私を変えようとしないで

· 2018年2月22日

自由で、時には乱雑で、おしゃれで、時には混沌としていて、不完全で、いつも華麗な、そんな私を愛してください。私によく振る舞い、従順で、静かでいるように言わないでください。私を変えようとしないでください。あなたと私の両方をユニークにする特徴を消してはいけません。それがあなたの望むものなら、私は私の、孤独な世界に閉じこもっています。

ベンジャミン・フランクリンは、スチール、ダイヤモンド、自分のことを知ることの3つが最もハード(英語で難しい、硬い両方を意味する)だと言いました。私たちが自分自身を不安、恐怖、心配、不完全さの海に沈めてしまうことを防ぐには、忍耐を持つとともに勇敢でなければなりません。

「人々は、自分自身を知っていなければなりません。たとえこれが真実を発見するのに役立たない場合であっても、少なくとも生命のルールとして役立つでしょう」

-ブレイズ・パスカル-

しかし、私的空間や自己知識を求めるなど、自分自身を定義するほど貴重なものはほとんどありません。 私たちの日々の行動や思考の中で、強い社会的絆を確立し、正直で私たちの価値観に沿う人生を創り出すことができる唯一の方法です。

それを踏まえて、私たちが覚えておくべきことがあります。最近、人格心理学を研究する有名な心理学者であるYi Nan Wang医師が、多くのカップルが愛する人とより調和するために自分自身の一部を「希薄化する」と記事の1つで説明しました。相手を理解するための要求が彼らを従順にし、相手のニーズに合わせて優先順位がつけられ、自分が必要であるものを徐々に取り除いていくのです。

このため、Wang 医師は、「バランスの取れた真正性」と呼ぶものを発達させることを提案しています。これは、エリクソンの心理社会的発達の段階に基づいた概念で、まず各人が自分のアイデンティティを定義する過程を経て、相互に満足できる関係を築き上げるというものです。

目の周りに映る花

私たちは正直であるべき

過去に、あなたは従順で、簡単に操作され、それで満足していたことがあるかもしれません。私たちの多くが人生のある時点でそうだったでしょう。だって、それが私たちの教育であり、他の人が望んでいたことだからです。そのせいで、もちろん私たちは扱いやすく、コントロールするのが簡単なものでした。自分の声があまり尊重されない社会の歯車に、自分をフィットさせることが上手いのです。

これにより、私たちは本物の自己を示すのに何らかの恐れを感じたり躊躇しています。なので、いくら自分の思考、声、感情が幸せにとって不可欠であると強調しても、自分自身に「彼らは私を見ないほうがいい、私の声を聴かないほうがいい、そして私は目立たないほうがいい」と言うのです。それは、他人に拒否され他者と矛盾し、自分の気持ちを傷つけるのを恐れ、彼らが私たちに強制した型を破れないでいることです。

しかし、このような点で、私たち自身のイメージやアイデンティティーはどこにあるのでしょう。真正性を実践することができない時、私たちは自分の感情的な最悪の敵になります。本物であることによって、たとえそれが真実でなくても、私たちの周りの人に害を及ぼす可能性があると考えて、私たち自身の犠牲者になるのです。

ありのままの私たちを世界に見せましょう。ありのままの私たちの思考を、感情を。そうすることは侵略行為ではないのです。それはむしろ反対なのです。こうすることで、私たちは限界を定義し、より正直で、健康的で、尊敬できる空間を作り出すことができるのです。胸から飛び出す虹色の魂

かつて、アリストテレスが、真に正しいことは正直に言うことで拒否されたりするべきではないと言いました。

 

私を変えようとしないで

北京師範大学のイ・ナン・ワン医師は、最近、夫婦間の関係の真偽の程度を測定する目的で、「AIRS」(人間関係のスケールでの真正)と呼ばれる魅力的なスケールを作成しました。 そこから、社会的幸福の鍵の1つは、人々が誠実さを実践できることであると結論付けました。

「AIRS」を構成する9項目は以下の通りです。 テストするには、それぞれの項目に「はい」または「いいえ」と答えてください。

  1. 私はいつも他の人に不満を抱いてほしくないという恐怖のために私の本当の考えを隠します。
  2. 私は他人に奉仕するのが好きです。
  3. 私は自分の気持ちを傷つけないように真実を他人に伝えることを敢えてしない。
  4. 私は自分自身に正直でなければならないことを認識しています。
  5. 私はいつも自分と他人のニーズの間で妥協する方法を見つけます。
  6. 私は決して自分自身であることを諦めず、誰かが私に諦めさせることは決してできません。
  7. 基本的に、他人が私にどのように反応するか心配することなく真実を伝えます。
  8. 私は自分自身を優先させ、他の人の気持ちは重要ではありません。
  9. 私は誠実に話すとき、ほとんどいつも人々を怒らせます。

AIRSであなたのスコアを見つける方法

あなたはもうすでにどのようなスコアだったか何となくわかっているでしょう。ただし、ここでは3つのセクションで測定されます:

項目1-3は歪んだ真正性を表しており、他人のために自分の気持ちとアイデンティティーを犠牲にしている可能性があります。
項目4-6はバランスの取れた真正性、または他者のニーズと同じくらい私たちのニーズを念頭に置いて、自らを自由に、敬意をもって表現する能力を表しています。
項目7-9は、自己を優先させるために利己的な真実性、または利己的または積極的な傾向を表し、他者を傷つけたり怒らせたりすることがあるでしょう。

私たちはパートナーとの関係でも見られるように、誠実さと謙遜と自由、自尊心のバランスが取れるようにしなければいけません。実際に、私たちは社会で実践すべきことを行います。そこではユニークであるよりも、私たちがうまくふるまえないこと、それでいて服従していないかが重要なのです。