことを誰に伝えるかも理解していなければいけません。亡くなった人のことの子ども、親、友人、配偶者に伝える場合では状況が異なります。重要でないように思われるかもしれませんが、こうすることで相手の気持ちになって考えることができます。自分が目の前にしている個々の人の状況に言葉を合わせることが可能になります。

次に、起こったことを共有する適切な場所を見つけなくてはいけません。分かり切ったことのように思うかもしれませんが、場所はできるだけプライベートな場所であるべきです。最後に、言うべきこととどのように言うかを頭の中で準備しておくことが非常に重要です。こうすることで、相手の痛みを増やすような不適切なことを言ってしまうことを回避します。

「結局、死は生命があったという証だ。」
-マリオ・ベネデッティ-

悪い知らせを伝えるときに覚えておくべきこと

その他のことが準備出来たら、真実の瞬間です。あなたが口にすることで死んだ人を生き返らせることは出来ませんが、相手の痛みをできるだけ最小限にとどめることは出来ます。そうするためには、与える情報を明確にしましょう。それが正しいということに確信が持てていなくてはいけません。そうでなければ、相手を混乱させて、ネガティブな感情を生み出します。

慰める

同じような考え方で、起こったことを少しずつ伝えていくべきです。例えば、こんな風に伝えられます。「交通事故があってね、旦那さんは深刻な怪我を負ったの。助けようと救急車が現場に向かったんだけど、間に合わなくて。本当に残念だけど、ピーターさんは亡くなったの。

亡くなった人の名前を言って、直接的に死を意味する言葉を使ってください。そうすることで、相手ははっきりと何が起こったか理解できます。もし相手が質問したい場合は、いつでも遮って質問しても良いと感じられなくてはいけません。あなたが共感していて、つらい時に支援をしようとしていることが伝わらなくてはいけません。

お分かりいただけるように、悪い知らせを伝えることは簡単でも心地よいものでもありません。やりたいと思う人はあまりいないでしょう。相手に起こったことを伝えるためにも、そのやり方を理解しておくことが重要です。 知らせを聞く人の苦しみに耐えられるように、繊細になって、自信を持って、共感を見せなくてはいけません

こちらの記事もおすすめです。
ほんの一瞬ですべてが変わる
こころの探検で読むことができます。 こころの探検
ほんの一瞬ですべてが変わる

それはいつもの穏やかな日で、すべてを変える一瞬がすぐそこまで来ていることに気付かず、人々は様々な方向に歩いています。私達は、以前にもバルセロナを訪れたことがありました。来週には休暇が終わり、新しい一年が始まります。多くの人が9月から新しい年度を始めるのです。