よりよい睡眠を得るための4つのアドバイス

· 2018年9月28日

睡眠不足は最も多くの人が抱えている問題の一つです。その主な原因は健康上の問題、十分な時間が取れないこと、または単に健康的に寝ていないだけかもしれません。しかし幸い、健康的な睡眠は努力をすれば必ず得ることができるのです。

リラックスするためのテクニックを使用して睡眠を得ようとする人はたくさんいます。しかし、夜寝るために落ち着いて自分を平穏な状態にするベストな方法でさえも、誰にでも効くわけではありません。全ての詳細に注意を払い、あなたにとって一番いい解決法を探そうとしなければならないのです。ですので、よりよい睡眠を得るためのお勧めの方法をいくつか紹介しようと思います。

なぜ自分はよく眠れないのか?

季節の変化

季節が変化する際に眠りにくくなるという人はたくさんいます。気温の変化と夜の時間の変化が大きく関わっています。こういったときに不眠症が表れ、再び問題になることが多いのです。

しかし、季節の変化は全ての人に同じように影響するわけではありません。一般的に、その影響を受ける人は、最初の数週間は問題なく寝ることができます。その後は、この変化によって気分が高揚することなく、リラックスできるようになれるかが問題になります。

眠れなくなる要因

ストレスと不安

高いレベルのストレスと不安も、眠りについた後よく休めるかどうかに大きく影響します。なぜかというと、脳が警戒状態で、きちんと休むことができないのです。

ストレスと不安に関する睡眠の問題に取り組むための一つの方法は、リラックスすることですが、具体的にはどうすればいいのでしょうか。瞑想や呼吸法、マインドフルネスも心の緊張をほぐすためにとてもいい方法です。

不安とは未来に対する心配から来るもので、ストレスはいっぱいいっぱいになっているサインです。しかしちょっと待ってください。いつから、問題について常に考えていることが解決法だと思われるようになったのでしょう。頭の中でああでもないこうでもないと考えて夜を過ごすことで、ストレスは解消できますか?それともさらに増えてしまいませんか?永遠に続く問題はありません。そしてほとんどすべての問題には解決策があります。それよりも問題なのは、あなたがそこから抜け出せないことがあるということです。

ですので、しばらく経っても何も変わらない、あるいは状態が悪化する場合、最適なのは専門家に診てもらうことです。あなたを怖がらせているものや、心配させているものに対峙する少しの手助けが必要なだけ、ということもあるのです。

「夢をあきらめてはいけない、寝続けよう。」
―アルベルト・アインシュタイン―

快眠のためには

よりよい睡眠を得るためのアドバイス

スポーツをすること

とても健康になれるだけでなく、スポーツをすることは自分自身を疲れさせるのに素晴らしい方法です。終わった後身体がとても疲れ、リラックスできるのです。それは運動することによって作られるエンドルフィンの良い効果であり、心にも同じ効果があるのです。

スケジュールと日課を作ること

自分のために日課を作り、それに従うことは、今よりずっと整理された生活を送ることに役立ちます。また、あなたの身体が何時間寝ているか混乱することもありません。寝る前に何かしらのリラックスできる活動(クラシック音楽を聴いたり、本を読んだり、瞑想したりすること)もおすすめで、またそれをできるだけ同じ時間帯に行うのがいいでしょう。それは何でもないことのように思えるかもしれませんが、とても似たような理由で、子どもや高齢者に対しスケジュールや日課を使用するお医者さんは多いのです。

快適な睡眠のために

カフェインの入った飲み物にはさよならを

コーヒー、お茶、カフェインの入った清涼飲料などには完全にさよならを言わなければなりません。または最低でも飲む量を減らし、朝に飲むようにしましょう。そうすればずっと眠りにつきやすくなります。

夜には完全にカフェインを摂取するのはやめましょう。代わりに、ジュースや牛乳、ハーブティーを飲むことはできますし、水ももちろん大丈夫です。

長い昼寝はしないこと

日中に長時間昼寝をする人もたくさんいます。しかし、それは気持ちいいことかもしれませんが、もし睡眠に問題があるならばやめた方がいいでしょう。そうすれば夜が来るとより眠くなり、きちんと眠るのに何の問題もなくなるでしょう。

御覧の通り、より良い睡眠を得るための対策は簡単に実行できるものです。結局、やることは一つだけ、努力をすることです。特定の習慣を変えることは、状況によっては難しいかもしれませんが、いい睡眠から得られるものを考えると確かにその価値はあるでしょう。