良い教師の資質とは?

· 2018年4月30日

私達は皆生徒になったことがあり、多くの先生と出会いました。その経験の中で良いものを得た人も多いと思います。しかし、良い教師の資質とは一体何なのでしょうか?この疑問は教育心理学者で長年求議論されてきました。そして、今回は彼らが辿り着いた答えについて紹介していこうと思います。

良い教師の資質を話す前に、教育とは最も難しい専門学の一つであることを知っておかなければいけません。教育と指導は知性と精度を要求し、それを身に付けて実践することは簡単なことではありません。また、教師の持っている問題はそれだけではありません。彼らは生徒と思いがけない出来事に対処する方法も知っておかなければいけないのです。

良い教師の資質

ある研究では、以下のような基準を教師が満たすことで、教育の質が向上すると発表しました。

専門分野の能力:教師は自分が教えることについてしっかり知識がないといけません。もちろん、その知識は意味や真実、そして概念以上のものです。考えを整理してどのようにその知識が関係しているかを理解することは必要不可欠で、様々な側面から主題について議論する能力も持っていなければいけません。

指導方法:上手く教えるには、適切な指導方法を実践する必要があります。最近では、建設的な方法が最も良い戦略だと考えられており、生徒が自分自身の小さな理論を持つように促します。ですので、この方法は生徒が批判的に考えたり、発見したり、探索するよう刺激するのです。

指導方法

目標設定と教育計画:良い教師は特定の目的を教育の中に設定し、達成までの計画を作ります。良い計画を作るには時間がかかりますが、学習を面白く、そして挑戦的なものに変えてくれるのです。

成長に合わせた適切な指導:生徒は成長していくにつれて、学習方法や問題の対処方法を変えていきます。ですので、教師は子どもの成長段階を知っておかなければいけません。そして、その成長段階に合わせて適切な指導方法や教材を持ち合わせるのです。

教室

クラスをコントロールする技術:良い先生の重要な特徴として、クラス全体を考慮することが挙げられます。一つのチームの中で動き、プロジェクトを掲げるのも良い方法の一つで、それを達成する為に教師は様々なスキルを持っていなければいけません。ルールの設定やグループの整理、課題についてのアドバイス、そして悪態への対処など様々なものがあります。

また、教育において、厳しすぎる、甘すぎるなどの極端さは悪い結果を生み出します。教師はクラスを民主的な方法で結束する能力が求められるのです。

モチベーションスキル:もし生徒にやる気が見られない場合、教育の質は低下します。このような時、教師は主題に興味が湧くような戦略を使用するのが良いでしょう。良い教師は教育課題を創造的で刺激のある活動に変え、教育の質を向上させるのです。

コミュニケーションスキル:教師は話し上手でもあるべきです。良い教師になるには、議論や発表に長けており、自分の表現方法を生徒のニーズに合わせて調節することも必要です。また、これは生徒に対するコミュニケーションだけでなく、学校というコミュニティー全体に対するスキルを意味します。

違いと多様性

個人の違いの認識:学校に同じ生徒は存在しません。それぞれの生徒が自分だけの性質や学びを持っています。良い教師であるには、このような個人差を認識する能力が必要です。また、一人一人に教えを適応させなければいけません。

多様な文化に効果的な教育:近頃は、日本でも多文化な光景を目にするのは当たり前になってきました。ですので、クラスの相互関係を良くする為にも教師が自分の生徒の持つ文化を知る必要があります。他の生徒と異なる文化を持つ生徒が上手く関係を築くことが出来るように促したり、文化背景が原因の争いを防ぐ役割も果たさなければいけません。

先生と子供たち

評価する技術:良い教師は各生徒の学習レベルを把握しています。この学習レベルをしっかり見出す為には、様々な評価方法を知って、生徒の長所と短所を認識しなければいけません。評価の為にテストを使用せず、どのレベルに生徒がいるのかを把握して、その生徒に合わせて十分な教育を与えていかなければいけないのです。

テクノロジースキル:上手くテクノロジーを駆使することが出来ると教育の質は向上します。ですので、良い教師は新しいテクノロジーや技術に敏感でないといけません。また、教育的な環境にどのようなテクノロジーの使用方法が最も効果的なのか理解しておく必要もあります。そして、このようなテクノロジーや技術を生徒に学ばせるのも大切なことです。

まとめ

良い教師の資質を紹介しましたが、最近教師に求められるものはとても多くなっており、一人の人間には不可能ではないかと思えるほど多くの資質が要求されています。また、教師に課せられる責任についても忘れてはいけません。彼らに与えられた責任をこれ以上軽くすることも出来ないのです。

教師は教育の中で中心的な存在です。能力の低い教師や平凡な教師だと生徒のポテンシャルを最大限引き出せません。一方、優れた教師を増やすには優れた教員トレーニングも必要です。

教師の態度が重要なのは事実ですが、知識と技術ほどではありません。そして、教育に対する投資は未来の社会の為に最善の投資の一つであることを覚えておきましょう。