5つのうつ病の自然療法

2018年3月31日

多くの人々は、うつ病を治療する唯一の方法は、薬を服用することだと考えています。薬が私たちの気分を自動的に変え、私たちをより良くすると考えています。

しかし、それはまったく真実ではありません。 中には症状を助ける薬もありますが、問題の根本に対処するものではありません。短期的に必要性が高く、実際に役に立つ場合もあります。しかし、長期的な有効性に疑問を呈する研究もあるのです。5年間使用した後、慢性的なうつ病になる場合もあると考える人もいます。

「あなたの感情は、あなたを麻痺させるべきではありません。過剰に自己防衛的であるべきではありません。あなたがなりたい自分になることを止めるべきではありません。」
-ウエイン・W・ダイアー-

これらの薬の中には副作用があるものもあることは言うまでもありません。それは非常に深刻な場合もあります。私たちは薬が必要な時があることは事実です。しかし、可能な限り、削減するように努めなければなりません。

しかし良いニュースがあります!うつ病に自然療法を使うことができるのです。以下が、あなたの気分を改善する5つの自然療法です。

1.よく食べる

私たちの食べ物は、気分を改善したり悪化させたりする能力を持っています。 うつ状態の人は、特定のビタミンやミネラルが豊富な食事が必要です。以下の栄養素を含む食品を食べてください:

スイカジュース

・ビタミンCとD。柑橘類、ブロッコリー、メロン、ピーマン、魚、卵、ミルクなどに含まれます。
・鉄と亜鉛。 これらは赤身肉、魚、貝類、卵黄、チョコレート、ピーナッツ、ソーセージ、バターなどに入っています。
葉酸。 葉物、柑橘類、豆、小麦、牛乳から得ることができます。
・オメガ3。一般的に、魚に含まれています。
・セレン。 レンズマメ、エンドウ豆、ピーナッツ、ピーナッツバター、および他のナッツにふくまれています。

食事療法は一晩で結果が出るわけではありません。しかし、少しの忍耐で、その効果を見始めることができるでしょう。また、これらの栄養素はうつ病を直接的には治しませんが、栄養は非常に強力なものです。

2.エクササイズはうつ病に非常に良い

気分に関して、運動がどのように決定的な役割を果たすのかを示す数多くの研究があります。実際に、運動は抗うつ薬ほど強力であると主張する人々もいます。

運動はドーパミンとセロトニンを増加させます。これにより、幸福感が増し、穏やかで、自信が増し、気分が良くなります。しかし、プロスポーツ選手のように行動する必要はありません。

最も重要なことは、定期的に運動する機会を得ることです。これで運動の恩恵を受けるのに十分です。

3.抗うつ効果のあるハーブ

セントジョンズワートや、コボウズとも呼ばれているオトギリソウは、うつ病に対して大きな助けをもたらすことが示されています。一番嬉しいのは、合成薬のような副作用がないことです。うつ病に対するそのポジティブな効果は、ドイツの様々な医師によって評価されています。

ハーブティー

使い方は簡単です。この植物の乾燥した葉からお茶を作るだけです。 また、それらは薬局や自然食品店で見つけることができます。うつ病の通常の投与量は半カップを1日2回です。同時に他の薬を服用している場合は、医師に相談してください。危険な相互作用が生じる可能性があるためです。

4.日光と自然:うつ病の治療法

太陽光は私たちの健康と気分に大きな影響を与えます。まず、太陽が私たちにビタミンDを与えます。さらに、暗闇がメラトニン生成を増加させることが示されています。これは、疲労感の原因で、認知機能を低下させるのです。

また、日光の欠如がセロトニン生成を阻害することも証明されています。セロトニンは、私たちの気分に間接的に影響する物質です。したがって、高レベルのメラトニンと低レベルのセロトニンは私たちの気分には良くない組み合わせです。だから、うつ病に悪い組み合わせなのです。日光は無料の天然抗うつ薬で、私たちはこれを活用するのが賢明でしょう。

5.マッサージ

マッサージは、東洋医学でよく使われる千年も前からある技法です。薬を飲むことに加えて行うことも可能です。マッサージは筋肉の緊張を緩和し、リラクゼーションの状態を可能にします。これは私たちの気分を改善し、エネルギーを与えるのに役立ちます。マッサージはうつ病の最良の治療法の1つです。

マッサージ

うつ病にとってこれらの自然な救済はすべて効果的です。 一番良いことは、症状を軽減するだけではないということです。それらは実際に私たちの生活の質を改善し、健康をサポートします。さらに、副作用がなく、時間をかけて良い結果を出すことができます。